ブログトップ
<   2006年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
政治と私情
 こんにちは。編集長の古屋です。

 編集をしていると、たまに外から圧力がかかることがあります。政治と私情から内容の変更が求められることがあるのです。広告主からというのではありません。むしろ広告主と読者、取材先に報いるために、苦渋の決断を強いられることもあります。私は意見は多様であってよいと思います。お互いに違いを認め合う器量が必要じゃないかと思います。デリケートな問題なので、ここまでで筆を置きます。
[PR]
by fit_business | 2006-02-27 22:49 | 今日の編集部
金メダル
タナベです。
こんにちは。

 金メダルのうれしいニュースが日本中を駆け抜けた日にブログ当番なんてうれしいですねー。ということで荒川選手、おめでとうございます!
 今日は5:30に起きて、家族ともどもずっとテレビの前に釘付けでした。そしてテレビの前で朝から目を潤ませていました。
 ここぞというところで金メダルを取りのがしているコーエン、お母さんの看病と自身の病気と向き合いながらも頂点に立つスルツカヤ、一度はスケートを辞めようとしていた荒川、だれよりもスケートにストイックな村主、そして18歳ながら今回いちばん人の目を集め、それと戦った安藤。選手の裏側の報道も、今回ひときわ多かったように思います。それだけに、だれにも勝ってほしい思いでした。

 そういえば小さい頃、テレビで見る人というのは、そういう人なんだと思っていました。あらかじめそういうポジションが与えられていて、そこに苦労なくはまっていって、お金もいっぱい稼いで。でも、そうじゃないんですよね。別に特別な人じゃなくて、同じチャンスを持ったこの世のなかで、その場所に行こうと努力した人なんだ。それに気づいたのはかなり後のことでした。
 自分もそんなことを考えていた頃から比べたら大人になり、そして今回はまた選手の素顔の報道をよく耳にしていたということもあり、そんなことをふっと思い出しました。そして、改めてすごいなぁと思いました。

 本当におめでとうございます!
[PR]
by fit_business | 2006-02-25 02:16 | 今日の編集部
せひお試しください。(岩盤浴)
おはようございます。高橋です。

このところ何回か体験した岩盤浴。大量の汗をかくことでダイエットやデトックス(毒素排出)効果があるといわれています。
数回しかいったことがないので、その効果の程はわかりませんが、最近気がついたことがあります。
年齢を重ねるごとにふとした瞬間に感じるようになっていた「おばさん臭」。岩盤浴に通うになってからそれがなくなったのです。むしろ私のカラダから良い香りがほのかに香るような気がするようなしないような・・・・。
もしかして、これがいわゆる「デトックス」なのでしょうか。

「また高橋がアホなことを言っているよ」

そう思われた方は、是非岩盤浴をお試しになって、その効果を実感してみてください。
[PR]
by fit_business | 2006-02-24 09:05 | 今日の編集部
パワーフィット
筋肉痛の岩井です。

週末、アスリエさんで「パワーフィット」を体験してきました。

パワーフィットは今春日本に本格導入になるバーベル系グループエクササイズで、アルゼンチンに本拠をおく「ラディカルフィットネス」という団体が世界に向けて発信しているプログラムの一つ。もともとボディーパンプやボディーコンバットなどのプログラムの制作にも携わっていた人がプログラミングしているため、クラスの雰囲気、音楽の使い方などはとても似ています。

日本では先行して昨年12月から「スポーツスパ アスリエ」の各店で導入されているので、いち早く体験できます。

クラスの構成については、少しマニアックなコメントになりますが、ボディーパンプは身体の部位ごとに1曲ずつ使って、大きい筋肉→小さい筋肉へと順に進めていくセット法といった感じですが、パワーフィットはどちらかというとサーキット方式。1曲で3つの筋肉を使います。3つの動きを1セットにして、それを3セット行い、重りの調節も曲の途中で1セット終わるごとに促されます。1曲目はバイセプス、トライセプス、ランジ。2曲目はベントロウ、スクワット、ベンチプレス、3曲目は腕立て臥せ、お尻、腹筋といった感じで組み合わされています。

ボディーパンプに比べて一つの部位にかかるストレス感がないので、個人的にはなかなか好きなクラスでした。また、1曲で同じことを3セットやるので、3セット目は安心して重めのおもりをセットできて追い込めます。

