ブログトップ
バランスよく生きる
新年おめでとうございます。
鈴木です。

年末から年始にかけて、3年ぶりにインドへ行ってきました。
年越しの瞬間はジョードプルという西部の町で、
小高い丘にそびえる城砦をバックに
打ち上げ花火を眺めながら迎えました。
日本のように、あまりお正月をお祝いする習慣のないインドですが、
すれ違うひとから"A Happy New Year!"と声をかけられることも多く、
楽しいお正月を過ごしてきました。

ジョードプルは人口約85万人ほどの中都市で、
町の中心にある時計塔のまわりに大規模な市場が広がっています。
それをぐるりと囲むように迷路のような旧市街が続いており、
足の向くまま散歩をしているだけで、とても楽しい町です。
ジョードプルを訪ねるのは2度目でしたが、
今回、はじめて町の中心から少し外れたところで、
フィットネスクラブを見つけました。
インドでフィットネスクラブを見かけることはほとんどありません。
特に、ムンバイやバンガロールなどの大都市ならまだしも、
ジョードプルのような北西部の中小都市で見かけることは稀なことです。
こんなところにも、インド発展の波が及んでいるのだなと思いました。

その一方、東南アジアや南アジアへ出かけるたびに思うことですが、
その国が先進国であるか、そうではないかの違いは、
町をジョギングしているひとがいるかどうかということも
ひとつの指針であるような気がします。
生活が豊かになると、栄養を取ることよりもむしろ
それを消費することに熱心になる。
その点では、インドで町を走る人達の姿を見かけることはほとんどなく、
まだまだ、栄養を消費するよりも吸収する時代なのだなと思わされます。

2009年を迎えるにあたり、
過剰に栄養を吸収することなく、
消費することを義務に思うこともなく、
プラスマイナスゼロの均衡状態を快適に保ちつつ、
今年1年も、フィットネスに励みたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by fit_business | 2009-01-06 20:30 | 今日の編集部