ブログトップ
<   2006年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
ハードトレーニング
こんばんは。岩井です。

前回、スロートレーニングの話をしましたが、今朝もまたパーソナルトレーニング受けました。
スロートレーニングというようり私のメニューはハードトレーニングです。キツイです。でも、それが終わってみると爽快です。

ウォーミングアップで心拍数170まで持っていってからインターバル30秒のウェイトトレーニングをしました。カウンセリングの時に「私は心理的限界が低いから、少しぐらい苦しそうでも、追い込んじゃってください」とお願いしたのがすっかり裏目に出ました。実際やられると「なんで、こんな苦しい思いしなくちゃならないの」という感じです。

でも、それはそれでいい体験。この年になると、自分を追い込んでくれる人はそうそういませんから。ひさびさに限界に挑戦してる感じで、学生時代のようにまた少し心身ともに成長できるといいなと思います。

シェイプアップのためには食事制限は欠かせない、というのが私のこれまでの定説ですが、今回はトレーニングだけでも、結構身体がつくれそうな気がしています。目標体脂肪率19%。今年はそこまで少しくらいキツくても、何としても頑張りたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2006-04-28 00:31 | 今日の編集部
健康診断
 こんにちは。編集長の古屋です。

 今週は年に1回の健康診断がありました。昨年もお世話になった会社近くのセントラル病院で行いました。診断の結果を、健診終了後すぐに医師が、レントゲン写真やデータとともにとても詳しく解説してくれます。ドキッとする瞬間でもあるのですが、幸いにも今年もどこも悪いところがなかったばかりか、尿酸値などは良くなっていました。フィットネスの成果でしょうか?でも、私がこの結果を知って一番最初に思ったのは、「ああ、また1年間おいしく酒が飲めるぞ」ということでした。皆さんも、特に40歳以降の方は、健康診断を受けて、安心して生活できるようにしましょう。                                                                                       
[PR]
by fit_business | 2006-04-26 17:36 | 今日の編集部
ビクラムヨガを初体験
田辺です。おはようございます。

このあいだの日曜日、朝から下北沢で
ビクラムヨガ」を体験してきました。

僕が行ったのは、日曜の朝10:30からのプログラムだったのですが
予約が取れたのもギリギリで、オープン直後の10:00ちょっと過ぎに
スタジオに到着しすると、すでに人がいっぱいいました。
さすが、人気ですね。

バスタオル2本とフェイスタオル、それと1リットルの水を受け取り、
短パンとタンクトップに着替えて、ワクワクしながら、いざスタジオへ。

ドアを開けた瞬間、むわっとおそう熱気と湿気。
ビクラムヨガは、ヨガ発祥の地インドの気候に合わせて、
気温40度、湿度50%という室内で行ういわゆる「ホットヨガ」の元祖です。
って、僕がいうまでもなく皆さんご存じですよね。笑

参加者はさすがに女性の方がほとんどで、
男性は僕と、僕の友人を含む5人でした。
が、レッスンが始まると、そんなことはどうでもよくって、
とにかくいっぱいいっぱいでした。もう大変。

最初の4ポーズは、ウォーミングアップのウォーミングアップみたいなもので、
からだを柔らかくし、呼吸を整えるものだったのですが、
にょきっと手を伸ばしているだけで、けっこうしんどい。
最初の10分で、さっそくヘトヘトになってしまいました。

その後、「そんなのムリ!」と叫びたくなるようなポーズのてんこ盛りで、
汗びっしょり、顔を真っ赤にしながら、やっとのことでついていきました。
が、プログラムの半分を過ぎる頃には、不思議とおだやかな気持ちになり、
静かな気持ちで、黙々と自分で出来るギリギリに挑戦してました。

道具を使うわけでもなく、ただ自分の身体を伸ばしたり縮めたりして、
ポーズを作るだけなのに、こんなに大変だとは。
特に僕は足腰が弱く、かつとても身体が固いことがよくわかりました。
メンテナンスひとつでもっといい動きができるはずの身体を、
粗末に扱っている証拠。反省ですね。

それにしても、女性陣はスゴイです。
みなさん、しらっとした顔で淡々とポージングに励んでいらっしゃる。
それに対して、男子。
僕を含めて、最後までギブアップせずにやり遂げた人は、
一人もいなかった!
まぁ「ムリせず、自分のベストでオッケーです」ということではありますが、
ちょっと情けないかも…。

90分のプログラムが終わり、スタジオの外にでたときに吸った空気は、
いままで感じたことのないようなさわやかさで、気持ちよかったです。

レッスン後は下北沢をぷらぷら歩いて、心ものんびりリラックス。
家に帰ってからもずっとからだがポカポカしていて、これはホントに身体によさそうです。
家が近所だったら、ぜひ定期的にやりたいのですが、
千葉県に出店予定はないのでしょうか。新浦安あたりオススメなんですが>ワウディーさん

現在、体験キャンペーンを展開されているようなので、
興味のある方は是非。
[PR]
by fit_business | 2006-04-26 08:58 | 取材日記
【FOLキャリアアップEXPRESS】はじめました
おはようございます。高橋です。