ということで、ひさしぶりのバーベル系クラスなのに思いっきり追い込めて、お蔭で筋肉痛がひどいのでした。
[PR]
by fit_business | 2006-02-22 08:57 | 今日の編集部
アロマ
 こんにちは。編集長の古屋です。

 今日は、一日ずっと編集部にいて、3月25日発行号の校正をしていました。途中、3社のマーケティングを担当されている方の訪問を受けました。そのうちの1社、アース・スタジオさんは、フィットネスクラブに「香り」を届けている会社です。これからの時代、顧客に選ばれ、愛され続けるクラブになるためには、単に快適な環境くらいではダメで、驚くくらい快適な環境を演出できないといけないと思います。それには1つの予め設定したブランドコンセプトなり、クラブコンセプトに基づき五感に訴求する空間のトータルコーディネイトが必要で、そこでは当然「香り」も大事な要素になってきます。例えば、クラブの場合、サウナにヒノキやフィトンチッドの香りを漂わせたり、マッサージチェアを並べたリラクセーションルームでは睡眠を誘導するような香りを漂わせたり、あるいはストレスがたまりがちなスタジオのウェイティングエリアやくさい臭いがこもりがちな脱衣スペースなどのウェットとドライが交錯するエリア等には爽快なペパーミントや柑橘系の香りを漂わせたりといったことが求められるのではないでしょうか。ディフューザーとアロマを上手く活用することで、クラブが「立体化」し、顧客にとってのエクスペリエンス(経験価値)が高められるような気がします。スタジオやプールでのエクササイズに使ってもおもしろそうですね。
[PR]
by fit_business | 2006-02-20 22:11 | 今日の編集部
オリンピック
田辺です、こんばんは

みなさん、見てますか?朝3時~オリンピック。
僕はさすがにその体力はないですが、ここんところ
家をでるまえにちょこっと見れる”LIVE”なオリンピックが
毎日の小さな楽しみです。

今回はいまのところ、メダルのニュースはありませんが、
僕にとっては見所がいつもより多いオリンピックに思えます。

と、いうのも、Yahoo!やgoo、話題のLivedoorといったサイトが
配信するプロのライターの特集記事が、今回やたらと面白いんです。
競技の次の日には、その競技の裏側から、競技者の裏での顔まで
あざやかに書かれていて、ぜひオリンピックライターにもメダルをあげたい気分。

とはいうものの、やっぱりメダルは欲しい!
ということで、日本選手団のみなさん、頑張ってください!

ちなみに僕は、加藤条治選手と村主章枝選手が好きです。
[PR]
by fit_business | 2006-02-17 23:03 | 今日の編集部
ちょっと予告
またしてもアップアップの高橋です。


仕事柄、いろいろな方に会う機会に恵まれます。昨日はセントラルスポーツ株式会社初、女性支配人となられる神宿さんにお会いしてきました。お会いするのは2度目だったのですが、会うたびに神宿さんのパワーに圧倒されます。この方についていけば私でも大丈夫、という安心感が感じられるのです。
人の上に立つ方々の苦労ははかりしれないものがあると思いますが、そのようなものは微塵も感じさせないお人柄にただただ感服して帰ってきました。

予告です。次号『フィットネスビジネス』誌では、神宿さんについて書かせていただくことになっています。神宿さんのパワーをこっそりといただいて、今日も次号の発行を前に山盛りとなった仕事を切り崩していこうと思います。
[PR]
by fit_business | 2006-02-17 08:52 | 取材日記
NEXTへの思い
走ってます、岩井です。

『フィットネスビジネスNEXT』のアイデアは昨年末生まれました。
ティップネスの上野さんと山下さんに、FOLキャリアアップサイトのご説明にお伺いした際に、両名から「これからインストラクターやトレーナーの方の高い技術や指導力が改めて評価され、必要とされる時代になる。ただ、その力を存分に発揮して貰うためには、クラブも個人事業主であるインストラクターの方々とビジネスパートナーとしての関係をつくりたい。そのために、クラブはビジョンや方針を明確に示すかわりに、インストラクターの方々にもビジネスパーソンとしての資質やスキルを持ってその実現に積極的に参画して欲しい」といったお話をいただきました。

