ブログトップ
<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ワンコイン
昨日のサッカーを見逃してしまいました、、、Web事業部の梅沢です。

色々な場所で、沢山の方々が、日本の復興のために動いている姿を見て、感動する日々です。


フィットネス業界でも、色々なインストラクターさんがチャリティイベントに積極的に参加されているのを目にします。
NEXTでもお手伝いできるようにチャリティイベントページを立ち上げております。

私達ショップでも、何かできることはないか。
MGの大村と話合い、

「がんばろう、日本!震災復興特別セール」
を立ち上げました。

街中を歩いていると、いたるところで募金箱が設置されていたり、募金の呼びかけを行っています。
街中で募金活動を目にされましたら、フィットネス市場でのお買い物を思い出していただき、購入商品の割引額から「100円」を募金活動にご協力をお願いをする企画です。


ひとりの人が募金箱に入れる1万円。
100人の人が100円を入れた1万円。

同じ1万円でも、みんなの力が集まった1万円のほうが多くの願いが込められている気がして。
購入して下さったお客様の手で復興への思いも一緒に募金箱に入れていただけたらいいなと思っています。


現在それ以外にも、インストラクターさんや、clapさんと協力して、チャリティTシャツ企画も立ち上げています。


ひとりの力は小さくても、みんなで集まって、力を合わせれば、何かできるはず。

今日も、前を向いて!! がんばろう日本!!
[PR]
by fit_business | 2011-03-30 09:00 | ショップ日記
今回の報道を見て思うこと
おはようございます、NEXT編集部の三方です。更新が遅れまして大変失礼致しました。

この度の震災でブログを読んでくださっている皆様やそのご家族、社員の皆様が無事であることを心から願っております。

この2週間は、情報過多でめまぐるしい日々でしたね。直後は随時テレビから目が離せずにいましたが、今回の報道を見ていて、災害直後の東電や首相に対する報道陣の攻撃的な質問と引き出す情報が気になりました。被災者の方が求めている情報や、全国民が求めている情報では無いと思われる質問・情報が相次いで流れていたように思います。
責任の追求も今後の為に大事ですが、まずは被災者がどのように行動すべきか、その他の人は何をすべきかをトップに立つ人間から引き出し報道すべきだったと思います。 あまりにも多くの情報が溢れてしまい、現在も国民が極端に行動してしまっているのは、情報を発信するメディアに問題があると思います。

そんな報道を見ていて、災害情報に限らず、受信者も普段から信頼できる情報や人を見極める力を養いながら、今自分に何ができるか、今後の対策をどうするか冷静に考えたいと思いました。
[PR]
by fit_business | 2011-03-28 09:01
「楽しさ」の提供
みなさまこんにちは、剱持です。
被災地の方や関係者の方には、心よりお見舞い申し上げます。そして、関東近郊で不便な生活を送られている方、西日本で心を痛めている方、それぞれの思いや生活があるかと思いますが、「今自分のやるべきこと」を見極めていきたいと思っております。

震災について思うことも多々ありますが、まずはサンフランシスコで行われたIHRSAのコンベンションの感想を話したいと思います。

私が、日本でもぜひ!と思ったことのひとつが、ジムでのグループエクササイズです。
バイクやステップなどを使って、インストラクターが音楽に合わせて指導しており、ジムでの運動を楽しみながらできました。
「トレッドミルで30分」とモニターを見ながら走っていると、時間が長く感じてしまいますが、これだとあっという間に時間が経ちます。

スタジオは集客できているのにジムには定着しないというのは、「楽しくないから」というのが主な理由でしょう。
昨日の中嶋経営塾でも、ルネサンス斉藤会長が「ジムをもっと楽しく」とおっしゃっていましたが、そうすればもっとジムにもお客さまが定着するのではないでしょうか。
すでに取り入れているクラブもあるようですし、実際に行うためには各種課題も生じるかと思いますが、ぜひジムでも「楽しさ」提供してほしいと思います。


上記のことに限らず、「楽しさ」を提供することは、フィットネスクラブの役割のひとつであり、今のようなときにこそ必要なことです。
不謹慎・自粛・世論など、気になることはたくさんありますが、フィットネスクラブにはぜひ「楽しさ」や「元気」「活気」を提供してほしいと思います。
[PR]
by fit_business | 2011-03-23 11:01
国民性
ビルが揺れる度に少し緊張してしまう本庄です。

先日の地震はすごかったですね。
皆様、または皆様のクラブのお客さまは
大丈夫だったでしょうか?