3月25日にインストラクター・トレーナー向けのキャリアップマガジン、『フィットネスビジネスNEXT』が創刊されました。おかげさまで大きな反響をいただき年間購読のお申し込み、お問い合わせが続々と編集部に寄せられています。

そしてこのたび『NEXT』の創刊にあわせてインストラクター・トレーナー向けのメールマガジン、【FOLキャリアアップEXPRESS】の配信を始めました。
配信日は毎月10日、24日です。
現在のコンテンツは、
[1]連載コラム「インストラクターズ ドリーム」
[2]PICK UP:注目求人情報
[3]業界最新ニュース
が主な内容となっています。

コラムは10日は水科江利子さん、24日は、鈴木 孝一さんが担当されます。

今後更なる内容の充実を図っていきますので、ご意見ご要望がございましたらどしどし編集部までお寄せください。

まだメールマガジン配信にご登録いただいていない方、ご登録はコチラからどうぞ。


      
[PR]
by fit_business | 2006-04-25 09:03 | 今日の編集部
スロートレーニング
今日は休肝日の岩井です。

 明日は生活習慣病予防健診で、年に1度(?)の休肝日。 早めに眠れるように、今日はハードトレーニングをしてきました。一度やってみたいと思っていたスロートレーニングに挑戦。渋谷のティップネスさんにストロングスさんのパーソナルトレーナーが入っているので、お願いしてみました。
 スロートレーニングというのは、ウェイトトレーニングをゆっくり行うことで、筋肉に長い秒数負荷をかけるトレーニング方法。軽いウェイトでも筋肉に確実に刺激を入れられるし、筋肉が収縮を続ける時間が長い分、消費エネルギーも高いという考え方。軽いウェイトで消費カロリーがかせげるというのは女性にも嬉しいトレーニング法ですネ。負荷が軽めで関節を丁寧に動かすので、関節や筋肉への無理な負担がなく怪我も防げるとのことでした。
 ただ、私の要望は夏に向けてのシェイプアップ。普段のフィットネスのおかげで基礎体力があるので、前半はサーキットトレーニングでテンポも早くキツかった。。。ウォーミングアップで心拍数を150まであげてから、踏み台昇降のようなステップアップ・ダウン30回、ランジ15回ずつを2種類、スクワット20回をインターバルなしで続けるんです。きついのは最後のスクワット。もう太腿も体幹部も疲れてプルプルと震えているのに、そこからゆっくりきちんと動かすことを促されるんです。一番きついところで話題のスロートレーニングがきたぁと思いました。ゆっくり動くというのはこんなにもキツイものかと実感。普段キツくなると、反動をつけたり、いい加減に最後の数回をやって逃げていたことが良く分かります。

 トレーニングにも性格が出るのでしょう。普段の仕事やその他のことも、最後の追い込み、最後の仕上げを丁寧にやろうと反省したのでした。これから次号の入稿仕上げもガンバリマス。
 今年は、スロートレーニングで夏のカラダを目指します。
 
[PR]
by fit_business | 2006-04-23 20:22
FIA理事会
 皆さん、こんにちは。編集長の古屋です。

 今日は、午後から日本フィットネス産業協会の理事会がありました。20数名の業界リーダーが「私」ではなく、「公」の立場で業界と日本の発展について考え、建設的な議論を行い、具体的にすること、すべきことを決めていきます。基本的に理事会は2ヶ月に1回のペースで開催されます。                                                                                                                                                                              さて、その理事会から帰って、次号の特集の取材をさせていただいた方々に初校を、今まさに送ろうとしているところです。特集は「戦略的リノベーション」。このタイトルから皆さんはどんなことを想像されるでしょうか?時代の変化にとり残され、ダウントレンドが止まらなくなってしまっているクラブへの処方箋を多角的に取材して詳解しています。大胆な改築事例が載っています。皆さんのお手元に届くのはまだ1ヶ月先ですが楽しみにしていてください。それから明日は、FIAで私が担当しています業際交流会があります。セミナータイトルは「ディズニーに学ぶ、感動のつくり方」。講師はベストセラー『社会人として大切なことはディズニーランドで教わった』の著者、香取貴信さんです。きっとフィットネスクラブ運営にも役立つヒントが得られるはずです。弘済会館(麹町)で3時から行いますので、もしご興味のある方はいらしてください。お申し込み・詳しいお問い合わせはFIA(TEL03-5207-6107)までお願いします。
[PR]
by fit_business | 2006-04-20 19:12 | 今日の編集部
にほひをこせよ
 田辺です、こんにちは。
 ズボラを人間にしたような私ですが、このところ、わりと夜おそくまで会社に居ることが多いです。雑誌の追い込みの時期なのです。タスケテー

 遅く帰った夜のお楽しみはビール!じゃなくてお風呂です。
 コリッコリに肩を凝らせて、ギチギチの満員電車に揺られて家に帰ると、体中の全細胞が訴えかけます。「俺らを風呂に入れろ!」と。
 お風呂のなにが好きかといえば、入浴剤とか石鹸の匂い。いい香りをかぐと、一気にカラダがリラックスします。そんな癒しを求める男子は僕だけじゃないのか、いい匂いの石鹸を求めて文化村通りのLUSHに行くと、たいていメンズを発見します。もう女子だけには独占させないぜ。

