ブログトップ
東京マラソン
 こんにちは。編集長の古屋です。

 東京マラソン、今年も大塚製薬さんにご配慮いただき、出場しました。もちろん走る前、走っている途中、走り終わってからも、アミノバリューをがんがん飲みました。結果は、もちろん自己ベスト更新です。(私はGグループだったのでスタートで10分のディレイがありましたので、それをゴール地点の時計に表示されたタイムから引くと、)4時間40分前後でした。歳と体力は関係ないことを証明できました(笑)。今年成績が良かった要因を挙げると、(1)トレーニングの成果(2)サプリメントの効果(3)前半のトイレ休憩(前半7キロメーター地点で1回トイレに行ったところ混んでいて10分ほどかかりましたが、その後は楽に走れました!)(4)2×U(「トゥタイムズユー」と読みます。スタイルバイク製のコンプレッションウェア)の着用(5)防寒対策(ネックウォーマーとウインドブレーカーを着用)(6)前日までのピーキング(食事や筋肉のケアなど)(7)会社のみんなの見えないプレッシャー、といったところでしょうか?中盤に訪れる疲労も終盤のアップダウンも吹き飛ばし、一度も足を止めずに42.195キロメートルを一気に走りきりました。

 「日ごろ、フィットネスだけしかしていないよ」という業界関係者は、ぜひフルマラソンに挑戦してみてください。「日ごろ」している工夫と努力の中身の重要さに気づかされることでしょう。
[PR]
by fit_business | 2010-02-28 16:37 | 今日の編集部