「ようやくインストラクターやトレーナーの時代が来る!」と思いました。クラブだけではありません。クラブをとりまく環境の変化の中で、介護予防の世界や、フィットネス業やその周辺業の企業や新規参入されようとする組織や企業も、安全で楽しく効果的な運動が提供できる人材やそのノウハウを求めています。そうしたニーズに相応にコミュニケートしていくことで、活躍の場が大きく広がる可能性が出てきていることをひしひしと感じます。

これまで「運動の楽しさを伝えたい」とクラブ業界に就職したりインストラクターになったのに、その仕事を存分には追求しにくい時代が長くありました。でも、いよいよその仕事が認められ、食べていける環境がつくれるチャンスが来ている気がしてなりません。

私はインストラクターだった時代、自分たちが頑張ればクラブの経営状況だって良くなると信じていました。そう主張するインストラクター上がりの私に、古屋さんは『いくらインストラクターが頑張っても、経営の基本ができていなければ改善できる部分は残念ながら微々たるもの。まず経営者がきちんと利益が出せる基本を備えたクラブづくりをしないとインストラクターの頑張りが生きてこない。だから今は経営者にメッセージを伝えることが重要なんだ』と諭されたことを覚えています。

近年、クラブ経営の基本をふまえた素晴らしいクラブがたくさんつくられるようになってきています。いよいよインストラクターやトレーナーの出番です。メンバーの方々、運動に参加される方々に、その楽しさや効果が出るおもしろさを存分に伝え続けられる環境ができつつある。その動きに弾みをつけたいというのが私たちのNEXTへの思い。自分が信じたこの素晴らしい仕事の本当の価値を形にできたら。そのためにはインストラクターやトレーナーの方々がビジネス力を付けることが今とても必要で、そこに私たちが何かできるかもしれないと思ったのです。

フィットネスの仕事に価値を感じて頑張っている人がチャンスを掴んでいくことに一緒にチャレンジしたい。NEXT時代を一緒に創れたら、と熱く思います。思いが大きい分、自分の能力不足が不安ですが、たくさんの方々にご協力をいただきながら、役に立てるキャリアアップマガジンを創っていきたいと心から思います。どうぞ今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by fit_business | 2006-02-14 23:06 | 今日の編集部
新しい専門誌を創刊します
 皆さん、こんにちは。編集長の古屋です。

 明日は、先日大阪で開催したFIAのコンベンションの東京バージョンがあって、編集部を空けることになりますので、今日のうちに一筆認めておくことにします。                                                                              皆さんに、ご報告があります。私どもフィットネスビジネス編集部は、もう1誌新しい専門誌を、来月創刊することを決めました。業界のインストラクター・トレーナーのキャリアアップを支援する隔月刊の専門誌です。ビジネス的な切り口から、どうしたらキャリアアップできるのかを具体的に示し、インストラクター・トレーナーの地位向上に務めます。今までにない専門誌になります。フリーペーパー、つまり無料誌にして、できるだけ多くの方々のところに配布します。ウェブとも連動させます。もちろん業界最大の媒体になります。いや、それだけでなく最高に業界の発展に寄与する媒体にします。皆さんのお手元にもきっと様々なところから届くことになるかと思います。3月25日、私たちの「本気」をみてください。その名は『フィットネスビジネス ネクスト』。「次へ」の強い意志を込めています。がんばりますので、どうぞご支援・ご協力宜しくお願いします。
[PR]
by fit_business | 2006-02-12 14:26 | 今日の編集部
すごい解決


こんにちは、田辺です。
今日、これを買いました。その名も『すごい解決』
パスポートくらいの厚さしかないのに1,400円もするので、レジに持って行くのにいささか逡巡したのですが、このなかにある問題解決カードが使ってみたくて、奮発しました。解決しないといけない問題がありがたいことにけっこう沢山あるので、このカードでささっと解決の方向に導いてしまいたいと思います。
ちなみにこの、問題解決カード、もちろん詳細は明かせないですが、どういうものかといえば、問題点を書き出しその解決方法を自ら導き出すためのパイロットをしてくれるというもの。決して「こうすれば解決します」というようなアドバイスが書いてあるわけではありません。あくまで、解決方法を見つけるのは、自分自身です。
明日早速、ひとつ目の解決したい問題を、このカードに書き出してみます。
その問題はなにかっていうのは秘密。
もし、ホントに無事解決したら、ご報告しますので、おたのしみに。
[PR]
by fit_business | 2006-02-11 02:20 | 今日の編集部