ブログトップ
Wii と We
 こんにちは。編集長の古屋です。本庄さんがホームフィットネス話題でしたので、私もそれに続きます。先日、経産省系のある団体の調査プロジェクトの一員として、家庭用ゲームと実際のスポーツ・フィットネス活動の関係を調べました。詳しい報告がもうしばらくすると出てきますが、調査項目のひとつに、業界の複数の人が挙げている「フィットネスクラブへの参加が、この間少し落ちたのは、Wii SportsやWii Fitなどの家庭用ゲームの影響があるのではないか」という意見を検証するものがありました。結果からいうと、Wii SportsやWii Fitなどの家庭用ゲームを使っている人の実に9割弱が、「運動やスポーツを今後もしてみたい」と言っていましたし、「それらのゲームが実際のスポーツを始めるきっかけになったか?」という質問には、およそ5割の人が「そう思う」と答えていました。ということは、Wiiをする人は、ゲームだけでなく、実際の運動やスポーツをする人も多いということだろうし、これまで運動やスポーツをしていなかった人もゲームをきっかけにそれらをするようになることが多いということです。つまり、Wiiとフィットネスクラブは、必ずしも競争関係にあるのではないということです。Wiiは家で家族、またはひとりで楽しみます。「i(私)」と「i(私)」、または「i(私)」で楽しむのが、Wii。そして、知らない人も知ってる人も「We(みんな)」で集まって、楽しむのがフィットネスクラブ。WiiとWe、どちらも共存できるし、シナジーもあるのです。
[PR]
by fit_business | 2009-03-04 11:45 | 今日の編集部