ブログトップ
<   2007年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
サミット・トレーナー
 こんにちは。編集長の古屋です。

 昨日は、ライフ・フィットネス・ジャパンのパーティーに招かれ、出席しました。パーティーでは、新製品の「サミット・トレーナー」がリリースされました。トレッキングするような動きのマシンで5パターンのトレーニングができます。最近は各メーカーがよくカーディオ系の新しいマシンを開発しています。クラブにとっては、とてもいいことなのではないでしょうか。カーディオ系のトレーニングは慣れてくると、もっとバリエーションや強度が欲しくなりますから、メンバーもこの動きは歓迎するはずです。メンバーが喜ぶこうした変化対応をクラブはこれからはもっと頻繁にやっていくことが求められていると思います。マシンの追加や入れ替えは、そうした変化対応の一つではないでしょうか。他にも、メンバーのニーズ・ウォンツを実現する取り組みを次々としていかなくてはいけない時代になりましたね。
 さて、最近カンツォーネ風の歌をよく聞きます。秋川雅史やサラ・ブライトマンなどです。彼ら・彼女らが人気を得ている背景には何があるのでしょうか?癒しを求める気持ちなのではないでしょうか。みんながんばっているし、疲れているから、プライベートな時間には、自分に栄養を与えるように、先のような歌を聴きたいと思うのではないでしょうか。フィットネスクラブにももう少し癒しが必要だと思います。アクティブ一辺倒では、より多くのニーズ・ウォンツを満たせず、結局総在籍者数を減少させることになってしまうと思います。
[PR]
by fit_business | 2007-01-30 13:22 | 今日の編集部
あるある?ないない?
 こんばんは、久しぶりにネットオークションでたんまりと
衝動買いをしてしまった菅沼です。

 最近世間をお騒がせしている「発掘!あるある大事典II」
のデータ捏造問題。ひとつの情報番組がここまで騒がれている反面、
「みんな情報に踊らされすぎじゃない?」と思う自分がいる。

というのも新聞、テレビ、ラジオ、そしてインターネットや携帯電話
あらゆる方面から様々な情報が飛び交う現代。
そんな世の中で本当に正しい情報を手に入れるのは
かなり困難な事だと思う。

 その物や土地に触れなくてもも容易に知りたいものに対する情報が
手に入る現代。
自分が知らない物事に対してはどうしても情報を容易に信用しがちになって
しまう事があると思うが、はじめは「そうなのか?」と思うぐらいにとどめ、
様々な方面角度から情報を収集し、自分なりに吟味してから
結論を出しても遅くないような気がする。
なんせ情報があふれているご時勢なのだから。

 こんな事を書いておきながら現在自分はインターネットショップで
様々な商品を皆様に紹介、提供している。いわば、情報を提供する側なのだ。
今回の問題では情報を提供する側にはそのものに対する正しい情報を伝える
義務、責任があることを改めて感じさせられた。
 その事を肝に銘じこれからもユーザー様のニーズに応え、
実際に商品に触れたり、メーカーさんに商品に対する情報をより多く聞き、
よい商品を、数多く取り揃えていきたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2007-01-30 01:41 | ショップ日記
体験レポート
こんにちは。ショップ担当の大村です。

[HORIZON FITNESS]の【Ti Entertainment】と【Space saver】を試乗してきましたので、レポートします。

金曜日の夜、ジョンソンヘルステックジャパンの担当者から電話があり、「週末、池袋西武にトレッドミルを展示してある」という話をお聞きしたので、土曜日に池袋へ行ってきました。


売り場には、商品の案内するスタッフが二人。お客さまの質問に対して、丁寧に応対してくれました。僕もお客さまと一緒に、実際に乗ってみました。普段走り慣れていないトレッドミルですが、スタッフの案内を聞きながら何とか走ってみました。

最初に走ったのは、軽量・折りたたみ式【Space saver】。
操作は簡単、スタートボタンを押して、動き出すだけ。スピードは上下のボタン操作、0.1km/h刻みでアップダウンできるので、非常に簡単にエクササイズできます。初心者の私でも、簡単に使えることができました。特長の収納ですが、簡単にたためて、非常にコンパクト。女性でもキャスターを使って簡単に移動ができました。置く場所に困らないのは、非常に魅力的ですね。

続いては、エンターテイメント機能搭載の【Ti Entertainment】。
エンターテイメント機能があるので、楽しみながらできるのは、魅力的です。今回もDVDを見ながら走りました。実際はテレビがついているので、楽しみの幅が広がります。
コンソール前面に全てのボタンがついているので、操作が簡単。スタートボタンを押すだけ。速度の変更は、1km/h刻みのボタン一つ、0.1km/h刻みで微調整も可能です。傾斜もボタン一つ。走りながら簡単に操作できます。

