ブログトップ
秋刀魚が「冬」刀魚になる日
おはようございます、風邪のため一日ブログをお休みしました高橋です。

毎朝通る道の街路樹が完全に紅葉することなく、みすぼらしい姿をさらしているかと思えば、梅の花が開花して、側を通る人の目を楽しませてくれています。季節はずれのこの光景は、みな温暖化、暖冬の影響なのだそうです。毎日がそれなりに寒いので「温暖化」のことをあまり意識することはありませんが、日本列島の四季のうつろいは明らかに異変をきたしています。もちろんこの異変は日本列島だけでなく地球規模のもので、将来のことを考えると何もしないでいるのはどうか、と思います。かといって支持率の落ちた政権が人気とりのために政策の上位に「温暖化対策」をあげるのは本当にやる気があるのかな、と疑問を抱かずにはいられません。政策に環境問題を掲げることで人々の関心を少しでもたかめることはいいことですが。
温暖化で海があたたかくなると、秋に獲れるはずの秋刀魚が冬のサカナになってしまうそうです。季節の味覚が味わえなくなることは悲しいことですね。いろいろなところに影響が出てくる環境問題、身近なところから考えてみませんか?
[PR]
by fit_business | 2007-01-25 09:07 | 今日の編集部