ブログトップ
一フィットネスファンになる
こんにちは。編集長の古屋です。3月決算の会社の決算発表が続いていますが、今日の日経新聞に、不況下でも7社に1社が増収増益を達成していて、そうした企業に見える共通項が、「節約」、「癒し」、「健康」だと書いてありました。通信教育のベネッセコーポレーションやWii Fitなどがヒットした任天堂、リピーターからの支持が厚いオリエンタルランド、携帯向けSNSのディー・エヌ・エー、ネットを使った医療プロパー支援のソネット・エムスリーなどの企業が挙げられていました。先の共通項からすれば、我々フィットネス業界のプレーヤーもここに名を連ねていていいはずなのにどうして、こうした企業に並ぶ圧倒的な増収増益企業がないのでしょうか。私たちは、フィットネスをもっと身近なものにする必要があります。ビジネスモデルの革新も必要なのでしょうが、顧客視点でもっと利便性と効果性を高めたサービスを開発・提供することが求められます。それには、まず自分自身が、一フィットネスファンになること、そしてそこから発想してみることが必要かと思います。
[PR]
by fit_business | 2009-05-14 09:49 | 今日の編集部