わずか数分の運動でしたが、普段の運動量が少ない私にとっては、いい運動になりました。これまでの家庭用フットネスマシンにない魅力が満載のこの商品。普段フィットネスジムに通っている方にも、魅力的な商品だと思いますよ。


これまで、なかなか商品を使うことができませんでしたが、機会があれば、実際に商品を使って、その魅力をレポートしていきたいです。
[PR]
by fit_business | 2007-01-28 21:47 | ショップ日記
1キロの重さ
こんばんは。平井です。

今日、山手線に乗っていたら、男性2人の会話が聞こえてきました。

「どうしよう。オレ、特異体質かも」
「なんで?」
「昨日体重はかったら108キロでさ、去年120キロだったのに、
 何もしてないのに12キロも痩せちゃった」
「・・・。(無言)」

一瞬、分かりにくいのですが、よく考えるとすごいような気がします。

厚生労働省の副大臣2人が「メタボ退治」に取り組んでいるのをご存知ですか?
昨年の12月から始まった取り組みは、半年で体重5~6キロ、腹囲5~6センチ減少を目指すもので、その経過が厚生労働省のホームページで公開されています。少しずつ成果が出てきているようですが、たとえ1キロでも、体重を減らすことの苦労が伝わってきます。軽い油断でついた1キロは、落とそうとする時にはずっしりと重いものです。「何もしていないのに・・・」というわけには行きません。
保健師や管理栄養士のバックアップを受け、目標値とそれを達成するための具体的な取り組みを決めて、結果を公表してフィードバック、という流れはとても理想的な気がします(フィットネスクラブで運動したら、もっとよさそうですが)。
妙に経過が気になってたまにチェックを入れるたび、私も寒さと忙しさのせいにしてなまってきた体をなんとかしなきゃ、と思います。
[PR]
by fit_business | 2007-01-26 01:52 | 今日の編集部
秋刀魚が「冬」刀魚になる日
おはようございます、風邪のため一日ブログをお休みしました高橋です。

毎朝通る道の街路樹が完全に紅葉することなく、みすぼらしい姿をさらしているかと思えば、梅の花が開花して、側を通る人の目を楽しませてくれています。季節はずれのこの光景は、みな温暖化、暖冬の影響なのだそうです。毎日がそれなりに寒いので「温暖化」のことをあまり意識することはありませんが、日本列島の四季のうつろいは明らかに異変をきたしています。もちろんこの異変は日本列島だけでなく地球規模のもので、将来のことを考えると何もしないでいるのはどうか、と思います。かといって支持率の落ちた政権が人気とりのために政策の上位に「温暖化対策」をあげるのは本当にやる気があるのかな、と疑問を抱かずにはいられません。政策に環境問題を掲げることで人々の関心を少しでもたかめることはいいことですが。
温暖化で海があたたかくなると、秋に獲れるはずの秋刀魚が冬のサカナになってしまうそうです。季節の味覚が味わえなくなることは悲しいことですね。いろいろなところに影響が出てくる環境問題、身近なところから考えてみませんか?
[PR]
by fit_business | 2007-01-25 09:07 | 今日の編集部
ミュージックシミュレーションバー
こんばんは。まだ1月だったことを忘れていました、岩井です。

年末年始に佳境を迎えていた次号の入稿作業が一段落して、先週の金曜日に少し遅い新年会がありました。その2次会でとてもおもしろいお店に行ったので、ご紹介。

ハクヨプロデュースの笠原さんに連れられて訪れた六本木。一見普通のライブハウスなのですが、プレイヤーの1人がなぜか背広姿。なんとそこは、お客さんが飛び入りで舞台に立てるライブハウス。ボーカルはもちろん、ギターやベースも数種類揃えられていて、自分が弾きたい曲と楽器を紙に書いて渡すと、1曲即席バンドメンバーとしてプレイできるのです。

学生時代に軽音部だったり、学園祭でバンドを組んだという経験を持っている人って意外に多いのでは。そうした方々にはたまらないと思います。ぜひ一度足を運んでみては。
ミュージックシミュレーションバー http://0830.org/
c0052138_23165660.jpg

ちなみに、当社にも昔ベースをやっていたという某編集長がおりますが、最近はもっぱら“ながし”として、10時過ぎ頃になるとクラシックギター片手に渋谷の事務所に現れます。次回はぜひ六本木のライブハウスでロックンロールを弾く姿を見たいものです。
[PR]
by fit_business | 2007-01-22 23:12 | 今日の編集部
LIVEなランニング
 編集長の古屋です。

