ブログトップ
twitter考
みなさまこんにちは、剱持です。

次号「Hit Item」のテーマは「webマーケティング」。
現在、取材&執筆中です。
HPやメルマガ、mixiやFace book、twitterなどのSNS、モバイルでの健康管理など、webの活用方法は多様であり、日々進化しています。どのツールをどのように使うかを精査することが求められる時代なのだとつくづく感じます。
そのなかでも、今いちばん注目度が高いのはやはりtwitterだろうと思います。
当社でも、4月ごろから始めたtwitterですが、クラブで取り入れるのはもう少し先になりそうですね。

私が個人的にもっているアカウントでは、浜崎あゆみさんやavex松浦社長、脚本家の北川悦吏子さんなどをフォローしています。

浜崎さんには、20万人を超えるフォロワーがいるのですが、1日当たりおそらく100人ぐらいのファンにリプライしています。「あんなに人気があって、忙しそうな人が!」と驚くばかりです。でも、それがさらにファンの心を掴んでいるのだと思います。彼女がtwitterで紹介した商品のHPは、一時的にサーバーがダウンしてしまうほどですから、経済的にもものすごい効果があります。
このあたりのことを考えると、クラブも効果的に使うことができたら、よい効果が生まれるのではないかと思います。

また、北川さんはドラマ(フジ「素直になれなくて」)の脚本を書くにあたって、twitterやブログを通して、「こういうこと実際には言う?」「こういうときどうする?」などと一般の人に意見を求めていました。実際にどの程度活用されていたかはわかりませんが、顧客(視聴者)の意見を取り入れるというのは、新たな取り組みだと驚きました。
これも、ぜひクラブにも取り入れてほしい方法だと思います。

しかし一方、松浦社長は東方神起の問題など、かなりのバッシングを受けているようです(ソフトバンク孫さんなどもですね)。それらにもtwitter上で反論したり意見を述べたりしていますが、顔の見えないネットという属性上、個人に対する誹謗中傷はやはりどうしても避けられないものなのだと感じました。
クラブがSNSに乗り出せない理由も、おそらくここにあるのでしょう。クラブの批判ならまだしも、メンバー間でも問題が起こりえます。一般的なSNSサイトを使う場合、これを防ぐ方法はいまのところないところが残念です。


実際に運営するとなると、最後に挙げた点が解決することが必須ですが、プロモーションやマーケティングにおいて、twitterはかなり有効なツールだと思います。
今朝の新聞に選挙でブログやtwitterの活用は不可との記事があったのを、ご覧になった方も多いと思います。公的にはまだ認められないのが現状ですが、次々に登場する新たなツールの活かし方を考えるのも、ビジネスに役立つのではないでしょうか。
[PR]
by fit_business | 2010-06-24 09:58