ブログトップ
<   2010年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
フィットネス業界におけるしまむらやユニクロの登場は?
 みなさん、こんにちは。編集長の古屋です。

 今週月曜日の日経MJに、編集委員の井本省吾さんが渥美俊一氏が亡くなられたことについて、一文を寄せていました。渥美氏といえば、流通業界の理論派のコンサルタントとして業界の発展に大きく寄与された方で流通業界では知らない人はいないほど有名な方です。イオンやヨーカドー、ダイエーなどの創業者が渥美氏に学び、事業を成長させました。私も若いころからその著書を読んで学ばせていただいていました。アメリカのチェーンストアに学んだ同氏のその理論はロジカルで矛盾がないものように思い感嘆するとともに、その多くがフィットネスビジネスにも取り入れることができるのではないかと思い、前身の『クラブマネジメント』などでもよく取り上げさせていただいていました。

 同氏は、多くの方に好影響を与えましたが、その理論の隙のなさやスパルタ型の教育姿勢などから、一部の方からは、反発もありました。日経MJには、「(彼は)アメリカ絶対で日本の経営との違いを分かっていない」と批判する経営者の発言が載っていました。私のお付き合いしている経営者のなかでも批判的に渥美氏のことを語る経営者が何人かいます。同紙のなかでは、しまむらやコメリが台頭してきたときに渥美氏は、「店舗面積が小さく大型店がくればやられてしまう」と冷ややかだった、と記されています。渥美氏は、食料品スーパーも衣料品売り場などを充実させた大型スーパーを目指すことを主張していたのです。しかし、実際には、その後しまむらやコメリは発展、大型スーパーを出店した食品スーパーは業績を落とした、と記事は続いています。ただ、渥美氏はずっと硬直的な考えをしておらず、研究した上でいいものはいいとして、その考え方をいい意味で改めることもあったといいます。

 日本のフィットネス業界でも、渥美氏のような存在が必要ではないかと思うとともに、真剣に独自の戦略、ビジネスモデルを構築しようと日々学び、実際に独自の業態で出店を目指すプレイヤーが増えてきてほしいと思いました。業態は、ひとつだけではないはずです。いつかフィットネス業界にも中小・ベンチャーからスタートし、しまむらやユニクロのようになる企業をつくる経営者が出てきてほしいものです。

 最後に、渥美俊一氏のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by fit_business | 2010-07-29 11:26 | 今日の編集部
ひまわり
自宅から最寄駅までの道の途中に。
c0052138_935430.jpg


冬… 春… と気付くことの出来なかった、
ひまわりの花が空き地の中で太陽に向かって元気に咲いていました。

暑い日が続きますが、元気なひまわりの花に“夏も捨てたもんじゃない”と教わったような気がします。
佐々木です。

さて、昨日、有限会社てっぺんの社長様とお会いしました。
フィットネスクラブの中でも、あの有名な朝礼に参加する企業はあるようですね。

私が社長様と出会って感銘を受けたことは、
・いつも素敵な笑顔でいること
・誰に対しても挨拶をすること
・そして、人に感謝しているということ

でした。

仕事を懸命にやる事は当然ですが、その事以上に大切なことを改めて学びました。

それこそ、ひまわりの花のように、太陽(=夢・目標)に向かって咲く人になりたいですね。
ひまわりが育つ場所には、またひまわりが咲きます。
[PR]
by fit_business | 2010-07-28 09:46
笑いと健康
8月はもっと暑くなると聞いてゾッとしているNEXT編集部の澤です。

NEXT7月号・8月号両方の『News Pick Up 10』の中に
「笑い」と「健康」に関わる記事があります。
7月号の記事では、40才前後の方の若さや元気の背景は
「運動」「食事」「笑い」とのこと。
確かに40才前後に関わらず元気なおじいちゃんおばあちゃんは
よく笑っているな~という印象です。
笑いには血糖値を下げたり、免疫力を高める効果もあるそうです。
健康のためには、食事・運動だけでなく、笑うことも重要なんですね。

『人は幸せだから笑っているのではなく、
笑っているから幸せなんだ』
という言葉があります。

どんなことがあっても、笑っていれば大丈夫。
笑っていられるという事実、それだけで幸せなんです。
嫌なことがあっても大爆笑すれば忘れてしまうし、
疲れていても笑うと元気になります。
まさに笑う門には福来たるです。
フィットネスクラブでも、人と人との繋がりの中に『笑い』が提供できたら、
それは凄く大きな価値を持つサービスです。
行けば必ず大爆笑できるフィットネスクラブがあったらぜひ通いたいものです!
[PR]
by fit_business | 2010-07-27 08:59
JAM & Sweet
皆さん、こんにちは。

Web事業部の梅沢です。

今日は8/8Sun @JOY FIT摂津富田 行われるAeroイベント

  'JAM&Sweet' のご紹介です!!


