ブログトップ
ビジョナリーな経営者に訊いてみよう
生後3週間も経たないうちから、赤ちゃん連れまわしています。岩井です。

今年も3月に開催されるIHRSAツアーを企画しました。
今回の視察は、あの!ゲインズビルヘルス&フィットネスセンターを、数年ぶりに訪れます。
ゲインズビルヘルス&フィットネスセンターといえば、ジョー・シルリさんという、とことんビジョナリーな経営者と、デビー・リーさんというマーケティングに強い実務の責任者が中心になって、クラブ経営はもとより、街じゅうの人を健康にする取り組みをどんどん実現させてきています。

クラブ運営も、地域密着の活動も、スタッフ育成の仕組みも、常にとてもオリジナリティがあって、本当にお客様、地域の方、スタッフを良く見て、その時その時に求められているものをタイムリーに提供することを常にされています。当然、環境もお客様や地域、スタッフのニーズも変化していくので、自然と常に新しいことをやることになり、そのことがいつも業界の注目ニュースとなり、数々の賞を受賞するに至っています。

以前、ゲインズビルを訪れてから、業界の環境も、経済環境もさまがわりしています。そこで、ビジョナリーな経営者は、何をどう考えて、どんな判断をしているのか。きっと日本でも参考にできることがたくさんあるのでは、と思っています。

ゲインズビルは、フロリダ州の小さめな街。遠くまで行くついでに、ニュージャージー、ニューヨークと、今回は東海岸の視察を充実させる予定です。
今回も若干過酷な旅になりそうですが、ジョーさん以外にも、経営者・運営者に直接話が聞ける機会やスペシャルセッションを用意しています。問題意識をたくさん持って出かけると、たくさん収穫が得られるツアーにできればと思っています。
詳しくはこちら

私もさすがに赤ちゃん海外まではまだ連れまわせないので、日本に置いてみなさまをご案内させていただく予定です。
[PR]
by fit_business | 2010-02-02 12:43 | 今日の編集部