ブログトップ
強さとは何か
おはようございます。 平井です。

少し前に友人と、上野の森美術館で開催されている井上雄彦の「最後のマンガ展」に行ってきました。ここに何もかも書いてしまいたいのですが、まだ開催しているしそういうわけにもいかず・・・とにかくずっと井上雄彦が問い続けている「強さとは何か」ということが、紙を飛び出し、空間を越えてこちら側にぐいと向かってきて、その迫力に、ただただものすごい衝撃を受けて涙が出てしまいました。
本当の強さは、たぶんわたしたちの目には「強い」とは映らない種類の、なにかもっと暖かくてやわらかい、ふわふわしたものなのだろう・・・これまでも何度か考えたことのあることを、会場を出てからじんわりと考えて、井上雄彦という人はマンガを通して哲学をやっているのだということを改めて思いました。思えば、バスケの試合前にスラムダンクを読んでテンションを上げることを習慣としていた中学時代から15年近く(!)が経って、いまでもこんなにも感動させられるなんて、驚きます。7月6日までやっているそうなので、興味がある方、バガボンドが好きな人はぜひ行ってみてください。

さて、今日から東京ビッグサイトでHFJが開催されます。私は今年で3度目の参加となりますが、今回はどのくらいの規模になるのでしょうか。セミナーも楽しみです。
[PR]
by fit_business | 2008-06-18 08:02 | 今日の編集部