ブログトップ
ビジョンの共有
おはようございます。昨日がブログ当番だったのに、いきなり約束を守れなかった岩井です。小さな約束も守るようにしましょう・・・。

この不況期にも、強く業績を伸ばしている会社があります。そこに共通するのはビジョン・ミッションが関係者と共有されていること。それをここ2日実感しました。

ひとつは、一昨日新事務所にお伺いしたストレッチポールの指導者認定などをしている日本コアコンディショニング協会(JCCA)さん。こちらは、ストレッチポールの製造販売をしている株式会社LPNが組織した協会ですが、ストレッチポールはこれまで全く販促費をかけていないにもかかわらず、日本のフィットネス業界にも広く浸透し、現在も多くの方が入荷待ち状態にあるヒット商品。その活動を支えているのは、全国にいる認定コアコンディショニングトレーナーたち。この認定トレーナーも含め、関係者が共有している価値観「コアコンディショニング・ベーシック」というのがあります。19項目にまとめられた理念、価値観は、協会のイベントや会報誌などでも常に発信されているようですが、さらに、認定トレーナー同士で、「朝メール」というがあり、リッツカールトンが朝礼でクレドに基づいて体験を共有するように、メールでお互いに、このベーシックに基づいて、体験や考えを共有しています。トレーナーは普段バラバラに活動していますが、メールで毎朝仲間とビジョン・ミッションが確認し合えることは、自身はもちろん協会を通じた活動を強く大きなものにしていくうえで、とても強力なことだと思います。

もう一つが、昨日フィットネスビジネス勉強会で講師をつとめていただいた鈴木岳さん率いる株式会社R-Body Project。同社が恵比寿で運営するクラブは、オープン当初会員数2名から始まって、今では客単価5万円で会員数400名あまりを擁する強いクラブに成長しています。同社は、「R-body for Life(R-bodyでよりよい生活・人生を)」をビジョンに、Real(本物であること)、Reach(伝える力を持つこと)、Result(結果を出すこと)、Relation(チームサポート、お客様との関係を強く持つこと)の4つのRを信条にされていますが、同社のスタッフルームの入り口には、これらの内容を象徴するようにRという文字と、4つのRから始まる単語をデザインした看板がかけられていて、同クラブで働くトレーナーは全員朝と帰りに、その看板にハイタッチをするのだそうです。毎日その看板にある手のひら大の「R]の文字に自分の手を合わせることで、そのビジョンやミッションに対する自身の気持ちを新たにして、仕事を始め、仕事を終えるわけです。

会社は1人では経営できませんし、ビジョン・ミッションの実現はなおさら一人でできるものではありません。いかに、ビジョンやミッションを本当の意味で共有できるか。関係する一人ひとりが、自分のものとして考え行動できるか。それを実現していくために、ビジョン・ミッションの確認を、こうした日々の行動習慣に落とし込むことはとても大切だし、強い大きな力に確実になっていくのだということを実感しました。
[PR]
by fit_business | 2009-10-22 08:57 | 今日の編集部