ブログトップ
高見沢さんのセミナー
 みなさん、こんにちは。編集長の古屋です。

 日曜日の夕方、ロサンジェルスから帰国し、ジェットラグをひきずったまま仕事をしています。 さて、アメリカでは多くの方にお話を聞かせていただいたわけですが、西海岸中心に多店舗展開している「CLUB ONE」の副社長が経験価値の高いクラブづくりをするには、「人が大事」として、メンバーに対するサービス対応やコミュニケーション方法をきちんと整えることの重要性を強調していたことが印象に残っています。ともすると、この手の話はハードやブランドのことが中心になりがちです。そこを、あえて「人」を真ん中にもってくるところに、凄さを感じました。ハードは少しの期間で造り替えることが出来ても、人のビヘイビアはそうは簡単にはいきません。人の部分まで、総合的に纏め上げることができてはじめてクラブは本来のポジショニングとコンセプトを得て、顧客魅力性と差別的優位性を備えることができるといえるのでしょう。                                                                       「人」によるサービス対応、コミュニケーション方法ということでは、格好の講師が日本にいます。高見沢由美子(たかみざわ・ゆみこ)さんです。本誌の購読者専用のメールマガジンにコラムをずっと提供してくださっていますので、皆さんもご存知かと思います。その高見沢さんが、4月12日(水)にセミナーを開きます。フロントスタッフだけでなく、ジムやスタジオ、プールなどでサービスを提供しているトレーナー・インストラクターの方からマネジャーまでたいへん役に立つ話を聞かせてくれます。高見沢さんはフィットネスクラブの就業経験もお持ちで、クラブ研修の実績も豊富です。ぜひ皆さん、聞きにきてください。詳しい内容は、フィットネスオンラインのトップページのバナーをクリックしてみてください。お問い合わせ、お申し込みは、編集部までご連絡ください。どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by fit_business | 2006-03-29 19:57 | 今日の編集部