ブログトップ
<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
鍵を握る脇役
おひさしぶりです。岩井です。

 今日で7月も終わり。早いものです。ここのところ、フィットネスオンラインの新サービスが続々とオープン時期を迎え、コンピュータのモニタを覗き込んでいる間にいつの間にか夏になってたという感じです。先日オープンした「デザイン素材市場」に加え、もうすぐ求人情報や、ワークショップ・セミナー情報などが検索できる「キャリアアップ」サイトがオープンします。当初の予定より少し遅れてしまっているのですが、鋭意制作中です。どうぞご期待ください!

 さて、先週は取材週間で1日3つくらいのペースで取材をしました。次号掲載予定の「クレンリネス」に関する取材が多かったのですが、ティップネスさんやセントラルスポーツさんをはじめクラブ運営側の方々と、建築や設計・施行などをされている方々に、根ホリ葉ホリ床の素材とか、壁の素材とか、空調とかといったお話を聞きました。やはり水廻りはみなさんこだわりがあり、私も個人的に興味があって特に楽しんで話を聞いているのが「水切りスペース(脱衣室)」とロッカールーム。クラブでは脇役的なエリアですが、クラブの快適感の差がもろ感じられる部分です。

 取材を始めて以来またクラブ訪問が楽しくなりました。サイトの準備が一段落したら、またゆっくりクラブめぐりがしたいです。
[PR]
by fit_business | 2005-07-31 18:16
中小・ベンチャーよ、がんばろう
 こんにちは。編集長の古屋です。

 昨日は厚生労働省絡みのプロジェクト会議に参加した後、その足で博多に飛び、夜ビーラインの末光社長と春吉橋の屋台で一杯飲みました。そういえば、羽田空港で東京でビーラインを展開しているレックスの藤木社長にも偶然会いました。お互いにびっくりしました。そこでもビールをご馳走になりました。そして、今朝一番で、門司に入って、ベストスイミングスクールが新規開業したフィットネスクラブ門司のオープニングセレモニーに出させていただきました。施設はコンパクトでしたが、マーケットサイズに合っていて、アイテムのバランスもすごくよかったです。もちろん集客も好調で、既にBEPとなる会員数を越えています。同社は9月に上尾(埼玉)にも新店をオープンさせますが、こちらも集客は絶好調のようです。日本には中小・ベンチャーががんばれる場所がまだたくさんあります。この業に限って言えば、局地戦では企業の規模やクラブ数はそんなに関係ありません。マーケティング力の勝負になります。ベストスイミングスクールのように、中小・ベンチャーの方々、がんばりましょう。応援します。
[PR]
by fit_business | 2005-07-29 22:42
デザイン市場
 こんにちは。編集長の古屋です。

 みなさんのなかで、折込みチラシやパンフレット、ポスター、P・O・P、ホームページ、会報、社内報などをお作りになっている方はいますか?そのなかで使うデザイン素材の入手に困られた経験はありませんか?例えば、折込みチラシで使う高解像度の写真は、撮影するとなると数十万円のコストと時間、人手がかかります。レンタルポジを使うにしても1点につき4~7万円くらいかかります。広告代理店に頼んだとしても、この分のコストは制作費全体のどこかに含まれています。なんとか感じのいいイメージ写真をできるだけ低コストで入手できないだろうか?
 編集部はそんな広告宣伝・広報、あるいは各種の制作物の担当をしているスタッフの方々のお役に立ちたいと思い、あるサービスを作りました。名づけて「デザイン市場」。写真だけでなく、イラストや会報・社内報のフレーム、各種P・O・Pなどのデザイン素材を豊富に用意し、いつでもネット上からダウンロードしていただけるようにしました。おまけに、僕の作ったコピーライトもたくさん用意しました。(笑)素材は定期的に新しいものを加えていきます。(季節に関係するものは毎月変えます。)このサービスを月3千円(税別)で提供します。詳しくは、フィットネスオンラインのトップページにあるデザイン市場のバナーから入ってみてください。どんなデザイン素材があるのかもわかります。よろしくお願いします。
[PR]
by fit_business | 2005-07-25 17:39
はじめまして
はじめまして
高橋と申します。25日からフィットネスビジネスの編集部に正式にお世話になることになりました。「フィットネス」一言でいっても奥が深く、とまどうばかりですが、頑張っていきたいと思いますので、宜しくお願いします。


