ブログトップ
ホテル業界から学べること
あけましておめでとうございます。年始や新年度はなんだか新しいことを始めたくなるNEXT澤です。

昨年の終わりのこと、ヒルトン東京ベイの方とお話をさせていただく機会がありました。さすが、ホテル業界!サービスに対する考え方に多くの事を学ばさせていただきました。何より私が驚いたのは、お客さまだけでなく、共に働く従業員のことを本当に大切に考えていることです。

食堂では、体調管理に気を配ったメニューが用意され、バックヤードのスペースも見えなければいい、というようなスペースではなく、従業員が気持ちよく過ごすことができる工夫が施されていました。お客さまに見えない部分にお金をかけるというのは、なかなかできないことだと思います。採用活動も、採用した方にとって将来的にも良い選択であるように一生懸命考えられていました。さらに、従業員送迎用のバスに乗車させていただいたのですが、そこにはお客さまの声が張られていました。それはクレームなどではなく、『こういう心配りが嬉しかったです、ありがとうございました。』というような感謝の言葉がたくさん。出勤前にそんな言葉を見たら、今日も1日頑張ろう、そんな気持ちになりますよね。

従業員の方が気持ちよく働いていなければ、お客さまに満足していただけるようなサービスはできないと思います。理想として口で言うのは簡単なことですが、実際に細かいことにまで取り組むことは簡単ではないですよね。フィットネス業界も、お客さまをおもてなしする場所という点ではホテル業界と同じ。お客さまからの接客の期待値はホテル業界と同じくらい、と言うことも聞いたことがあります。ホテル業界から学べることは沢山ありそうです。
[PR]
by fit_business | 2012-01-10 09:38