企画立案は関西で活躍中の中井英人さんと、北陸中心に活躍中の島田厚さんのお二人で、
イケメン8人のインストラクターが集うイベントとなります。
(女性陣にはうれしい企画ですね♪)

詳細はこちらへ↓

中井さんブログ
http://blog.livedoor.jp/clapnakai/archives/3206402.html



島田さんブログ
http://atsushi-s.blogfit.jp/lessonws


clap ジョイフィット NEXT Fitness市場も協賛しており、
JAM&Sweet×clap×NEXTでオリジナルTシャツも制作中です☆


お客さまに楽しんでいただくために、
業界の更なる活性化のために、
フィットネスに関わる人々が集まって何かを作り上げていく。

すごく素敵な取り組みだと思います。

『NEXTだからできること』

仕事に価値を感じて。

今後も、多くのコラボレーション企画のお手伝いをさせていただきたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2010-07-26 09:00
ガールズフェスタ
連日の猛暑ですが、皆様変わらずお過ごしでしょうか。
最近、社内スタッフに年齢詐称と囁かれて止まない、NEXT三方です。

連休中、東急スポーツオアシス主催のガールズイベントへお邪魔しました。
雑誌やテレビで耳にしてはいるけれど、身近には無かったようなプログラムが
用意されていました。ローラーダンスやストリップティーズエクササイズ、
ポールダンスなど…最近有名女優がオススメしているような注目の内容です。

驚いたのは、女性のダイエットや美に対する関心の高さ。
満員のスタジオで熱心に取り組む姿を見て、焦りを感じた程です。
同時に、同年代の20代女性が楽しそうに参加するのを見て感じたことは、
流行りを取り入れたおしゃれな場所や話題の内容であれば、
投資を惜しまないということ。
20代の集客には、ファッション性が欠かせないと実感しました。

ダイエットプログラムにでは座学も含む内容で正しいダイエットと
継続の工夫、ネット(ブログ)活用による仲間づくりなど、
話題性だけでなく健康維持の方法も充実していました。

さて、嗜好が古くてもせめて体は若くあるために…
まずはこっそり習得したストレッチからですね。ふぅ。
[PR]
by fit_business | 2010-07-21 09:03
夢を叶える
『Fitness Business』49号が本日やっと校了を迎え、少しほっとしている剱持です。

今回の「Close Up」では、フィットネス&スパ マグレブの島影さんに取材をさせていただきました。同年代ながら数年前に同クラブのリニューアルオープンを成功させ、現在支配人を務めていらっしゃる島影さんには、お話をうかがっていて憧れと尊敬を抱かずにはいられませんでした。取材が終わって編集部に戻り、思わず「かっこいい!」と言ってしまうような、魅力的な方です。

その魅力については、ぜひ本誌をご覧いただきたいと思うのですが、ひとことで言うと「努力して夢を実現させ、それを継続させている」ということです。

自分自身の経験からも含めて最近思うことは、夢は叶えるのが難しいのではなく、継続することが難しいのだということです。もちろん、叶えるためにも努力や実力、運など様々な要素が必要になります。でも、ほんとうに力が試されるのは、叶った夢をどのように続けていくかというところにあると思うのです。


ご存知の方もいるかと思いますが、Mr.Childrenの曲にこんな歌詞があります。
「高ければ高い壁のほうが 登ったとき気持ちいいもんだ」

でも、高い壁は登るものじゃなくて超えるものであり、超えることが難しいのだと思います。


これから叶えたい夢、すでに叶えた夢。
それらとどう向き合っていくかで人の真価が問われるのだと、自分自身肝に銘じていたいと思います。島影さんへの取材は、そういうことを思い出させてくれた、素敵な時間でした。
[PR]
by fit_business | 2010-07-14 13:48
登山の体力づくり法
サッカーのワールドカップが終わり、少し寂しく感じている本庄です。

