ブログトップ
物への感謝

寒さがまた戻ってきて温度差に震えてます
編集部/デジタルコンテンツ開発部の奥浜です。


昨年後半から、断捨離という言葉が
よく使われていますよね。
「自分と物との関係を問い直し、
暮らし・自分・人生を調えていくプロセス。
不要・不適・不快な物との関係を
断ち・捨て・離れ
引き算の解決方法によって停滞を取り除き
住まい、暮らし、身体、気持ち、
人生の新陳代謝を促す。
住まいが片づかないという悩みはもとより
身体の不調、煩わしい人間関係、忙しすぎる状況をも解決する」

、、、というようなことらしいですが、
最初、私はちょっと引いた所で
見ていました。
何だか冷たいような印象が
してしまって。。。

ですが、その考え方を提唱した方の
話の中で、

「邪魔だな、と思いながら捨てない方が
物にも、その物をくれた相手にも失礼」
という意図の言葉が出てきました。

確かに、邪魔だなぁと思い続けながら
捨てられない物って多いです。
私の場合たいてい
「あの人にもらった物だし・・・」
という気持ちが根底にあったりします。

けれど、その思い自体は失礼。
とても難しいですね。悩ましい。。


このことをきっかけに、
12月に捨てられなかった物を、
改めて整理しようという
気持ちになりました。
(年明け早々、年末のような話ですが)

捨てることを一概に良いこととは
言いませんが、
決して悪いことだけでもないんだな、
と考えてしまいました。


そして、その第一弾として、
10年以上前から使用して
故障した状態で放置していた
CDプレーヤーを今朝、
粗大ごみに出しました。
学生の時親に買ってもらった物で
思い出深い品物です。

少し胸が痛みましたが、
「今までありがとう」
の言葉を添えて、指定の収集所へ
置いてきました。

邪魔だと思っていた気持ちが一つ消えて
同時に新たな感謝の気持ちも生まれ、
なんだかスッキリした朝でした。

これを機に、物を大事にする
気持ちも深まりそうな予感です。
[PR]
by fit_business | 2011-02-09 08:40 | 今日の編集部