ブログトップ
<   2007年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧
まさかのトシロウ
インターンシップ実習生の濱田です。今日は実習最終日です。10日間で学んだこと、働くって大変なことだなあと感じました。実習前から分かっていたことだが、実際にやるのとぜんぜん違う。たぶん、それを知らないで就職していたら大変なことになっていたと思います。あと、「クラブビジネスジャパン」さんは社員さんの仕事は一人一人の責任が大きい。その分、仕事に対してやりがいがあるように感じられた。自分もやりがいのある仕事を見つけて、やらないといけない。

 実習中に仕事が遅くて、自分に腹が立つことが多く、勉強やアルバイトでも、どうしたら効果的なやり方があるか意識しようと思います。

 実習には関係ないが、BRAHMANのライブとUFC観戦したいです。BRAHMANのライブ行ったら痩せるなあ。 あと、アメリカに行ってUFC見たい。昔は日本興行もあったのに、今じゃMMAはアメリカが中心になっているからしょうがないか。「頑張れ日本の総合格闘技」という感じです。自分も実際に格闘技ジムに行くか考え中です。

 皆さんこれからも仕事、人生を楽しんでください、それではさらば。


 
[PR]
by fit_business | 2007-08-31 09:34
知のチカラ
 こんにちは。編集長の古屋です。                                                                                                 皆さん、知識はあったほうがいいですか?なくてもいいですか?それはないよりあったほうがいいに決まっていますよね。でも、その知識は、知恵として実業に活かすことができなくてはしようがありません。そのためには、予め頭の中で知識を体系化して整理できていたり、問題解決のフレームワークを持っていたり、具体的な実践プロセスや手法を知っていたりしなくはならないでしょう。幅広く戦略的に考える力やマーケットリサーチ、ORなどの専門的な方法論を駆使した分析力も必要になるでしょう。そうした知識と力を3日間で養うフィットネスビジネススクールを今年も10月に50名限定で行います。優れた8名の講師が熱く説得力のある講義をしてくれます。これからフィットネスビジネスでキャリアアップを実現したいと考えている方はぜひご参加ください。これからの長いビジネス人生にきっと役立ちます。

 
[PR]
by fit_business | 2007-08-29 09:34 | 今日の編集部
夏の終わりに感じた、仕事に対する姿勢。
すっかり夜が涼しくなり、昨日は虫の鳴き声も聞こえてきました。秋ですね。
少し夏の終わりが寂しい佐々木です。

さて、私は先日、実家の秋田へ帰っておりました。

気付けば秋田へ夏に帰れたのが、上京してから初めての事です。
私が思い出す『秋田の夏』とは、朝日が気持ち良くて…夜の星空が最高で…日中は部活で忙しそうに毎日を送っていて…という、スポーツと恵まれた自然とがくっついたとても素敵な夏であります。

でも、少し違う見方をしてみると…
私自身が目や体で感じていた感覚しか残っていない。
つまり、私は自分中心の生活をまっしぐらに送っていた夏しか知らないのです。

24歳の夏は、そんな今までの夏とは少し違った『秋田の夏』でした。

根っからの商売人で、いつもバタバタバタバタしている父。
声は大きいし、お酒を飲むと大変だし、毎晩晩酌の本当に田舎の親父…。
でも、じつはそんな父を私は好きです。
誰にでも笑顔を振りまいてくれる父であり、馬鹿みたいに人情味のあふれるのが、私の父なのです。
母といえば、教科書に書いてあるようなことしか言わず、私は昔からそれがつまらなくて反抗も沢山してきました…。
でも、料理がとても上手で、家族の誰よりきっと苦労している人。
それが私の母。田舎の母。

そんな両親の表情や行動がやけに目に焼き付くことになったのが、今年の夏でした。

実家は自営業で花屋をしています。
お客様と接する姿…両親で仕事の話をしている姿…が何故か凄く大きく見えて、説得力のある電話対応に耳を傾けていました。これといった出来事は特にないのですが、お客様とのたわいもない会話や仕事への姿勢に感じるものがありました。

