ブログトップ
<   2005年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧
個人情報保護法って?
桜のつぼみの様子もやや気になる、在川です。

あと2日で4月に突入です。さてフィットネスクラブに関わっている皆さん、4月1日から施行される法律・・・個人情報保護法に関する準備は整っていますでしょうか?実はちょうど、今月行われたFIA(日本フィットネス産業協会)コンベンションの個人情報保護法のセミナー内容をまとめていたところでした。法律?よくわからないし・・・あまり関係してくる場面は少ないのかな?なんて思っていましたがそうではありませんでした。たとえばクラブに入会されるお客様が申込書に記入する場面など、身近に個人情報に関することがたくさん溢れているんですね。監視カメラに映った映像でも、それ自体立派に個人情報になっているということにはちょっと驚きました。個人情報保護法について知る方法としては、関連する本を大手書店などで入手することもできるようですが、(コンベンションセミナーの講師である弁護士の滝田氏によれば)経済産業省のホームページにあるガイドラインやQ&Aが非常に参考になるということです。ダウンロードも可能ですので、ぜひ参考までにチェックしてみてください。★個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン★
[PR]
by fit_business | 2005-03-30 23:36 | 今日の編集部
ピンチはチャンス
春休みをいただき、ゴルフに行ってた岩井です。

今日は数年ぶりにゴルフに行ってきました。
コースはきみさらずゴルフリンクス。すごい変化に富んだコースで、ゴルフのイメージが一新されました。私はゴルフがそれほど上手でないこともあり、18ホールあるうちの前半くらいで、ちょっと退屈感に襲われるのですが、今日のコースは、「変わった色のフェアウェイだなぁ」と思っていたら、その一体全部がバンカーだったり、浴槽のような丸くて小さくて深いバンカーにはまったり、グリーンを少しオーバーしたなと思うとそこには池が広がっていたり。スコアメイクを途中であきらめ、苦しみながらも最後までとても楽しく過ごせた1日でした。
 
今日ご一緒させていただいた一人、ゴルフプロの佐藤裕児さんは難聴というハンディを抱えながらトーナメントプロという厳しい世界に果敢に挑んでいる超好青年。考えてみるとゴルフは特に、ちょっとした音や、回りのプレイヤーとの心理戦的な会話など、耳から入ってくるもので動揺しがち。難聴であることはもちろんいろいろな難しさもあるはずなのに、それを全く感じさせないどころか、余計な音が聞こえない分集中できてどんな厳しい環境でも大きくスコアを崩すことはないのだそう。

先日の視察ツアーから帰ってくる飛行機では「レイ・チャールズ」の映画を見ました。レイ・チャールズは小さい頃に目が見えなくなってしまい、その分、耳の感覚が研ぎ澄まされて、そのことや、それによるいろいろな大変さを克服しようとするところに数々の名曲が生まれていったことを知りました。

一見ピンチに見えることでも、それを克服しようとすることですごい力や優位性がついていくんだ、ピンチを克服するところに感動が生まれるんだ、と改めて実感します。勇気を貰えた1日でもありました。いいお休みを過ごさせていただき、皆さんに感謝。
[PR]
by fit_business | 2005-03-29 22:42 | 今日の編集部
夜間飛行
 こんばんは。編集長の古屋です。                                                                                                

 サン・テグジュペリーではありません。経営の話です。 

 久しぶりに岩本町のフィットネスマネジメント社を訪ねました。次号の特集記事の取材のためです。出店ラッシュで忙しい中嶋社長に貴重な時間をさいてもらい、なぜクラブは陳腐化するのか?陳腐化をさけるには?陳腐化してしまったクラブを再生するにはどうしたらいいのか?といったことについてお話をお聞きしました。中嶋社長はたいへん本質的なことを話されました。内容については、次号をお楽しみに。否、ひとことだけ中嶋社長が語ってくださったことばを披露しておきましょう。「内部の者は陳腐化に気づきにくく、改革を成し遂げるのは決まって外部から来た者だ。」然り。それだけ、自らを客観視して大鉈を適切に振るうということは難しいということだ。帰りの電車で僕は自分の会社のことを考えた。もっとよくあるために、一番しなければいけないことは何かと。リーダーは、常に健全な危機意識を持ち、正しい方向を見つけそこへと会社を進めて行かねばならない。
[PR]
by fit_business | 2005-03-28 22:12 | 今日の編集部
本日、最新号発売
いかがお過ごしですか?在川です。

