ブログトップ
<   2008年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧
サブプライムなんて関係ねえ
 こんにちは。編集長の古屋です。サププライム問題で景気の減速感が強まっているアメリカですが、フィットネス市場は勢いよく伸び続けています。発行したばかりの『月刊NEXT』や『フィットネスビジネス』にもニュースとして掲載していますが、2007年のアメリカのフィットネス市場の規模は185億ドル(前年比5%増)、会員数は4,410万人(同3%増)です(本誌編集部提携IHRSA調べ)。アメリカの現在の人口がおよそ3億人ですから、参加率にして14.7%にもなります。一方、日本は、昨年民間セクションの参加率が3.21%(同▲1.8%)と若干シュリンク。公共セクション他を含めても、5%程度でしょう。伸びていない上に、まだアメリカの3分の1程度の規模。もっとがんばらないといけませんね。さて、今日は編集部にケルコムの野口さんがきてくださいました。この会社は通信を利用した健康データ管理サービスを手掛けています。フィットネスクラブもウェブを活用した在宅会員やそうしたサービスを付加した高付加価値の会員をつくる時期に来ていると思います。これにFSPを絡め、CRMをしてもおもしろいと思います。従来のマーケティングでは反応しない層やこれまでのサービスに満足していない層を捉えられるのではないでしょうか。こうした新しいマーケティングにどんどん取り組んでいくことでフィットネスクラブの参加者は増えていくものと思います。先日、日経新聞(5月27日朝刊)に、メタボリック対策としての関連商品やサービスへの今後の支出意向を尋ねたウェブアンケート(N=1,000)の結果が載っていましたが、30代、50代で「フィットネスクラブ」が1位に挙げられていました。クラブ成長の余地はかなりあるのです。
[PR]
by fit_business | 2008-05-29 12:48 | 今日の編集部
私とフィットネスクラブ(その2)
入社して約1ヶ月が経ち、やっと会社の雰囲気や仕事に慣れてきた原田です。

会社でも話題に出ていたので、
先日初めて「姿勢美人ウォーキング」のクラスに参加してみました。

歩くだけでしょう〜、これは楽勝〜、と気軽に参加したのです
がまずは足のリンパのマッサージからスタート。
先生が廻ってきてやってくださるのですがこれがけっこう痛い!
老廃物が溜まっていると痛いのだそうです。

また、足の指をグーパーと開いたりもするのですが、
私は小指の股が開かないばかりか、ほとんど動きません。
普通の人は小指も動くのでしょうか?

で、ウォーミングアップのあとにウォーキングですが
やっぱり長年の癖というのはあるものですね、
先生に見ていただくと、改善点が多々ありました。
骨盤の事やリンパの事など、「姿勢正しく歩く」ということだけでも
勉強になることは沢山ありました。奥深いです。

そして! 次の日起きてみてみたら、びっくり!足が少し細く
なってたのです。

リンパと骨盤、おそるべし。
[PR]
by fit_business | 2008-05-29 08:55 | 今日の編集部
夢に向かって
おはようございます、藤江です。
先日、取材であるダンススクールへうかがいました。
レッスンは週4日、夜19時~21時くらいまで行われます。
皆さん、仕事や学校が終わってからの参加だそうです。大変そうです。

高校卒業したばかりから25歳くらいまでの、若きダンサーの卵が集まるスタジオは熱気に満ちていました。
ダンサーになるという夢を目指して、レッスンに取り組む姿はもちろんですが、彼らの笑顔とキラキラと輝く瞳がとても印象的。
そばにいるだけで、彼らの夢に対する強い想いとパワーが感じられました。
レッスン終了後も、ダンス談義に、講師への質問と活気に溢れるスタジオ……。

駅へ行く途中、生徒の一人が私の前を歩いていました。彼女の背中はとても疲れているように見えましたが、私が「お疲れ様でした」と声をかけると、「お疲れ様でした、今日はありがとうございました」とキラキラと輝く瞳と素敵な笑顔で返してくれました。
そこに、まだ卵ではあるけれど、ダンサーとしてのプロ意識と夢を叶える!!という彼女の強い意思を感じました。
社会人になって長い年月が流れ、私には、一心不乱に目標に突き進むといったことが少なくなっていました。もう一度、初心に戻って、目標に突き進みたいと思います。

