ブログトップ
キャリアアップへのヒント
 こんにちは。編集長の古屋です。
 「20代のうちにある分野で『100人に1人』になったら、30代では別の分野で『100人に1人』になる。そうすると、『100分の1』×『100分の1』=『1万人に1人』の希少性を獲得することができます」(『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』東洋経済新報社刊)。元リクルートの藤原さんは、キャリアアップのポイントについて、自著の中でこう語っています。これからの時代は、特にこのWキャリア志向で独自の強みをつくっていくことが重要になるように思います。僕自身は成功者とは言うにはまだほど遠いと思いますが、今日まで何とかやってこれているのは、20代で「フィットネス」を学び、30代から「編集」を学んできたことが大きいと思います。ぜひフィットネス業界の若い方々には、たとえば「フィットネス」×「施設開発」とか、「フィットネス」×「国際性」とか、「フィットネス」×「コミュニケーション」とかといったように、自分が今好きで、将来得意なことにできそうな2つのことを探して独自の強みにできるように今から学びを深めてほしいと思います。2軸をもつことを極めつつ、周りの人との信頼関係をつくっていくと、それはきっと将来自分を助けてくれることに繋がると思います。ぜひ挑戦してみてください。
[PR]
by fit_business | 2013-09-02 09:44 | 今日の編集部