ブログトップ
カテゴリ:未分類( 572 )
スポーツバイクの人気
皆さまこんにちは、本庄です。

先週末、久々に自転車に乗り、遠出をしてみました。
日ごろから感じてはいましたが、休日・晴天となれば、スポーツバイクに乗る人の多いこと!
本格的なスポーツバイクと私のような自転車、乗り物のレベルは違えど、
お互いに道をゆずり合うなどの“ゆずり合い精神”がところどころで感じられ、気持ちよく走ることができました。

しかし、やや申し訳なく感じたのが、歩行者と車の方。
特に橋などの狭い場所では、いつ後ろからスポーツバイクなどが来るとも限らないので歩行者の方はきっちり脇をしめ、窮屈そうに歩いています。
そのほかにも、車道を走るスポーツバイクとぶつかりそうになってクラクションを鳴らす車など、一歩間違えば事故になりそうな場面もたくさん見ました。

スポーツバイクに乗る際のルールを、実際に乗る方だけではなく、歩行者や車を運転する方にも伝え、お互いに理解することがもっと必要かもしれないと感じました。
[PR]
by fit_business | 2015-05-21 17:21
広がる口コミ
皆さまこんにちは、本庄です。

口コミの大切さはこの業界でもよく言われていることですが、
先日身近に「どんどん広がってすごいな・・・」と感じたことがありました。

昨年、かれこれ10年以上も運営していた近所の病院の院長が
病気で倒れてしまい、その息子さんが後を引き継ぎました。
おそらく突然のこともあり、ご本人もいっぱいいっぱいで対応が
うまくできなかったのでしょう、すぐに長年通っていた方々からは
「不親切」という声がちらほらと聞かれるようになりました。

中高年の女性が集まれば「前の院長はもっと丁寧に話を聞いてくれたのに・・・
もうあそこは行かないわ」という話題になり、最終的には「○○病院はいいけど、
××病院はまぁまぁね」などと、地域の病院ランキングまで披露する人も。

それを聞いた人が、さらに自分の周囲の人に伝えれば・・・どんどん噂は
広まっていくはず。病院となると、やはり少しでもよい環境、よい先生の
ところに行きたいのが人間の心理ですから、この噂により、長年運営
していたあの病院がなくなってしまうのでは・・・と、心配になります。

しかし、息子さんが時間とともに慣れて、対応が改善されれば
「あそこの対応、よくなったよ!」という噂がまた広がるのでしょう。
まだ挽回の余地はあるはず。ぜひがんばってもらいたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2015-01-19 17:09
手帳
更新が遅くなってしまい申し訳ございません。
NEXT澤です。

今年も残すところ、あと1ヶ月半。
毎年毎年、1年が過ぎるのが早くなっていると実感します。
NEXTの過去の原稿を探していても、1年前だと思っていた記事が3年前なんてことも…。3年以上前のことは、いつのことかもわからなくなってしまっています。

先日、手帳売り場を見ていたところ色々な手帳がある事に驚きました。
一日1ページの手帳や、やりたいことを実現するための手帳、家族の予定と分けて分けて書ける主婦向けの手帳、営業マン向けの売上達成のための手帳までどんどん新しい物ができているようでした。
手帳はスケジュール管理のための道具ではなく、何かの目標を達成するための道具なのだなと感じました。

そうはいっても、PCとスマホでカレンダーを同期して家族と共有しているので、
紙の手帳は必要かな…と感じていると、紙の手帳に書いた内容をスマホで撮影し、カレンダーに同期できるというものまで。何でもかゆいところに手が届く便利な時代なのだなと感心してしまいました。

結局、買うつもりもなかったのに最終的には何度も挫折しているバーチカルを購入してしまいました。決め手は、手帳に記入例が載っていてこれならできそう、と思ったこと。計画的に物事を進めて行き、目標が達成できるよう自己管理のために使っていきたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2014-11-18 12:20
体調チェック
ずいぶん更新が遅くなってしまい申し訳ありません。本庄です。

私の家族や親戚は一般的にいう元気なシニアばかりで、
頻繁に旅行や登山、ウォーキングイベントなどに参加しています。
それらの感想で、以前は「60~70代の方でも本当に元気な人ばかり!」と
刺激をもらっていたようですが、最近は途中で参加をリタイアした方の話が毎回
ちらほらと出るようになりました。

例えば登山ツアーでは、「ヒマラヤに登った」など経験も豊かで日ごろから
きちんとトレーニングもしているという方でさえ、途中から皆から遅れ始め、最終的には足が動かなくなる。
そんな場合はガイドさんの指示のもと、山小屋で待機して十分休んでから下山、などとなるようですが、聞くと、実は「直前に少し体調を崩していた」などであることが多いようです。