そんな両親を見て…
親に見習い、さらに負けないサービスを心がけようと思いました。
売っているものは違いますが、人と接すること・ものを売ることではどの分野も関係ありません。
いろいろなサービスを見て、自分を磨いていこうと思いました。

そうなると、時間や睡眠時間を理由に法人会員になっているジムへ行かないのは、何かもったいないような気がしている、佐々木なのでした…
[PR]
by fit_business | 2007-08-29 08:09
夏の思い出
 この前までの暑さもひと段落してやっと「残暑」と
呼べるような気温になってきたかなと思える最近に
少しほっとしている菅沼です。

 暑い日には私がひとり暮らしをしているご近所さんは
朝、夕に打ち水をしています。そのため夕方などは
窓から入ってくる風がそこそこ涼しかったりもします。
そんな中私は少し、暑いのを我慢して窓からの風と
焚いたお香の香りを感じながらレゲエ、カリプソを聴き、
残り少ない夏を満喫していたときにふと、『そういえば最近、
夕立って降ってないのでは?』と思いました。

 私が小学生の頃にはよくお昼過ぎぐらいに
絵に描いたような入道雲が出始めて、夕方ぐらいに
ザァーっと一雨降らせて去っていく。雨の上がった後には
雨とアスファルトの入り混じったなんともいえない
独特なにおいがして、夜はそんな夕立のお陰で地面や
空気が少し冷やされ、そこそこすごしやすかったりする。
 考えればここ数年そんな体験をしていないような気が
します。

 暑い事ばかり目立って夏のささやかな喜びを記憶からも
体験からも忘れていくような気がしてちょっとさびしい
夏の終わりでした。
[PR]
by fit_business | 2007-08-28 03:11 | ショップ日記
登録しました
こんにちは。
妻の出産準備のため、人生初の一人暮らしが始まりました、大村です。

ようやく、フィットネスクラブに登録に行ってきました。
「暑い夏は、涼しいクラブで。」のキャッチフレーズにひかれ、土曜日に登録と久しぶりの運動をしてきました。

行く前は、いろいろなマシンを使ってみようと思っていましたが、最初に向かったのがフリースペースのマット。そしてテレビを見ながらバイクを1時間くらいこいだ後、キックのショートクラスに参加しました。

やはり、格闘家の体がうずきだし、その後も格闘技系の30分のクラスに参加。非常にいい汗をかいて1日のエクササイズを終了しました。

初めてのフィットネスクラブでしたが、クラブの方も丁寧で、レッスンも非常に楽しかったです。今度は勉強のつもりで、マシンとレッスンを頑張りたいです。

最後に。
やっぱりフィットネスクラブは涼しかったです。
[PR]
by fit_business | 2007-08-27 00:38 | ショップ日記
甲子園の「目」
おはようございます。平井です。

どうしてあんなにドラマチックなことになるんでしょうか。
開幕の第1試合で登場して大会第1号ホームラン、延長引き分けで再試合、延長サヨナラ勝ち、などなど甲子園で考えられるビックイベントみたいなものを全部経験して、逆転満塁ホームランで優勝してしまうなんて、「がばい旋風」なんて浮かれたネーミングも、許そう、と思ってしまうくらいに私も感動しました。個人的には、久保投手と外野手の馬場崎くんが好きでした。

それにしても、小さいころから甲子園を見ては高校生があまりにも大人に見えて、でも自分が大人になれば「やっぱり高校生だ、かわいいね」と思うようになるんだろう、というところまでちゃんと想像していたのに、全然そうなりません。自分が恥ずかしくなるくらい、甲子園に立つ高校生たちは大人です。本当に本気でスポーツをしている人の目というのは、なんだか特別に安定していて、強い。涙を見せたって、その中にさえ強さがあります。いつになってもあこがれてしまいます。
[PR]
by fit_business | 2007-08-24 08:56 | 今日の編集部
夏の終わり、の始まり
おはようございます、高橋です。