さて、今日は「フィットネスビジネス」の最新号(通巻17号)の発売日です。まずは世界中に次々と誕生しているというカーブスのCEOギャリーへブン氏の談話、そして特集「新時代の集客手法」や米国や日本の「メディカルフィットネス」についての現状レポートなど・・・ご購読いただいていらっしゃる方はもう目を通されていますでしょうか。もしまだ購読されてない方でも八重洲ブックセンターやジュンク堂など(現在、東京・大阪)の大手書店にて、最新号に限り入手できますので、どうぞご利用ください。バックナンバーをご希望の方は、こちらまたは こちらまでどうぞ。
[PR]
by fit_business | 2005-03-25 22:13 | 今日の編集部
いまだに、ジェットラグ
 こんばんは。編集長の古屋です。

 日曜日の夕方、日本に帰ってきて、既に四晩過ぎているにもかかわらず、頭がさえません。時差ぼけでしょうか?花粉の影響でしょうか?生まれつきでしょうか?                                                                             さて、昨日はFIAの理事会に出た後、本誌にも指定管理者制度について連載いただいています大竹さんの会社設立パーティーに行きました。指定管理者制度はフィットネス分野でも浸透していくことは間違いありません。ぜひ大竹さんにがんばってもらいたいと思います。 

 今日は次号の特集記事でハイパーフィットネスの亀田社長に取材。そのあと日経新聞の取材を受けて、某商社系サイト運営会社と打ち合わせして、現在に至る、という感じです。これから次号のサブ特集をまとめなくてはいけません。サブ特集はIHRSAツアーのレポートです。がんばって、アメリカの今、そしてそこから日本のクラブが何を学べるのかをわかりやすくまとめてみたいと思っています。乞うご期待。
[PR]
by fit_business | 2005-03-24 20:38 | 取材日記
おもしろいツアーでした
ツアコンの岩井です。

今回は12クラブを視察してきました。個人的にはかなり感動のツアーとなりました。

今回最も印象に残ったのは、新興勢力の台頭と、優良クラブのさらなる革新、とでもいいましょうか。「新興勢力」というのは例えば昨年株式を公開した「ライフタイムフィットネス」。今回COOにじきじきにお話が伺えましたが、「ハイボリューム・ハイクオリティーでセンセーショナルな商品を市場に提供する」と言い、明確なコアコンセプトに基づいてクラブが科学的、戦略的につくられていることが感じられました。COOをはじめ、経営幹部はヘッドハンティングにより集まった人たちで、その話の明快さにも感動しました。もう一つは、ドイツの「インジョイ」。この会社はもともとコンサルティング会社だったのですが、クラブへの教育研修のサポートを核に、クラブをネットワークして、共通のブランドをつけて貰うことで大手チェーンに似たメリットを中小規模のクラブにも提供してきています。2002年に設立したばかりなのに、そのネットワークは既に確か130店にも上っているとのこと。女性のコンサルタントがこれまたスマートに説明してくれました。

優良クラブのさらなる革新という点では、ひとつはミネアポリスのホワイトベアスイム&テニスクラブ。もともと手厚い顧客サービスで知られていましたが、現在は環境にもやさしいクラブをつくるということで、電気は日中は自然光を上手く利用できるライトにしたり、プールのろ過システムやジムのフロアの素材、テニスコートの空調システムなど、資源を大切にしながらお客様にもより自然な環境を提供し、クラブのコストも削減できる数々の工夫をしていました。もう一つはゲインズビルヘルス&フィットネスセンター。今回はジョー・シルリ氏にお話を聞いただけですが、クラブ経営に止まらず、ゲインズビルの街全体を元気にする取り組みには感銘を受けました。企業のミッションは「世界で最も優れた企業になること」だったところを「世界のための最も優れた企業になる」と変えたとのこと。にくいでしょ、この言葉。英語で聞くとさらに格好いいのです。

展示会でも全く新しいコンセプトのマシンも登場していて、今回は本当に最初から最後まで心動かされることの多いツアーでした。詳細は今古屋さんが5月号の本誌用に記事を書いていますので、どうぞお楽しみに。数日中に「ツアー情報」コーナーに写真もアップする予定です。
[PR]
by fit_business | 2005-03-23 23:38 | 今日の編集部
早朝のワークアウトからスタート
編集部、在川です。

朝の運動、健康的ですね。さて本日は6:30からエクササイズの予定。コンベンションセンターに展示されている最新のマシンを使ってグループエクササイズのブースもあるということです。
そうして、午前中は、マネジメント・ビジョン社長リック・カロー氏による「米国クラブ業界のトレンド」という特別セッション。リックカロー氏は、30年のクラブ経営を経て、現在はコンサルタントとして活動。米国クラブ業界の第一人者の一人で、13,000以上のクラブを手がけた方です。今日もコンベンション。自由参加です。さてさて、いよいよツアーも終わりに向かっております。
[PR]
by fit_business | 2005-03-19 23:25 | 今日の編集部
IHRSAトレードショー
連続するくしゃみは花粉症のものか気になる、在川です。