きっとご本人は、過去の経験と日ごろの(トレーニング)実績から自信をもって参加されたのでしょう。実際、特に運動をしていない同年代の方より、その方は何倍も体力があるはずです。しかし、体調を崩してからの回復には、やはり年齢相応に時間が必要なのかもしれません。元気なシニアほど、その部分を過信してしまうようです。

イベントを主催する側は、昨日今日の元気だけでなく、もう少しさかのぼっての
体調チェックがシニアの方には大切かもしれません。
[PR]
by fit_business | 2014-10-09 19:37
同い年の活躍
こんにちは。
7月からNEXT編集部に入りました、高山です。
ラグビーと野球が大好きな24歳です。

ラグビーは先週トップリーグが開幕しました!
秩父宮ラグビー場での開幕戦は、昨年の決勝カードと同じパナソニック対東芝。
私は見に行けなかったのですが、twitterで速報を追っていました。
試合は東芝が勝利!
その日一番活躍した選手に贈られる賞・MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)は、SH小川選手。
小川選手は私と同い年で、日本大ラグビー部時代からその活躍を見てきた選手なんです。

話変わって24日のプロ野球・ヤクルト対横浜戦。
私は小さいころからヤクルトファンなのですが、
この日は「和製ライアン」こと小川投手が投げてチームも勝利!
こちらの小川選手も同い年で、創価大野球部時代からその活躍を見てきた選手なんです。

しかも、両選手とも私の母校と対戦経験があり、勝手に親近感を感じて応援しています。
W小川選手、これからも頑張ってください!


同い年というだけでなんだか応援したい気持ちになり、活躍すると「私も頑張ろう!」という気持ちになります。
不思議ですが、誰にでもそういった経験はあるのではないでしょうか?
有名なところだと、「松坂世代」とか。
ちなみに私は女子フィギュアの浅田真央選手も同い年なので、
勝手に「真央ちゃん世代」と名乗って(?)います。

活躍する舞台は規模もレベルも違いますが、
たくさんのパワーを与えてくれる同い年の方々に刺激を受けながら、今日も一日頑張ります!!
[PR]
by fit_business | 2014-08-25 10:50
心に残るサービス
NEXTの阿部です。
休日に、近所の市民プールへ行ってきました。
夏限定の野外プールで、2時間150円と格安で利用できます。
しかも、50メートルプール、25メートルプール、子供用に広い遊び場があり、かなり充実の設備!
普段はスポーツクラブのプールで泳いでいるので、野外で泳ぐのは新鮮です。
何気なく一番端のレーンを泳いでいたのですが、プール監視をしている若い男性が監視をしながらも年配の女性に泳ぎ方のコツを一言二言アドバイスされていました。
もちろん、誰かと話している間に業務が疎かになってはいけませんが、タイミングを見計らって声掛けする姿はきっとマニュアルを超えたサービスだったのでしょう。
良い設備や環境は大切ですが、このような人から人への思い遣りや気遣いが利用者にとって一番心に残るサービスになるのだと思います。
[PR]
by fit_business | 2014-08-22 12:36
野球
こんにちは、NEXTの澤です。

暑い日が続いていますが、もう少しで9月。
今年の夏もあっという間に終わってしまいそうです。
夏らしいことが今年はあまりできなかったのですが、
先日、巨人・阪神戦を見に行ってきました。

とても蒸し暑い日だったのですが、
ドームの中は日に焼けることもなく、
蒸し暑いなんて事もなく快適。
そもそも野球場に屋根を付けようと思った人の
発想がすごいなと感心してしまいました。

その日の試合で、阿部 慎之助選手が1塁を守っていました。
私は野球をよく知らないので、こんなことがよくあるのか分かりませんが、
てっきりキャッチャーはキャッチャーしかやらないと
思っていたのでとてもびっくりしました。
一緒に行った方の話だと、一塁を守るようになって、
バッティングの調子も上がってきたとのこと。

ポジションを変えてみると、行き詰っていても
新しい何かが見えることがあるのかもしれません。
そんな気分転換は仕事にも応用できそうだなと感じた一日でした。
[PR]
by fit_business | 2014-08-19 18:21
ありがた迷惑なサービス
みなさまこんにちは。剱持です。

先日、あるテレビ番組で「ありがた迷惑なサービス」という特集がされていました。
そこでは、「アパレル店での声かけ」「買い物後のお見送り」「タクシーでの雑談」「美容院での雑談」「コンビニで袋の小分け」「居酒屋の掛け声」「会計時、おつりを渡す際に手を添える」「タクシーで道の確認」などが上位に挙がっていました。