昨夜、事務所のあるビルから一歩出た瞬間に、雨の香りがふっとしました。もしかしたら明日は雨かも、と思ったら天気予報はやはり雨、気温がぐっと下がり、酷暑も一休みのようですね。暦のうえでは「処暑」、夏の暑さがおわるころなのだそうです。それにしても毎日暑い。環境のために私もクーラーの使用を控えようとは思っているのですが、帰宅時の部屋の暖まり具合に「ごめんなさい」とつぶやきながらついつい「冷房 強」のボタンを押してしまいます。そしてそのまま一晩中つけたままということもしばしば。節電をするどころか例年以上の使用頻度に、エコも何もないな、と反省の日々です。
とはいえ、夏の終わりは始まっています。週末はまた夏の暑さが戻ってくるようですが、つかの間の過ごしやすさに感謝しながら今日も一日を過ごします。
[PR]
by fit_business | 2007-08-23 08:55 | 今日の編集部
地元で頑張るインストラクター・トレーナー
こんにちは。岩井です。

 次号(2007年9月25日発行号)の『NEXT』の特集は「地元で頑張るインストラクター・トレーナーの勉強法(仮)」です。今インストラクターやトレーナーの社会的役割がどんどん大きくなっていって、民間クラブの仕事だけでなく、公共や企業の仕事も増えてきています。特に地方では幅広く活躍できるチャンスも多く、そのチャンスを掴んできているインストラクター・トレーナーの方々は、独自の方法で勉強をしたり、ネットワークを築いて、距離の垣根を越えて最新の情報を収集し、スキルアップの機会を得て、地域にそれを還元しながら地域のみんなで成長できるような取り組みをされています。
 北は札幌、南は宮崎まで、今回の取材はまたとても楽しかったです。(いろいろと美味しかったです)
 次号NEXTもどうぞご期待ください!
[PR]
by fit_business | 2007-08-22 18:36 | 今日の編集部
プログラムは業態に従う
 こんにちは。編集長の古屋です。

 次号(2007年9月25日発行号)の『フィットネスビジネス』の特集は「プログラムマネジメント」です。ターゲットが満足するサービスシステムを業態としてどう構築していくか、その精度が求められてきていると思います。競合化が進み、特に差異化戦略を志向する総合クラブは、コストリーダーシップ戦略や集中戦略をとるプレイヤーに負けないように施設だけでなく、プログラムやインストラクターといったソフトな資源も含めて、もう一度マーケティングをきちんと見直し相応の特徴(顧客魅力性)をつくっていくことが求められていると思います。中にはバリューチェーンを整えるべくスタジオを広げたり、優れたインストラクターを招いたりしなければならないクラブもあるかもしれません。これからの時代は、業態に相応しいその店なりのプログラムをコーディネイトすることがKFSの一つになると思います。そのポイントをおよそ1ヶ月後に皆さんのお手元に届く次号特集にまとめさせていただきました。およそ10社のプログラムご担当者の方々に取材にご協力いただきました。感謝するとともに、読者の皆さんには次号を期待していただきたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2007-08-21 12:55 | 取材日記
朝からお腹が痛い
インターンシップ実習生の濱田晋と申します。本日より2週間、株式会社クラブビジネスジャパンさんでお世話になっています。

インターンシップでの自らの課題は、「会社」とはどのような場所か知り、「働く」とはどういうことか知ることです。そして、株式会社クラブビジネスジャパンさんで編集の仕事を学びたいと思っています。その他にも幅広く仕事をやり、その仕事について学びたいです。良い意味でも悪い意味でも、出版社について知り学びたいと思います。

今日の感想を一言でいうと「つかれたぁ」です。分かっていたことですが、慣れないこと、慣れない場所で仕事をするのは、大変ことだと実感しました。自分の快適ゾーンから出ることは緊張するし、疲れることです。しかし、そこから出ることで何か新しい発見や出会いがあるのかな?

今日は緊張で体硬くなりすぎました。そして、会社に入ってから1時間でお腹が痛くなってしまいました。明日からは、もう少し体を軟らかく仕事に取り組もうと思います。

今日は納品書作成、文章作成などやらせてもらいました。まずは一つ一つの仕事を確実にすることが大切ことだと思いました。まずはその仕事に慣れて、それかスピードを速くしていきたいです。

今日できた課題、コンピューターの操作をもっと学ばないといけないことが分かりました。明日も頑張ります。
[PR]
by fit_business | 2007-08-20 19:03 | 今日の編集部