 先日、本誌にも広告をお出し頂いているair aromaさんがショウルームをオープンされたということで、さっそくお邪魔してきたのですが、シンプルで洗練されたディスプレイと、ショウルーム全体をつつむいい香りがとても印象的でした。あまりよく知らなかったのですが、アロマテラピーは、テラピーの名のとおり、匂いによってカラダに様々な影響をもたらすのですね。

 学生時代にアルバイトしていたシネコンでも、「ポップコーンの匂い」を劇場内の演出の大事な要素としていましたし、最近ではエキナカというと、あまーいシュークリームやスイートポテトの匂いが漂っていて、幸せな気分になってしまいます。

 そんなわけで、身の回りの「匂い環境」は、意外と侮れない。自分の部屋や、机まわりでも、いろいろ香りに工夫を加えて、常にしゃっきりシャープな頭でいたいなーなんて思います。
[PR]
by fit_business | 2006-04-19 17:46 | 取材日記
人に喜んでもらうこと
おはようございます。高橋です。

昨夜自宅に帰ったら、テーブルの上に夕飯の「たけのこごはん」が残っていました。
帰宅時間はいろいろあって午前一時。食事をするにはもっとも不適切な時間だということはよ~くわかっているのですがせっかく残されていた目の前の誘惑には勝てずに、すべていただきました。

たけのこごはんは高橋家の春の食卓にはかかせない一品です。
母が半日かけてアクとりをし、薄く薄くスライスしてごはんとともに炊き込みます。それは時間と手間がかかる作業です。その結果甘いけれど渋みのあるおいしいたけのこご飯になります。

あんなに手間がかかっているにしては、何もしないで指をくわえて待っているだけの家族がいつもあっとういう間に食べてしまうのですが、そんな時ほど母はとても嬉しそうにします。人に喜んでもらうことが生来とても好きな人なのです。

遅く帰ってくる私のためにゴハンを残しておいてくれる(こともある)母に感謝しつつ、人に喜んでもらうことって簡単にはいかないことだな、とほんのり渋いたけのこを食べながら思いました。
[PR]
by fit_business | 2006-04-19 08:59 | 今日の編集部
介護予防
こんばんは。岩井です。

今日は、セントラルスポーツで介護予防の指導者育成にたずさわれている坂倉さんにお話をお伺いしました。(詳細は次号NEXTにて!)

坂倉さん曰く、介護予防の世界では、まだまだ運動の指導者が不足しているとのこと。特に、一度インストラクターをして、子育てなどで一線を離れていた方には、ぜひ、この分野で戻ってきて欲しいとのこと。高齢者の方との対応は、やはり体力よりも人間性。フィットネスインストラクションの技術に加え、人生経験を積んだ方々が、活躍できる場所が今どんどんできているとのことでした。

実は、私もインストラクター時代、運動を本当に必要としている方にフィットネスの良さを伝えることがしたい、という思いを持っていて、人生で初めて書いた企画書が「老人ホームへのフィットネス設備・機能の付設」。そのプランで「目指せ!店頭公開セミナー」などに参加していたのです。今見たらとても稚拙な企画書のはずですが、今に何か通じていることがあることは、とても興味深く思います。

その他にも、若い時分に描いていた夢や、「こうなったらいいのに」と思う世界が、必ずしも自分が直接関わっていなくても、少しずつ現実になってくるのは、とても嬉しいことです。とにかく夢に描くこと、想像してみること、真摯にそれを目指すことが現実に繋がるのかも、と思える今日この頃です。
[PR]
by fit_business | 2006-04-18 01:26 | 今日の編集部
人間性と基礎的能力
 皆さん、こんにちは。

 今日は土曜日というのに全社員が出勤しています。先ほどまで、お客さまも来ていました。これじゃあ普段と変わらないじゃないか、そう思いました。そうです。編集部は記事を仕上げる時期に突入したんです。偶数月の15日からの3週間ほどはむちゃくちゃな忙しさになります。どんどん記事を書き上げて次々レイアウターさんに渡していくんです。次の記事を書いていると、初校の原稿があがってきます。それをチェックしつつ、ひたすら新しい記事を書いては送り書いては送りしていると、今度は、初校と一緒に2校も送られてきて、そうこうしているうちに、今度は次次号の企画やら、取材依頼やら、はたまたまったく関係のない仕事が舞い込んできたりして、多忙の極みを迎えます。私はプロフェッショナルなので、どうってことありませんが、新入社員はちょっとばかりたいへんかもしれません。しかし、高い志と目的意識があれば、君たちだって大丈夫。でも、まずは安心して取材を任せて貰える人間性と基礎的能力を身につけよう。いつになっても、何をやるときにもこれはとても大切なものであるし、これは歳をとってからでは身につかない。今しかない。人間性を磨き、基礎的能力を身につける努力をしよう。
[PR]
by fit_business | 2006-04-15 16:25 | 今日の編集部