最新号のNEXTは、「輝くインストラクターになる」です。
輝きがたくさん詰まったNEXT。すでにお読みになった方もいらっしゃると思いますが、まだの方はぜひご高覧を!!
[PR]
by fit_business | 2008-05-28 08:59
あなたの変わりは「あなた」でしかない。
日の長さが夏に近づいているということを教えている、今日この頃。
早いものでもうすぐ6月ですね、佐々木です。


『お前の変わりはいくらでもいる。』


よくドラマの中で、上司が後輩を叱る聞いた事あるこのフレーズ。
私の恩師である方が、私たちに次の事を言いました。

『よくね、お前の変わりはいくらでもいるという言葉がある。でもな、貴方がたの変わりはいないから。だから、貴方がたが変わらないといけない。以上。』

何故か…私にとってこの言葉が大きくて「変わらなければいけない」ではなく、「変わる」になった感覚が衝撃的でした。
そんな、週末の経験。

会社も一緒なのだと感じます。今日よりも明日…と、自分が「変化」することが必要です。言葉で伝えるのでなく行動で示す事、そして結果を出す事が目標となるのでしょうか。

一人一人がエースである、私が働く会社は完全に体育会系ですね。
(と思ってやっているのは私だけですかね?!)
[PR]
by fit_business | 2008-05-27 08:21
日本のプロスポーツ
発売から半年経ったWii Fitがついに販売台数200万台突破したそうです。暑くなり、肌の露出が多くなるこれからの季節に向けみんな脱メタボを目指しているのでしょうか?私も何かしなくてはとひそかに焦っている菅沼です。

先週は女子バレーのオリンピック最終予選にサッカーのキリンカップ、プロ野球はセパ交流戦と珍しく多くのスポーツ番組がゴールデンタイムに放送され、久々にスポーツ観戦に熱くなりました。
そんな中、思えば最近スポーツ番組が減ったような気がする。昔は必ずと言っていいほどどこかのチャンネルでプロ野球がやっていて(大抵巨人戦ですが)Jリーグができた当初にはゴールデンにプロ野球とJリーグの2本のスポーツ番組があったほどだったのにいまはニュース中のスポーツ枠でちょこっと放送されるだけ。そしてその放送を見て「あ、今日Jリーグあったんだ」と思う程度だ。昔と比べてそんなに今のプロ野球やJリーグは面白くないのだろうか?正直そんなことはないと思う。確かにプロ野球で注目される選手はメジャーリーグにいってしまったり、サッカーでも海外に行ってしまったりする。それでも日本で活躍するすばらしい選手はいっぱいいると思う。

もちろん、視聴率や世の中のニーズを考えるとなかなかそうもいかないのかもしれないが、今の子供たちがテレビを見て「将来の夢はプロ野球選手!」や「Jリーガになりたい!」
と思えるようにもっと試合をテレビやメディアに載せ、子供たちが日本で活躍するスポーツ選手に触れる機会があるといいような気がする。そうすれば日本のプロスポーツ界もまた盛り上がるのではないだろうか。
海外で活躍する選手達ももちろんすばらいのだが以前テレビでダルビッシュ選手が「子供たちを楽しませるために日本に残る人も必要」と言った言葉が私にはとても印象的だった。

ちなみに私の好きなテニスでは、男子は錦織圭選手が世界ランクトップ100入りし、女子では伊達選手が復帰。その、伊達選手も「若い選手の刺激になりたい。私の成績を追い抜く選手が出てほしい」と訴えていたが、ヒンギスは薬物使用の疑いをかけられ引退し、女子の世界ランク1位のエナンも突然の引退で日本のメディアが本格的に注目してくれる日はまだ遠そうです。
[PR]
by fit_business | 2008-05-26 06:53 | ショップ日記
アウトレット
こんにちは。ショップ担当の大村です。

先週末、埼玉県入間市に先月オープンした『三井アウトレットモール』へ行ってきました。通常5分もかからない高速の出口から1時間以上かかったとか、周辺のお店への客足が遠のいたとか、オープン当初からの混雑はニュースでも取り上げられていました。

