ブログトップ
<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
美ら海水族館
こんにちは、NEXTさわです。

先日、沖縄へ旅行へ行ってきました。
まったく動物・魚に興味のない(むしろ嫌い)私ですが、
友人に連れられ美ら海水族館へ。
巨大なジンベイザメやその上に乗っかるコバンザメ、
ふがいない顔をしたマンタなど
ずっと見ていても飽きない空間で、初めて水族館が楽しいと思いました。

その日はあいにくの大雨だったのですが、
駐車場から館内への移動など外を歩く場所に、
大量のビニール傘が用意されていました。
しかも、どれも綺麗なビニール傘です。
好きにとって、到着した場所に置いていっていいのです。
濡れずに、さらに傘を持ち歩かずに大変快適でした。
美ら海水族館は多くの観光客が訪れる場所ですが、
こういった「なんて気が利くのだろう」という点が沢山ありました。

水族館の魚の魅力ももちろんですが、こういう小さな気配りが
顧客満足につながるのだなーと改めて感じました。
やはり一番大切なのは、お客さまは何をしたら喜んでくれるのか、
それを考えることなんだと思います。
私自身も、気配り・心配りの出来るよう心がけていきたいと思います。

c0052138_17373752.jpg

一番のお気に入りのちんあなごです。
[PR]
by fit_business | 2010-10-29 09:00
Fitness day
最近、iphoneでDVDを見るのにはまってます。

Web事業部の梅沢です。

まずは、ずっと見たかったのに途中で断念していたアメリカンドラマのFriendsを制覇しようとがんばっています。

ひとつのストーリーが20分なのも気軽に見れてうれしいですね。
(笑いが絶えなくて、友達っていいな、と思える素敵なドラマです。機会があれば、ぜひご覧ください!!)



今日はFitness Dayを利用して、以前より友人から誘われいたレッスンに参加してきました。

今回、退社後とても久しぶりに自分の働いていたフィットネスクラブに足を運びました。
客観的に見ても、あらためて良いクラブだなと感じました。


スタッフの方々の対応、
笑顔で話しをするお客さんとスタッフ、
インストラクターさんのレッスンクオリティー、

毎朝全員で行うCPRのシュミレーション
お客様エリアではスタッフ同士、「お疲れ様です」と言わないこと
クリーンデスクを保つこと

フロントに置く上質なボールペン。


沢山のことを感じ、思い出しました。




表現の仕方はそれぞれ違っていても、同じ方向を向いて、同じサービスポリシーを持って仕事をしていれば、自然にクオリティーの高いサービスを提供できるんだなと感じました。


オリエンタルランドに代表されるように、感動の接客がリピータを作るんだと思います。

フィットネスクラブはその感動空間をどこまで追求できるんでしょうか。


今後も色々なクラブを訪れてみたいと思いました。
[PR]
by fit_business | 2010-10-28 09:00 | ショップ日記
タイムマネジメント
この秋は、映画三昧で過ごしています。三方です。

フィットネスクラブの密かな楽しみは、
普段手に取らない雑誌から情報を仕入れること。
ですから、常に各誌が最新号になっているクラブ、大好きです。

昨夜はプレジデントの中で、時間の使い方について特集があり、
複数の経営者の方々がアイディアが浮かぶ環境について述べていました。

不思議なことに、それは朝運動している時や
休日に自分の好きな事をしながら過ごしている時だそうです。
職場以外での時間の使い方や生活の充実が、仕事のアイディアを産み、
効率を上げていると思うと、時間の使い方を工夫することが
公私共に重要なテーマだと再確認。

フィットネスクラブでの情報収集時間も含め、
上手に時間を作って過ごしたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2010-10-27 09:55
クラブ見学時に気になること
みなさまこんにちは。剱持です。

クラブの見学にうかがっていて、ほとんどのクラブで気になっていることがあります。
土足禁止エリアで貸していただく、履物(スリッパ)についてです。

多くのクラブは合皮のスリッパを使用されていると思うのですが、これがとても滑るのです。私の足の大きさ(22.5cmと小さい)のせいかもしれませんし、ストッキング(靴下より滑りやすい)を着用しているせいかもしれません。が、これを履いて階段の昇降をするのは、実は少し怖かったりします。脱げないように、転ばないように歩くのに必死で、案内してくださっている方のお話をあまり聞けていないときもあったり…。
ときどき布のスリッパのクラブもありますが、こちらは合皮のものより滑りにくいような気がします(でも脱げそう…)。

もともとつま先が開いていないタイプのスリッパが苦手なので、ここで述べたことはかなり個人的な意見もあるかと思いますが、年配の方など、実は怖い思いをされていることもあるのでは?と以前から気になっていました。
見た目上、健康スリッパを提供するのは難しいかもしれませんが、足裏が密着するような履物だと安心して歩けるような気がします。
クラブスタッフの方は、ぜひ一度ストッキングを履いて試してみてください。
[PR]
by fit_business | 2010-10-26 10:12
座ったままで不調を解消
まだまだ涼しげな格好をしている本庄です。