ここ数年、両親が登山に凝っています。
一つの山を達成すると自信が湧くようで、少しづつ
レベルを上げて高い山に挑戦し、着々と実績を積んでいます。
もちろん個人ではなく、必ずツアーに参加しています。

高い山や、登りにくい(厳しい)山などに挑むツアーに参加する場合には
「●m級の山を過去●ヶ月以内に2つ以上制覇していること」というような
条件がつきます。とにかく、「体力がある」「登山の経験がある」
ということを証明しなければならないのです。
(この条件は、昨年北海道のトムラウシ山での登山者死亡事故の後、
厳しくなっているようだ…と聞いたことがあります)

そのため、私の両親の場合は体力づくりのために、平日は
1時間のウォーキング、週末は高尾山へ、という生活をしていた
こともあります。しかし、登る山のレベルは高くなるのに、
トレーニング方法はずっと同じ(ウォーキングと高尾山)、
というのでは、やはりトレーニング不足を感じるようです。
しかし、どう変えたらいいのかわからない。

しかも山は「高いが登りやすい」「低いが岩山で登りにくい」
など、高さだけでそのレベルを把握できないようなので、
「それぞれの山にあった、具体的なトレーニング方法や
登り方のコツなどを事前に教えてくれるプログラムが
近所のフィットネスクラブにあったら通うかも」
(NASさんには既にそのようなプログラムがありますね)
ということを最近初めて言いだしました。
(まだ腰の重い両親ですが…)

ぜひ、そのようなプログラムの導入が増えて欲しいなと思います。
[PR]
by fit_business | 2010-07-13 21:20
みんなが天才になれる時代
開票が進んでいます。今回は2人当選して欲しい人がいたんですが、一人はダントツで当選確実。もう一人に投票しとけば良かった・・。当選確実が出ることを祈りながらブログ書いてます。岩井です。

赤ちゃんが生まれて、明日6ヶ月を迎えます。表情も豊かになって、少しずつ意思が出てきているのを感じる今日この頃。「赤ちゃんはみんなが天才」と良く言われることですが、最近本当にそれを実感します。赤ちゃんは何でもできるって信じてる。「これは難しい」「これは痛みが伴う」とかっていうのがまったくない。ゼロベースで考えてチャレンジできるからこそ「天才」と言われる。それだけゼロベースで考えることは難しいことなのだと思います。

NEXTの次の号は心理学をテーマにしていますが、そこで共通していることは、「できる」と信じられる力を持つこと。そして相手にも「できる」という成功イメージを共有できること。これがエクササイズの継続に直結し、それができる指導者は集客力が高いことが分かっています。

少し話は変わりますが、この週末に以前に予約していたiPhone4が届いて、以前はできなかったことが、自動的にできるようになっていたりします。以前は努力が必要だったことが、自動にできるようになっていたりする。とすれば、新しいテクノロジーが出現することで、できないと思ったことが難なくできるようになったりするわけです。

時代の変化で「できる」ことは変わるし、工夫次第で「できる」ことも創っていける。変化の激しい時代では、赤ちゃんだけでなく、誰でも天才になれる可能性があるのだと思います。
[PR]
by fit_business | 2010-07-11 22:06 | 今日の編集部
マネジメント・マイオピア
 みなさん、こんにちは。編集長の古屋です。

 みなさんは、「マーケティング・マイオピア」っていうことばは知っていますね。そうです。セオドア・レビットが『マーケティングの革新』の中で用いたことばでですね。その昔、アメリカの鉄道事業が鉄道会社同士の競争にあけくれ、みずからを輸送産業と定義せずに自動車産業や航空産業との競争に目を向けなかったために衰退したという話はどこかで読んでいるか、聞いているかしていることでしょう。要は、事業ドメインをどう設定するかということです。ドメインを先の例のように狭く、誤って設定して近視眼的な経営をしてしまうことを、レビットは「マーケティングマイオピア」と呼んで警鐘を鳴らしました。既存のビジネスモデル上の施設、商品・サービスの開発、既存の競合施設などにばかり気を取られていると、マーケティング戦略、あるいはイノベーション戦略は大局的見地を失いがちになるため、常に将来の市場や現在の顧客のニーズ、基本的な販売戦術などを見直して経営を改革、改善に尽力するように経営者は注意を払うべきだと言っているのです。