私は隣の所沢市に住んでいるので、約6キロの道のりをランニングで行ってきました。おかげで渋滞に巻き込まれずに到着しました。(道を間違え遠回りをしましたが…)中に入ってみると、オープン当初よりは客足が鈍ったとはいえ、土曜日ということもあり、まだまだ多くの人が訪れていました。店内だけでなく、通路を歩くのにも一苦労でした。

私が入ったのは、スポーツメーカーのお店。通常では値引販売をするお店のないブランドですが、型落ち商品を安く販売したり、キズ物などのB級品を驚きの価格で販売したりと、アウトレットならではの品揃え。その上、通常では販売のない特別限定商品(店員も知りませんでした)を発見。こういう商品を探すのも、アウトレットの醍醐味でしょうか。やはり、人気のブランド品などが驚きの価格で買えるのは、かなり魅力的です。

弊社のネットショップでも、器具メーカーの協力によりアウトレットコーナーを設置したところ、かなり商品が動きました。やはり、市場よりも低価格で購入できるアウトレットの言葉には、人を呼ぶ響きがあるのでしょうか?
[PR]
by fit_business | 2008-05-23 08:53 | ショップ日記
『貧困大国アメリカ』
おはようございます。
東京は今日も暑くなりそうです。平井です。

少し前に、古屋さんに借りて『ルポ 貧困大国アメリカ』(著:堤未果)を読みました。その内容はとても印象に残るもので、アメリカという市場原理至上主義国で、実際に貧困層やワーキングプアがどのようなからくりで生まれているのかということが、住宅、医療、教育、食、軍、災害などの視点から、国民の生の声も取り上げながら分かりやすく書かれています。
全編を通して伝えられているのは、アメリカの「貧困ビジネス」が徴兵へ向かう大きなシステムとなっていること。貧困層が増えれば増えるほど軍に入隊する若者が増えて軍力が強化されるという仕組みがあって、ここにあまりにも大きな矛盾を抱えていることについて考えました。中流階級以下の人々が綱渡りの綱から滑り落ちるようにして次々に貧困層に転落し、借金返済や学費の支払いのために若者が選択の余地もなく戦場に向かう、その一部始終を目撃したような気がして個人がとても抗うことのできない大きな大きなスパイラルを感じます。

この本は内容の衝撃度に加え、日本国憲法9条・25条にも触れているので賛否両論あるようですが、読むのと読まないのとではまったく違う、私にとっては価値のある1冊でした。
いまや情報には常に資本がからんでいるので(国や大手資本に不利な)本当の情報は世の中に出回りにくいのも事実です。常に「誰が言ったのか」を明らかにしながらたくさんの情報に触れ、しかしどの情報も鵜呑みにすることなく自ら真実について考え、自分の言葉で語ることが必要だと、最近は殊に感じています。
[PR]
by fit_business | 2008-05-22 08:51 | 今日の編集部
読書から思うこと。
おはようございます高橋です。

子どものころダイジェスト版を読んで、これまできちんと読まずにいた日本人の有名小説家の作品がたくさんあります。お恥ずかしい限りとしか言えませんがそれを今になって読んでいます。例えば夏目漱石の「吾輩は猫である」とか「こころ」とか。「猫」の視点からなる人間観察にその場で声をだして笑いそうになったり、「先生」の重い重い告白に圧倒されて自分のまわりがクラクラしたり。読んでいると良いい意味で精神的に大きな衝撃を受けます。
なぜ当時の人にこの作品が受け入れられたのか、そして今も読みつがれているのか。「ケータイ小説」ばやりを受けてその答えを見つけたいと思って本を取り出したのですが、自分なりに出した結論は結局「いいものはいい」。どんな環境の中にあっても結局残るものはいいものだけなのです。
時流に流されて地に足つかないものをつくったりするより、本物をきちんと育て上げていく、そうすればどんな環境下でも生き残ることができる。これはあらゆることに対していえることだと思います。
[PR]
by fit_business | 2008-05-21 08:57 | 今日の編集部
新たな戦略
 夏に向けてパーソナルトレーニングがスタートしました。ここ数年やってきた方法でなかなか成果が出なかったこともあり、今回は全く違う方法に取り組んでいます。それは単に「落とす」のではなく「代謝を高めて」落とす方法。なので普段より時間がかかることを覚悟しています。
 ダイエットの方法には大きく2つあります。一つはカロリーコントロールや食べるものをセレクトして、余分なものをつけず、余分なものを最短距離で落としていこうとするもの。トレーナーにバッチリ管理されることで効果も出やすいですが、繰り返しやると成果が出にくくなったり、反動が来やすい方法でもあります。
 これに対して今取り組んでいる代謝を高める方法は、身体が代謝を高めるために必要となる栄養をしっかりとり、筋肉をしっかりつけていく方法。効果が出るまで時間がかかりますが、体質が変われば長期的にいい状態を維持しやすくなります。トレーナーは行動変容を促すだけなので、自分がやる気にならなければ先に進みませんが、進み始めれば根本的に変われるのでしょう。北風と太陽、みたいな違いでしょうか。
 ただ、既に1週間が経ち、生活習慣は変わりましたが、まだ数字や目に見えての成果は出ていません。この手ごたえのなさが難しいところなのだと思います。でもこれまでと同じことをやって成果が出なかったのだから、新しいやり方に賭けてみようと思っています。