昨日は長野の戸隠神社に行ってきました。
天気はあいにくの曇りでしたが、神社内は紅葉しており、
とてもきれいな景色を見ることができました。

しかし、帰りは約5時間の大渋滞にまきこまれ、
せっかくの美しい景色の記憶も薄れ、長時間
座ったままの姿勢による、脚のだるさと腰の痛み、
なんだか頭痛までもジワジワと…。

そこで思いだしたのは、以前聞いた、介護予防用の
「座ったままできるストレッチ」。
車内でやるのは、少し変な感じでしたが、やった後は少しスッキリ。

介護予防運動=高齢者のための運動、というイメージでしたが、
飛行機の中、車の中など、長時間座り続ける若い人たちにも
十分お勧めだと思いました。

一人で行っていると少し目立ってしまう場合があるので、
例えば飛行機の中など、ビデオを見ながらレッスン的に皆でやる…
という風にしてくれると有難いかもしれません。
[PR]
by fit_business | 2010-10-25 09:50
情熱より必要とされる資質
赤ちゃん昨晩離乳食を食べてくれず、ちょっと心配な岩井です。

先日参加したセミナーの一部で、何かの話をしているときに「外交官として成功する人に共通する資質は何か」という問いがあり、それは異文化を抵抗なく受け入れられることとの話がありました。

先日取材をしていて、介護予防運動の指導で成功するインストラクターに共通する資質って何ですか?と聞いたところ、認知症の方も含め、高齢者の方々をそのまま受け入れられることとの話がありました。

この話に共通するのは、何かをしようとするとき、知識や情熱以前に、自分をその環境に同調できるかどうかというのがとても重要ということなのだと思います。何かをしてあげる、とか何かを教える、とかではなく、まず自然にその場に寄り添えて馴染めること。この資質もなかなか後天的には身につかない資質のようです。

NEXTの岩間さんの連載にも、同様のことが書かれていて、パーソナルトレーナーとして成功する人も、まず自分を相手と同調できることが大切と繰り返し書かれています。子育てをしながらも、そうしたことを考えることも多いです。

情熱はとても大切ですが、それ以前に大切なことも大切だと思うことが重なったこの1週間でした。
[PR]
by fit_business | 2010-10-22 08:59 | 今日の編集部
きずなマーケティングの時代
 こんにちは。編集長の古屋です。

 業績が厳しくなると、今でもかなりきつめの要員計画で運営しているにもかかわらず、それをさらに見直し総額人件費を下げたくなりますが、それをしたら余計に業績が厳しくなるのが、今の状況ではないでしょうか。支配人も本社から求められる様々な提出書類を作成したり、減員した分の仕事を自分がカバーしたりするなどで諸事多忙になり、現場を見たり、スタッフとコミュニケーションをとる機会が減ってきているのではないかと思いますが、この傾向が強まると、やはり業績は厳しくなるのではないでしょうか。

 お客さま、とりわけ新規入会のお客さまは、スタッフが面倒をきちんとみてくれることを望んでいます。それができていないと、すぐに辞めてしまいます。逆に満足すれば、知人・友人・家族を紹介をしてくださいます。だから、この入会初期の「真実の瞬間」を大事にすることが大切になります。環境とシステムを整え、スタッフを育成して、お客さまが望む楽しさ、快適さ、成果をきちんと提供できるようにしていかなければいけません。入会初期の「真実の瞬間」の品質を支配人が自分の目で見て、きちんと整えることこそ、今、一番にしなければいけない仕事ではないでしょうか。ものすごく基本的なことですが、私が見る限り、できているクラブは多いとはいえません。原点回帰して、お客さまとスタッフ、お客さま同士に、きづなができるようなクラブを目指すことがまず求められていると思います。やはり、このビジネスは「人」ビジネス。一番大事にしなければいけないところには、手間はかかるのです。このことを、支配人はもとより、経営者を含めた上層部は再認識すべきだと思います。ここを起点にビジネスモデル自体を考え変えていく時代に入ってきているのかもしれません。
[PR]
by fit_business | 2010-10-20 19:17 | 今日の編集部
早く2011年になれー
NEXT編集部の根本です。

最近めっきり秋めいた気候になってきましたね!
うかつに窓を開けて眠れない季節となりました。




さて、なぜ「早く2011年になれー」かといいますと…
もう買ってしまったのです。
2011年の手帳を!



