ブログトップ
ビジョンの共有
 こんにちは。編集長の古屋です。

 『Delivering Happiness(幸せを届ける)』。アマゾンと合併した米の靴通販大手ザッポスのCEO トニー・シェイが記した『ザッポス伝説』(ダイヤモンド社刊)の原題です。来月、このトニー・シェイの講演を同社創業の地サンフランシスコ(*IHRSAコンベンションで同氏が基調講演のひとつをすることになっているのです)に行って聴くため、前もって本誌を読んでおくことにしました。ホスピタリティ精神溢れる顧客対応を強みにした同社は、企業カルチャーを大切にした全員経営を貫き、ものすごい勢いで成長しています。会社設立から歴史的にはまだ浅いのですが、既に伝説的な顧客対応がいくつも語られています。社員が主体的にお客さまの立場に立った対応ができるカルチャーをつくりあげ、リピート客と口コミにより成長しているのです。フィットネスクラブも、企業カルチャーをいかに作り上げるかが大切になると思います。経営者なら誰でも、夢やビジョンを描くことはできるでしょうが、大切なことは、それを社員全員と共有できるかどうかだと思います。素晴らしいビジョンとそれを実現するための価値観の明確化、その価値観に基づいた行動をリーダーらが率先してする姿勢こそが大切になると思います。

 余談ですが、ザッポスのトニー・シェイもFacebookのマーク・ザッカーバーグもハーバード大卒です。ここからは、最近ユニークな起業家もたくさんでてくるようになりましたね。日本も若い人たちのなかから、こういう人材がでてくることが望まれます。

 
[PR]
by fit_business | 2011-02-09 22:21 | 今日の編集部