 フィットネスクラブの経営や運営はもっともっと複雑なものですが、これまでの方法で成果が出にくくなっている今、違う方法、違う戦略を本気でとれるタイミングなのだと思います。
[PR]
by fit_business | 2008-05-20 19:18 | 今日の編集部
今期の施策
 こんにちは。編集長の古屋です。フィットネス業界も5月に入り、各社の決算発表が続いていましたが、ほぼ出揃いました。中堅企業以上では、メガロスが増収増益(既存店の会員数は前期比100.5%、既存店の売上高は同99.2%)でしたが、総じてどこも大きな飛躍はありませんでした。残念です。しかし、そういう時期もあるのは当然です。他社と競争して非常識な条件で無理やり出店しても何の意味もないばかりか、将来必ず自社の首を絞めることになります。ただでさえ、今は建築費など出店コストが高騰しています。新規出店を抑えれば、その分売り上げの伸びは低くなるのは当然です。数店出店している会社も期中の出店分の入会数が少なければ、それほど売り上げの伸びに繋がらないうえ、今は開業費を繰り延べせずに一括で費用計上するところが多いですから、収益を圧迫します。と、新規出店について述べてきましたが、収益力をつけることが目的のひとつであるとすると、フィットネスクラブ経営企業の場合、他にも(1)既存店の業績の維持・向上(2)新規事業・付帯事業の創造(3)コストマネジメントという施策が、考えられます。各社の決算に関する総括と今期の施策を聞くに、新規出店を含めたこれら4つをいかにバランスよく取り組んでいくかということがいわれていますが、とりわけ各社が重視しているのは、既存店の業績の維持・向上です。ここが固まらなければ成長すればするほど、逆にリスクを抱えることになります。既存店の数が、そのまま「含み損」になるような経営は避けなければなりません。メガロスのように定期的に施設をリノベーションするのはもちろん、ソフトも革新していかなければ、健全な成長はできないのではないでしょうか。各社は、今期このソフト改革、オペレーション改革に本格的に取り組もうとしています。特に、前期入会不振の原因となった若年層へのマーケティングと在籍会員の満足度・継続率の一層の向上に取り組もうとしています。具体的には、お客さま(見学者を含む)へのフロント対応の改善、ジムなどの初期定着促進のための新オペレーションの導入、多様なニーズに対応するプログラム(サーキットジムの付帯やサテライト店の展開を含む)の整備、好調なスクール事業の強化、個別プログラムやレンタルサービスなどオプションサービスの提供、若年層のインサイトを捉えた会員種別の設置と効果的・効率的なプロモーションへの取り組みなどです。こう書いてしまうと、いずれも「当然」と思われる方がいるかもしれませんが、すべてのマーケティング要素を整え、強く、固有のバリューチェーンをつくるのは、そう簡単ではありません。ですが、成長のためには、今期こうした各種の改革に取り組まなければなりません。いや、今期だけではなく、継続して取り組み、成果を出さなくてはいけません。
[PR]
by fit_business | 2008-05-18 17:58 | 今日の編集部