毎年10月になるといてもたってもいられず
翌年の手帳探しにLOFT、東急ハンズなどを巡ってしまう私なのですが
手帳には非常にこだわりがあります。

学生時代から、「いかに手帳に予定を書き込むか」に精力とコストを注ぎ、
1年間ほぼ毎日持ち歩くパートナーとしてその容姿も重視してきました。
全国の手帳売り場のご担当者様に、
「手帳売り場に全身鏡を設置してくれ」
お願いしたいくらい、手帳と私のマッチングを気にします。

我ながらちょっとナルシストですね。(でもニーズあると思うんだけどなー)




特設コーナーがある「ほぼ日手帳」は今年も人が集まっていました。
今年はプロモーションビデオのようなものまで流れていて、
派生商品もたくさん出ていたのが印象的でした。
同じ売り場で糸井重里さんの書籍なども並べて売っていました。
一緒に買う方がいるのでしょうね。

それから、こちらも毎年気になる佐々木かをりさんプロデュースの
「アクションプランナー」。
こちらは1週間のお試し版が置いてあったのが
面白いプロモーションだなぁと思いました。
確かに手帳って試せませんもんね。
使い勝手は非常に良さそうなのですが、やや高いくて…。
あと1000円安かったら買います(笑)




今年はスマートフォンが大ブレイクしているので
紙の手帳の売り上げは落ちるのでしょうか?
アナログ大好きな私にはとても気になるところです。

さて、年内のNEXTの発行もあと3回。

編集部は現在11月25日号の取材に入っております。
間もなくNEXT44号(10月25日発行)が皆さんのお手元に届きます!
特集は
「Healtyベビー&Happyキッズを育てよう」、

お子さんがいる方はもちろん、いない方も非常に勉強になる一冊となっております。

お楽しみに~☆
[PR]
by fit_business | 2010-10-20 08:45
セカンドオピニオン
こんにちは、インプラントの危機から九死に一生を得た澤です。

先日歯が割れてしまい、歯医者に行ったところ抜歯するしかないといわれました。抜いたらどうなるのかといえば、入れ歯かインプラント。入れ歯は現実的ではないし、インプラントは40万近くの大金。。
困り果てた私は色々な人に相談したところ、他の歯医者に行って意見を聞いてみようという結論に。友人の紹介で、歯を抜かない派の先生のところにいきました。

先生が言うには、抜いた方がいいのは間違いはないが、残す方法がない訳ではない。実際、治療してみてもらったら思ったより状態が良く、3分の1は抜歯して、残った歯を活かすことになりました。

私は今回初めて、『お医者さんを代える』という事をしたのですが、思っていたより勇気がいりました。
医療の世界ではセカンドオピニオンを勧めていますが、お医者さんは絶対的な存在で、それを素人が否定するのは気を遣ってしまいます。新しい先生にめんどくさい人だなと思われたくないし・・・という思いもあります。
今回の先生は、全て話を聞いてくれた後、私に選択肢を与えてくれました。前の先生を否定することもなく、ただ、違う見方もあるという事を教えてくれました。セカンドオピニオンは自分で選択できるので納得できます。

フィットネス業界も先生と呼ばれている方はたくさんいます。
インストラクターさんもトレーナーさんも、お客さまにとっては意外と否定できない存在です。あの先生とこの先生、言ってることが違う・・・なんてきっとよくあることです。
そんな時、他の先生を否定したり自分の主張を正当化するのではなく、違いを認め、受け入れて、お客さまに選択肢を与えられるようなインストラクターやトレーナーがたくさんいたらいいですよね。
フィットネス業界でもセカンドオピニオンが当たり前になれば、結果的にお客さまが自分自身の納得できる方法で運動ができ、継続にも繋がるんじゃないでしょうか?
[PR]
by fit_business | 2010-10-19 09:09
山ガール
最近公園巡りにはまってます、Web事業部の梅沢です。

色々な人々がそれぞれの時間を楽しそうに過ごしているのを見ると、
私もなんだか幸せな気持ちになれるんです。

不思議ですね。



先日、ワコールの展示会に足を運んだ際、トレッキングウェア
(最近流行りの山ガールスタイル)
に一目ぼれしてしまいました。

オッシュマンズに行ってもフロアの多くがランニング、トレッキング商品でいっぱいです。

ボーダー、ドット、ヤマスカ、ランスカ

どれも本当にかわいいんです♪


山に行きたいのは二の次。
まずはかわいいウェアに身を包みたい!!という動機不純ではありますが、、、
早速、友人と筑波山に行く約束をしてきました。


きっかけは何にしても、体を動かすのってとっても気持ち良いですよね。


紅葉シーズンに向けて、山ガール、山ボーイウェアに身を包み、ぜひ出かけてみてください。

新作ウェアはぜひフィットネス市場で!!
[PR]
by fit_business | 2010-10-18 21:40 | ショップ日記