ブログトップ
わが師、中嶋良一さん
 みなさん、こんにちは。編集長の古屋です。

 昨日は、久しぶりに、フィットネスマネジメントの中嶋良一社長と会い、酒を飲みました。これまで中嶋さんには、会社は違えど、たいへん多くのことを学ばせていただきました。ビジネスのことばかりではなく、人としてどう生きるべきか、どうあるべきかといったことまで学ばせていただきました。私の一番の師匠です。フィットネス業界の中には、私同様に中嶋さんからとても多くのことを学び、成長できたという方が、たくさんいるのではないでしょうか。
 「立地・施設・料金」「駅前・大型・エコノミー」など、フィットネスクラブの成功モデルをいとも明快に表現し、この業界の発展の基礎を築いた功績は誰もが認めるところだと思います。それ以上に大きな貢献は、「人物」を生み出したことでしょう。年齢や立場を問わず、所謂中嶋門下生が、今当業界でたくさん活躍しています。
 その中嶋さんが、本日をもって、社長を引退し、創業をともにした山下恭正さんにその立場を譲るとのこと。中嶋さんには、お疲れさまでした、ありがとうございます、と心から申し上げたいです。
 会社には、もう来られないとのことですが、まだ50歳代半ば。暫く休んだ後、今度は個人の立場で、フィットネス業界に関わってほしいと思います。時代がいくら変わろうとも、変わらない本質はあります。そこをぜひご指導いただきたいと思います。再び、あの中嶋節で。
[PR]
by fit_business | 2009-08-12 09:40 | 取材日記