 次号の『LIVE』は、ランニングを特集します。でも、『LIVE』が特集するランニングなので、よくこの業界にありがちな体育会系、あるいはファッション系の雑誌と違って、知的で芸術的な香り漂う特集になっています。タイトルは「感性で走るランニング」。きっと、読むと走り出したくなりますよ。発刊日は2月1日です。お楽しみに。                                 さて、創刊号で読者の方々にお願いしたWEBアンケートの結果を、掲載しました。(http://www.fitnessclub.jp/live/kekka/result_of_questionnaire.html)      わざわざPCを開いて、WEBで答えなくてはいけないアンケートにもかかわらず、たいへん多くの方々が答えてくださいました。特に、フリーアンサーの評価がほぼすべて好意的なものだったことにはたいへん嬉しかったです。これからますますがんばらなくてはと思いました。このアンケート結果は、フィットネスクラブのマーケティングにも役立つと思います。ぜひチェックしてみてください。
[PR]
by fit_business | 2007-01-19 17:17 | 今日の編集部
気になる物
こんばんは、なんか空回りぎみの菅沼です。

 今回は前回の『気になる事』に続き『気になる物』。
今一番興味があるものはアップル社からついに発表された携帯電話、
i pone』だ。
 思えば発売から約5年が経過したにもかかわらずいまだ人気が衰えない
i pod』。そんな携帯型デジタル音楽プレイヤーの流れを大きく変えた
アップル社が今度は携帯電話産業でどんな事をしでかしてくれるのか
楽しみでならない。
 しかしまず6月に北米向けに発売し、欧州では2007年第4四半期、
アジアでは2008年に発売される予定だとか。そして現時点では
日本での発売は未定だそうだ(T_T)
 もし日本で発売する事が決定したらau、docomo、softbank、どこから
発売するんだろう?気になるところです。

まさかwellcom!?
[PR]
by fit_business | 2007-01-19 02:22 | ショップ日記
パーティー
こんにちは。ショップ担当の大村です。

本日(17日)、『DOME KICK OFF PARTY 2007』行ってきました。アンダーアーマーでお馴染みのドーム主催のこのパーティー、非常に驚かされるものでした。

まず、会場に入ると、そこには「フィールド」が広がっていました。招待状にはスタジアムの絵が描かれてありましたが、まさかそのまま会場になっているとは思いませんでした。そして、私は一塁側のスタンドに座りました。座席もスタジアム風。(そのため、お尻が痛かった…)

席についてビックリしたのは、ビールの売り子。そう、野球場で見られる、ビールサーバーを背負った売り子さんが、ビールを次に歩き回ってました。会社を出る前、「帰ってきたら、酒臭かったりして…」なんて言われましたが、まさか本当にアルコールが出てくるとは思いませんでした。もちろん、仕事中なので、コーラで我慢しましたが…

そしてパーティーは、社長を筆頭に社員の方の「寸劇」で始まりました。この劇は、社長が中心となって準備されていたとの事。素人の作品とは思えないほど素晴らしい出来に、あっけに取られて見てました。

そして始球式には、契約選手の「井川慶」選手が登場。あの、ニューヨークヤンキースの井川投手です。突然の登場に、ビックリ。他にも7名の契約選手が登場。しかも後半では、参加者との写真撮影にも気軽に応じていました。

非常に盛りだくさんのパーティーでしたが、やはり商品に触れられるのは良かったです。定番の商品や、まだ日本では販売していない商品まで、数は少なかったけど展示してありました。プロテインの試飲もでき、見て触るだけでも、お客様に支持される理由が分かる気がしました。

いっぱい驚かされましたが、いろいろ勉強させていただき、非常に有意義な時間が過ごせました。今日得た知識を、ショップのお客様に還元していきたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2007-01-18 02:30 | ショップ日記
企業もデトックス
おはようございます。平井です。

コンビニに行くと、不二家の商品がすっかり姿を消していました。

「景気がいいときはいいんです。景気が悪くなると、商売と安全さえも天秤にかける企業が出てくる」。先日のブログでも書いた川田さんのお話が、今回のニュースを聞いて、まず頭に浮かびました。

2006年不二家は18億円の連結赤字、洋菓子事業は4年連続の営業赤字でした。再建に苦しむ中、つい誤った天秤を使ってしまったのでしょうか。それにしても、事実を把握していながら公表や回収をしないばかりか隠蔽を内部文書で指示していたといいます。社内に誤った判断があったとしても、その悪い情報を止めない体質をつくることの大切さは、川田さんが最も強調されていました。人間のデトックスが流行していますが、企業も毒を出して体質を改善することが必要ですね。
生洋菓子だけでなく全ての不二家商品が一斉に消えた商品棚を眺めて、消費者が自分の目で選び取っているのは“安全と信頼”なんだと、改めて感じました。
[PR]
by fit_business | 2007-01-17 08:57