 さて、最近私は、マーケティング・マイオピアならぬ、マネジメント・マイオピアに陥っている人を多数見かけます。マネジメント・マイオピアとは、私の造語ですが、文字どおり、経営的視点が近視眼的、またはないということです。自分の経験に照らし合わせると不思議でしようがありませんが、例えば企画書や稟議書の類いをつくるのにも、そこに売り上げや需要の予測がないか、あるいはあったとしても非常にその根拠が乏しいのです。これでは通したい企画も通りませんよね。この点を指摘すると、たいてい「お客さまが満足することを一生懸命考えました」といったようなイクスキューズが聞かれますが、経営で最も大事なものは、利益です。それも継続的な利益。これのなかに、顧客満足も、従業員満足も、社会還元も、社会貢献もすべて含まれるのです。だから、対象顧客にとっていい商品ということだけでは、実は本当にいい商品ではないのです。まったくの新規の企画ならまだしも(それでも私なら推測値をあげますが)、売り上げや需要をできるだけ高い確率で予測したものがついていなかったり、投資回収の計画がなかったりする企画書や稟議書を通すリーダーはいないでしょう。リスクが大きすぎて、ゴーサインなど出せません。利益が出せなければ、結局会社はつぶれ、顧客満足も、地域の生活者の満足も、従業員満足も、フィットネス業界の成長も実現できなくなります。これからキャリアアップを目指す若い世代のスタッフには発想のフレームを広げ、経営的視点をもって様々な企画にあたることを覚えてほしいと思います。ポイントは、利益です。覚えておいてください。
[PR]
by fit_business | 2010-07-08 18:59 | 今日の編集部
環境と共育
澤さんのBlogから、生命倫理に興味を持った佐々木です。

最近、卒業した大学の後輩からよくメールが届きます。
私は現在もラクロスというスポーツを続けているのですが、
内容は“練習に来て欲しい”というもの。

私以外にも、現在もラクロスを続けている卒業生全員にメールを送っているのです。

今日のBlogは、『環境』と『【共】に【育】つ』事について書かせていただきたいので、
大変恐縮ですが、私自身の経験を少し書かせていただきます…


大学時代、入部した当初、恵まれたことに学生リーグを連覇しているチームでした。
負けることなんてなかったですし、それなりのプライドも持っていました。
しかし、私が大学3年生の時、準決勝にもいけず破れました。
大学4年生、最後の学年で優勝を取り返しました。

この、大学3年生~大学4年生の時の1年間は、私の唯一の成功体験ともいえる
とても深い味のある1年でした。

優勝を取り返すことができた、一番の要因は◆『環境』◆にありました。
どんな『環境』だったかというと、
●後輩に(誰に対しても)しっかりと挨拶をする
●どんな事でもいい、発言をする
●発信してくれた人の意見に、しっかり耳を傾け目を見て聞く
●夢(学生リーグ優勝)を語る
●練習時間と練習時間外のONとOFFをつける

以上だったように思います。
当たり前のこと程、当たり前ではないと思うのですが、
ポイントは、勝利の要因がラクロスの【戦術】や【技術】以外の部分であることです。

礼儀や常識というのか、【心】の部分の変化で人は大きく変わりました。
その【心】を創る『環境』の重要性を身をもって経験しました。

そして、何よりそういう『環境』にいると、とにかく楽しかったと思います。
楽しいと、実力以上の結果を出す事ができたのです。

リーグ戦の最後の方は、チーム全員口を揃えて同じ事を言っていました。
「負けてもいいから、このチームが終わるのは嫌だね」と。
(もちろん、勝つことを前提として言っていました)

先輩・後輩関係なく、信頼関係で結ばれた仲間は、一生の仲間です。
そんな仲間に、今大学にいる後輩達にもなって欲しいと思っています。

『環境』の変化には、人の変化が必要不可欠です。
後輩達が変わるには、後輩達以上に卒業生の変化も必要だと、仲間の一人と語りました。
後輩達と『【共】に【育】つ』ことなのだと思います。

環境と共育ことの難しさと重要性。
それを考えながら、私自身が変わるつもりで、後輩達に会ってきたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2010-07-08 09:16