ブログトップ
Less is More!
おはようございます。平井です。

最近は2週間くらい早く新学期が始まる小中学校が多いと聞きますが、やはり8月31日が終わると夏が終わってしまったような淋しさがあります。今朝、大きな荷物を両手いっぱいに持ってキャッキャと登校する小学生を見て、そういえばわたしも子どもの頃は長すぎる夏休みにうんざりして、新学期が嬉しくて仕方なかったことを思い出しました。

さて、原油価格高騰の影響で、毎日のように環境保全やエネルギー関連の記事が新聞で大きく取り上げられていますが、本当にこのエネルギー問題というのは、人間の欲とか、罪とか、責任とか、希望とか、いろんなものが凝縮しているように感じられて、今これほど重要なことはほかに何もないのではないかという気さえしてきます。

建築家ミース・ファン・デル・ローエが言った“Less is More”という言葉がとても好きなのですが、最近はこの言葉を改めて新しい気持ちで思い返すことが多くなりました。日本には「足るを知る」という素敵な言葉がありますが、それくらいではもう間に合わず、これからは大胆にマイナスすることで価値を生んでいかなければいけない、ものが溢れる現代に暮らす私たちは持ちすぎないことの幸せについて、これから少しずつ理解していくのかもしれない、と思います。

朝日新聞の調査で、「コンビニの深夜営業は必要ない」と答えた人が84%、自販機なども「我慢できる」と答えている人が多かったそうです。本当はいらない、というものが世の中には溢れているのだなあと思います。今は何だって商品や消費、ニーズに結びつけられて、過剰な利便性=環境破壊のシステムができあがってしまっている。そのような問題をどう考えればいいのか、多くの人がとまどっているのではないでしょうか。グリーン・コンシューマーとか、カルチャー・クリエイティブと呼ばれる人は、(メディアが伝えないだけで)わたしたちが考えるよりもたくさんいるのではないかと思います。
フィットネスクラブでも、今以上にできること、やらなければいけないことがたくさんありそうです。
[PR]
by fit_business | 2008-09-01 08:30 | 今日の編集部