なかでも、「アパレル店での声かけ」「タクシーでの雑談」「美容院での雑談」はこの数年で迷惑だと感じる人が増えている項目だということです。つまり、必要以上のコミュニケーションを避けたいと思っている人が多いということです。
スポーツクラブについてはここでは挙がっていませんでしたが、私の個人的な意見をいえば、正直「そんなハイテンションで挨拶されても…」と思うことはあります。

いずれのサービスも、店員さん(または企業)はお客さまのためによかれと思って提供しているのだと思います。もちろん、雑談やコミュニケーションを喜んでいる人もいることでしょう。しかし、必ずしも喜ばれているわけではない。提供側にとっては難しいことですが、よく観察していればある程度察知できるのではないでしょうか。
「皆が喜ぶだろう」とマニュアル通りの接客をするのではなく、お客さま個々が求めていることを想像して、それぞれに合った対応をすることがベストなのだと思います。
[PR]
by fit_business | 2014-08-05 11:15
そう回答するメリットは?
こんにちは。本庄です。

さまざまなところで行われていた夏のセールもほぼ終わりました。
皆さんは、セール前の時期にお店を見ていて「これ欲しいけど、セールになるのかな?」と気にしたことはないでしょうか。そんなとき、スタッフの方に聞くと、ほぼ決まって「私たちもまだどの商品がなるのか、わからないんです」と言われます。本当なのかもしれませんが、セール開始2日前に訊いたときにそう答えられたときは、さすがに疑ってしまいました。

おそらく、できるだけ定価で買ってほしいお店側の考えかもしれませんが、それが伝わってしまうこと事態、消費者の印象を悪くします。さらに「セールになるかもしれないから買わないでおこう」と考える方も多いはずで、上記のように答えるのが本当にお店にとっていいんだろうか?と感じてしまいます。

そのようななか、「今出ているものは全部セールにならない商品です」ときっぱりと宣言しているお店がありました。そこにいるお客さんは安心して買い物を楽しんでいる様子であり、私もかなり好印象を抱きました。
きっとスタッフの方にとっても、先ほどのような質問にあいまいな答えをする必要がなく、接客しやすいのではないかと思います。お店側のいろいろな事情もあるかと思いますが、消費者が悩むことなく、快適に買い物できるように今一度、対応を考えていただければと思います。
[PR]
by fit_business | 2014-07-28 17:15
「接客・応対」で感じたこと
はじめまして、6月よりWEB関連の企画編集担当をすることに
なりました、金澤です。よろしくお願いいたします。

スポーツに親しんで30年。
スポーツ業界に12年ほど身を置き、多種多様な仕事に取り組んで
まいりましたが、今回の任務はWEB関連の企画です。

まず最初の取り組みとして立ち上げたのが、
こちらのfacebookページです!
↓↓↓
★「Fitness Press」(フィットネスプレス)
https://www.facebook.com/pages/Fitness-Press/336726319813907

フィットネス・スポーツ・ヘルスケア業界の最新ビジネス情報や
キャリアアップに結びつく情報などを集めて、毎日更新していきます。
クラブ経営に関わる皆さま、インストラクター・トレーナーの皆さま、
健康産業に関わるすべての方に活用いただければと思います。


さて、話は長くなってしまいますが、最近の話題に戻ります。
ここ数年、フィットネスクラブやジムに行っていなかったので
まずは現場を知ることからと思い、先週、仕事上がりに自宅近所の
とあるスポーツクラブに体験入会にいってきました。
受付での「接客&応対」というのは、その「クラブ(企業)の顔」で
重要なことの一つだと思います。
受付で申込書を書いてくださいといわれ、名前の欄から記入していると、
おもむろに「先に料金を支払っていただけますか?」と言われて、
面食らいました。
まだ19時だったのですが、早くレジを閉めたいのでしょうか?
口頭でクラブ内の施設説明をしながら、見られていないからいいと
思ったのか、デスクの下で靴下を直す・・・など、その印象は決して
良くありませんでした。
指導内容にしても、対価(実際にそのプログラムを受けたときに支払う金額の)
に見合ったサービスなのだろうか?と疑問すら感じてしまいました。
その前に体験させていただいた、パーソナルトレーニングのジムが、
受付からトレーニング内容、トレーナーさんの応対も入り口から最後まで
とても良かったので、歴然とした違いを感じました。
もちろん、個性は違って当然だとは思いますが。

・・・・・といいつつ私自身を振り返って、ご来社いただいているお客様への
ご挨拶はどうなのか。というと、きちんと出来ていないかもしれません。

まずは自分自身、姿勢を正し、ご挨拶は目を合わせて気持ちよく行いたいと思います!
[PR]
by fit_business | 2014-07-04 18:05