ブログトップ
みんなが天才になれる時代
開票が進んでいます。今回は2人当選して欲しい人がいたんですが、一人はダントツで当選確実。もう一人に投票しとけば良かった・・。当選確実が出ることを祈りながらブログ書いてます。岩井です。

赤ちゃんが生まれて、明日6ヶ月を迎えます。表情も豊かになって、少しずつ意思が出てきているのを感じる今日この頃。「赤ちゃんはみんなが天才」と良く言われることですが、最近本当にそれを実感します。赤ちゃんは何でもできるって信じてる。「これは難しい」「これは痛みが伴う」とかっていうのがまったくない。ゼロベースで考えてチャレンジできるからこそ「天才」と言われる。それだけゼロベースで考えることは難しいことなのだと思います。

NEXTの次の号は心理学をテーマにしていますが、そこで共通していることは、「できる」と信じられる力を持つこと。そして相手にも「できる」という成功イメージを共有できること。これがエクササイズの継続に直結し、それができる指導者は集客力が高いことが分かっています。

少し話は変わりますが、この週末に以前に予約していたiPhone4が届いて、以前はできなかったことが、自動的にできるようになっていたりします。以前は努力が必要だったことが、自動にできるようになっていたりする。とすれば、新しいテクノロジーが出現することで、できないと思ったことが難なくできるようになったりするわけです。

時代の変化で「できる」ことは変わるし、工夫次第で「できる」ことも創っていける。変化の激しい時代では、赤ちゃんだけでなく、誰でも天才になれる可能性があるのだと思います。
[PR]
by fit_business | 2010-07-11 22:06 | 今日の編集部