ブログトップ
変化に対応したマーケティング
 こんにちは。編集長の古屋です。おとといfacebookにも少し書きましたが、『週刊ダイヤモンド』(2014年2/22発行号)の特集「消費増税でも売れる!お客をつかむ33の新法則」が、とてもおもしろかったです。ショルダーに「間違いだらけの消費者像。本当のお客はここにいる!」とある通り、これまで通念として捉えていたマーケティング感が覆され、リアリティのある今日的なマーケティングの方向性が示されていました。マーケティングのセンサーが鈍ると、経営が傾きます。
 皆さんにとっては既知のこともあるかと思いますが、いくつか私が気づいたことを参考まで挙げておきましょう。
・都市部と地方、高年収と低年収の差が開く中、すでに"憧れ"をてこにしたブランドマーケティングは機能しにくくなっている! 
・地方消費の最大ボリューム層"ヤンキー世帯"に対応したマーケティングを!
・今や共働き世帯数が片働き世帯数を上回り、その差は拡大する一方→「時短」「効率化」がキーワード!
・(近隣に住み同居していないとしても)孫~シニアの3世代消費を促す"共同・支援支出"を考えろ!→「グループ会員」や「拡大家族会員」「ギフト会員権」などの導入。
・フィットネスログを仲間とtwitterやfacebookなどで共有する仕組みを考えろ!
・facebookの「類似オーディエンス」機能やLINEのスタンプと交換で「友だち」承認を得るなどの方法を活用して効率的に"類とも"(対象顧客と似た見込み顧客)を獲得せよ!
・空いている時間・場所を活用して、"体験会"を実施し、最高のエクスペリエンスを提供せよ!
・今、最も"自分消費"に意欲的なのは、バブル世代(44~55歳)の女性たち。その子供世代である、いわゆる「さとり世代」は、親の消費の様子をみていて「自分ならもっとコスパな買い物をする」などと感じ、消費には前向き。若年層だからといって一概に「嫌消費」とはいえない!
・アクティブシニアをターゲットしたマーケティングよりも、コンセプト志向でユニバーサルデザインを!結果的に、高齢者だけでなく、あらゆる層から支持を得る!(*実は、60~64歳の有職率は6割で、大半がリタイアしていない。団塊世代のリタイア層を狙って参入した企業は死屍累々!)
・「多品種少量生産」よりも「少品種大量生産」!
・消費の潮流は、「ニーズからウォンツへ」ではなく、「ニーズへ」!
・「1人暮らしの大学生」は幻想。実際には、東京でいうと、地方出身者は7人に1人くらい。大学生のほとんどは、近隣の県も含め自宅から通っている!
・マーケターが、自身の給与・生活感覚でマーケティングすると、ズレる!
・消費税の表示なんてどうでもいい!大事なことは、今のうちから「いいお店だ」と思ってもらうこと!安易な価格戦略よりも、個客を大切にした対応をすること!
 どうですか?何か感じましたか?フィットネスクラブを経営する会社が、自社のマーケティングを見直す際にも多くの示唆を与えてくれるものと思います。興味が湧くということでしたらバックナンバーを取り寄せて、読んでみてはいかがでしょうか。
[PR]
by fit_business | 2014-02-24 11:04 | 今日の編集部