ブログトップ
自分を変えて、仕事を天職に!
 みなさん、こんにちは。編集長の古屋です。

 自分のしている仕事について、みなさんはどう考えていますか?天職だなと思っているでしょうか?
 
 よく言われることに、あまり稼ぎはよくないけれど好きな仕事(ライフワーク)をするか、あまり好きではないけれど食べるためにそこそこ稼げる仕事(ライスワーク)をするかという選択があります。でも、これはどちらかを選ばなければならないというものではありませんね。好きで稼げて生活することも仕事をすることも楽しい、それによって多くの人が幸せになり自分も幸せ感を抱けるという状態をつくりだすことは、できますよね。これが、天職に就いているという状態ではないでしょうか。そして、みんながそういう状態になれたら、これは理想的ですね。
 
 天職が先のようなものなら、少なくとも僕は間違いなく天職に就いているといえます。また、当社の社員もそうであるか、そこを目指しているかどちらかであると確信します。
 
 ただ経済界全般を見渡すと、必ずしも天職に就いていると感じている人や天職に就こうと目指している人は、意外に少ないような気もします。こうした人のなかには、当初はそこを目指していたけれど、どこかで諦めてしまったという人もいるのではないでしょうか。こういう人たちに、とても腑に落ちるアドバイスをしてくれる方がいます。
 
 以前、といってももう10年以上も前に取材でお世話になった榎本英剛さんが、最近、『本当の仕事』(日本能率協会マネジメントセンター刊)という本を上梓され、このなかで、そのことについて、わかりやすく述べています。
 
 詳しくは、本書を一読いただきたいのですが、榎本さんは、こう言っています。
 
 「天職は探しても見つからない。それは自分でつくるものだから」。
 
 これはすごい努力が必要だとか、すごい才能が必要とか、今の会社を辞めなくてはいけないといったような覚悟が必要なわけではありません。榎本さんは、本書のなかで、こう語っています。
 
 「世の中のほとんどの人が、生き生きと仕事をするためのカギは『どんな仕事をするか』や『その仕事をどうやってやるか』といった仕事の"目に見える"部分にあると思っています。しかし、残念ながら、そこには探している答えはありません。生き生きと仕事をするための本当のカギは、実は仕事の"目に見えない"部分、すなわち『仕事をどうとらえるか』や『なぜ仕事をするのか』といったことにあるのです。もしかしたら、たまたま自分の仕事が見つけられ、しばらくの間、生き生きと仕事をすることは可能かもしれません。ただ、仕事を"目に見える"部分だけでとらえている限り、経済環境の変化や組織の体制変更、人事上の問題など、自分ではどうにもできない外部要因によって、その仕事がいとも簡単に奪われてしまう可能性があります。一方、仕事の"目に見えない"部分としかっりと向き合い、『仕事をどうとらえるか』や『なぜ仕事をするのか』について自分なりの答えを見出した人は、いかなる外部環境の変化に遭遇しても、そう簡単に翻弄されることはなくなります」。
 
 要は、自分の考え方次第なわけです。夢やビジョン、志をもち、仲間と共有し、それらに合わすように自分の考え方を変え、仕事を昇華させていくことによって、今自分のしている仕事を天職へと変えていくことができるということでしょう。
 
 よく言われるように、過去と他人は、変えることができません。変えられるのは、未来と自分です。自分<仕事と考えるのではなく、自分>仕事ととらえ、自らが変わることで、仕事を変え、業界を変え、日本を変え、世界を変えていきましょう。
[PR]
by fit_business | 2014-12-20 17:45 | 今日の編集部