ところで、先日、日本一おいしいといわれるパン屋さんに行って参りました。
私は、実はパンに関してはうるさいです。身近に本格的なパンを焼く人がいまして、その方の焼くパンを食べてからというもの、そこらのパン屋さんのパンをおいしく感じなくなってしまったのです。なので、「日本一おいしい」といわれているらしいパン屋さんのパンを食べるまでその評判に対して、半信半疑でした。
しかし、食べてみて納得です。
他店のパン屋は少ない材料で、できるだけパンを大きく見せるようにつくっているためパンの生地がスカスカです。
一方この店のパンはとてもしっかりしていてモッチリ感があります。
いうなれば、最近はやっている「ピラティス」で鍛えられたインナーマッスルを蓄えたパン、というところでしょうか。
久々に本格的なパンを食べたなぁ、と感慨もひとしお。

教えてくださった方に感謝、です。
まだ行ったことが無い方もぜひ一度行ってみてください。

http://www.zopf.jp/
[PR]
by fit_business | 2005-07-20 19:02
アスクルモデル
 こんにちは。編集長の古屋です。
 
 先ほどまで、アスクルの岩田社長の話を聞いていて、今帰ってきたところです。そのビジネスモデルと企業内ベンチャーの立ち上げ~成長のプロセス、ビジネスマンとしての信条と会社の理念などについて、理路整然と話をされて、とてもわかりやすかったですし、参考にもなりました。残念ながら、書かなければいけない原稿などがあって、懇親会には参加できませんでした。エージェント(販売店)政策について具体的に聞けなかったことが残念でなりません。僕は、恐らくここが、アスクルの強みのひとつになっているように思えます。アスクルのエージェントはテリトリー(地域)制を採っていないのです。例えば、僕の会社は渋谷にありますが、そのエージェントはなんと九州にある会社なんです。僕の会社を顧客にする権利を恐らく入札のようなかたちでそのエージェントが買ったのでしょう。顧客開拓・獲得に相応の努力をしたエージェントが儲かって、それをしないエージェントは儲からない、あるいはそればかりか淘汰(エージェントチェンジ)されてしまうのかなと思います。でも真偽のほどはわかりません。が、フィットネスビジネスでもアスクルモデルを参考にいくつかビジネスモデルが考えられます。ひとつ実際にやってみたいと思います。実戦で学ぶのが一番勉強にもなるし、何より時間効率がいいと思うからです。
[PR]
by fit_business | 2005-07-13 22:17
えー、解散しちゃうの?
ひさびさに登場の岩井です。

 わたしたちが創業間もなく(といっても今もそうですが)、土日もなく働いていると、決まって土曜日に聞こえてくる歌声がありました。サンフラワーズガーデンという、当時路上ライブを1年間毎日やるといって、本当にそれをやり遂げたグループの歌声でした。日本中を回って土曜日は渋谷に。ちょうど事務所の近くで歌ってくれていたこともあって、いつも土曜日はその歌声に癒されたり、励まされたり。
 そのグループのメンバーはいつも一生懸命で。歌声も毎日歌っているのだから時々声がかれていたりもするのですが、その気持ちというか情熱に、いつも感動を貰っていました。セカンドシングルを出すための条件として、ライブの動員数やそれまでのファーストシングルの売り上げ数のノルマがあって、それも自分のことのようにハラハラしながら見ていたものです。そのライブで最終的にそれが達成された時を一緒に過ごしたこともいい思い出。
 そのグループがこの7月18日にラストライブを迎えます。私たちより全然若いメンバーたちなので、またこれからそれぞれの道を歩んでいくのでしょう。少し寂しい気もしますが、ここは応援しないと。
 人生の中でいろんな出逢いや別れがあるけれど、だからこそ、一緒にがんばれる今を大事にしたいと感じます。一緒に何かに向かって頑張る時期を過ごせたことに感謝しながらみんなの将来を応援したいと思います。それぞれのフィールドでこれからも、これまで同様一緒に頑張れる仲間でいたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2005-07-07 23:11 | 今日の編集部
カーブス1号店の開業
 こんにちは。編集長の古屋です。                                                                                                 今日はカーブスの日本、というよりアジア1号店の記者発表会に行ってきました。少し広めのスペースということもあって空間的にはよい印象を持ちました。立地もいいと思います。店長もガッツがありそうな方にみえました。僕の感覚では、頑張り次第で、350名くらいの会員さんは集められると思いました。なんとか達成して欲しいと思います。そして、夕方からは、日本フィットネスヨーガ協会さんにお邪魔しました。こちらもヨガブームの好影響を受けてとても業績がよさそうです。こうした業態が上手くいくと、この業界は伸びると思います。 新しい参加者と若手の経営者が増えるからです。ぜひ頑張って欲しいと思います。  
 
[PR]
by fit_business | 2005-07-01 23:36