IHRSAのトレードショー、7,300坪以上の敷地に400社以上が最新のフィットネスマシンなどを紹介すべく出展する、フィットネス関連の世界最大級規模の展示会です。午前中は、ツアー特別セッション、アメリカでもっとも注目を集めているクラブオーナーのひとりジョー・シルリ氏が自らの経験を踏まえて、定着志向のクラブ運営について説明してくれます。同氏はフロリダ州ゲインズビルでクラブ経営を20年以上続けてきており、同クラブは1997年IHRSA「セールス・オブ・ジ・イヤー」を受賞するなど、クラブ運営において高い評価を受けています。そして特別セッション2では、1998年「マネージャー・オブ・ジ・イヤー」受賞、ゼネラルマネージャーのデビー・リー氏が「米国成功クラブのプログラミング」というテーマでセッション。午後からのトレードショーのあとは、「San Francisco Bay Club」を希望者の方のみ自由に体験。老舗クラブながら常に最新のトレンドに敏感で、毎年のようにリニューアルをし最新のマシンとプログラムをそろえているというクラブです。そして夕方には同クラブにおいて、特別セッション。フィットネスビジネス誌でも連載されている石川友行氏(ウェスタンアスレチッククラブ社、ゴールデンゲートウェイテニス&スイムクラブ ゼネラルマネージャー)を講師に向かえ、クラブ支配人として活躍されている氏の現場の視点から米国企業のトレンドを解説いただきます。そして世界中のクラブ業界関係者と、IHRSAのトップスピーカーや理事の方が集うパーティーで夜はふけていきます。。。
[PR]
by fit_business | 2005-03-19 00:19 | 今日の編集部
今頃はクラブ激戦区、サンフランシスコです。
渋谷の編集部、在川です。

視察研修ツアー参加者の方にお渡ししている資料を追ってるだけでも、なんだかワクワクしてしまいます。いろいろと公開してしまってよいものかとも思いましたが、このブログを見てくださる方にちょっとだけということで!?(よいのでしょうか・・・。)さて、シアトルを後にした皆さんは、スケジュール通りクラブ激戦区のサンフランシスコで3つのクラブを訪ねたはずです。まずは「Pacific Athletic Club」カスタマーフォーカスで高収益を実現するウェスタンアスレチック社の旗艦店。先見性のある立地選定とマーケティングや運営ノウハウが終結された”超優良クラブ”・・・(す、すごそうですね)ファミリーをターゲットにしていながら落ち着きのあるクラブだとか。そちらのクラブでランチをとったあとに向かったのは、ニューヨークではじまりユニークなコンセプトで成長してきたという「Crunch Fitness」。そして、1998年のIHRSA卓越したサービスアワード受賞、効率的な館内レイアウトとモダンなデザイン、サービスの質の高さが顧客にも評価されている「Club One」。3つのクラブを視察のあとは明日の『IHRSAトレードショー』(フィットネス関連の展示会では世界最大級の規模を誇るトレードショー)のセミナーに関する資料配布やコンベンション案内などしっかりと下準備タイム。本日の締めくくり、夜はサンフランシスコ湾に面したスタートラック社会長邸でのホームパーティです。すでに4日間で11もの刺激に満ちたクラブ視察をした後ですから、参加者の皆さんは遅くまでフィットネス話に花をさかせていらしたことでしょう。
[PR]
by fit_business | 2005-03-17 20:24 | 今日の編集部
毎日鮮度100%で
古屋さん岩井さんの出張中、編集部の植木たちを任されています在川です。

米国視察ツアーも3日目。2つのクラブ視察の合間には、プリコー社(アメリカで最大のフィットネス機器製造メーカーの1つ)がツアー参加者をランチにご招待。まさにフィットネスづくしなスケジュールですね。そして本日はさらに特別企画アリ!★フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方★の舞台、シアトルの魚市場『パイクプレイスマーケット』の見学があります。現地ではマーケットツアーとビジネスセミナーが行われる予定とか。「フィッシュ!」はもう読みましたか?”何かを楽しくさせる秘訣は、あっけないほど簡単”と魚市場の活気をヒントにした、仕事や生活をもっとハッピーにするノウハウとメッセージが詰まっている本です。なんて言っていますが私も実はまだ読んでいないので早速読んでみたいところです。うーん、現地で行われるセミナーレポートも楽しみ。
[PR]
by fit_business | 2005-03-16 19:45 | 今日の編集部