あれから毎日テレビに釘付けになっています。
被災地の方は本当に大変だと思いますが、ニュースを見ていて
つくづく感じるのは、「日本国民って素晴らしい」ということです。

国によっては、災害時に暴動や略奪などが起こります。
テレビカメラを向ければ、カメラの取り合いのような状態となり、
一斉にカメラに向かって怒りや悲しみをぶつけます。

そういう国は発展途上国に多く、日本のような豊かな国では
起こりにくいといえばそうだと思います。

しかし、現在の被災地では、やっと物資が届いたとき、
他の人より我先にと手に入れたい気持ちは皆同じだと思います。
それを雪が降る中きちんと列に並び、物資の配分者なども、被災者の中で
自然に役割分担が振り分けられているとのこと。

カメラを向けても、他の人がしゃべっているときはきちんと後ろで待つ。
非常に厳しい状態でも秩序が守られており、お互いを思いやる気持ちが
溢れています。

そのような人たちが、一刻でも早く元の生活に戻れるように、
私も募金など、小さくてもできることから協力していきたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2011-03-17 10:04
震災を経験して思うこと
会社でも足の踏み場がなくなり、家でも電子レンジがふっとび、壁が剥がれ落ち・・ケガもなく幸いでした。。。岩井です。

今回の地震は大変な影響をおよぼしています。津波で大きな被害を受けた被災地の方々はもちろんですが、節電で多くの会社が営業を制限されるという二次災害に襲われています。

多くの人がツイッターなどで、今自分たちができることを行動に移し、呼びかけています。募金や節電で少しでも復旧に協力することはもちろん重要です。ただ、思うのは、被災地の状況や、そこにいる人々の心情はそこにいる人にしか分からず、むやみに被災地の方々助けになろうとするよりも、自分が今やるべき仕事をしっかりして、日本の経済や日本の元気を支えていくこともまた重要なのではないかと思います。

こんな時こそ、自分の仕事、自分のやるべきことを一生懸命、工夫してやっていくことが、結果的には被災地や自分たちも含め地震の影響を少しでも少なくすることにつながると思っています。

健康も電気も、なくなってはじめてそのありがたさが分かるものですね。電気がなくても健康があればがんばれる。今我々にできることは、みんなの健康を守る情報を発信していくことにもあるとも思います。
[PR]
by fit_business | 2011-03-14 15:26 | 今日の編集部
考えていない人
 皆さん、こんにちは。編集長の古屋です。

 今日は、これからスポルツさんのヘルスビズウォッチ塾(セミナー「健康業界のビジネスモデル」)に参加するため、簡単に失礼します。さて、私は読んでいませんが『残念な人の・・・』というタイトルの本が確か出ていたと思います。私も仕事をしていて「この人は残念だな」と思うことがしばしばあります。それは、考えていない人です。一例をあげると、自分なりに一生懸命考えて、こうだ!というところまで練り上げて書類をまとめるのが普通の人かと思うのですが、あまり考えることもせずいい加減な考えのまま中途半端な書類をつくる人がいませんか?こういう人は、たいてい自分の足りなさに気づいていません。考えて、考えて、少しでもよい書類に仕上げる、という仕事の仕方をしたいものですね。あくまで一定の時間の中で、ですけれど。
[PR]
by fit_business | 2011-03-09 17:37 | 今日の編集部
言葉での表現
同じカンちがいをしてたことに
NEXT澤のコメントで気づいた
編集部/デジタルコンテンツ
開発部・奥浜です。


思っていることを言葉で表現するのは
むずかしいものです。
話し言葉でも、文章でも、
果たしてこの言葉は
ちゃんと自分の今の思いを
正確に表しているのかな、
と不安になることは多々あります。

だからできるだけ言葉で表現する
精度を高めるために
本を読んだり映画を観たり、
また異なる価値観を持つ人と
触れる機会を持つようにしています。

けど、難しいですね。
せっかく豊富な語彙を有する
日本語の国に生まれたのに、
自分は何割使いこなせているのか。。
もどかしく感じることもあります。

そんな私だからこそ
言葉を上手に、わかりやすい
比喩なども交えながら
話す方と出会うと
感動してしまいます。
その人の幅の広さや発信力の
すごさを伺えるからです。


先日あるパティシエの方の
お話を聞きました。

「パティシエはお菓子を作ることが
仕事だけれども
そのお菓子に込めた思いを
チャンスがあればお客さんに
伝えるよう努めている」

ということをおっしゃっていました。


一つの仕事には、そこを取り巻く
様々な人の生活が存在するものです。
そういうことも
視野に入れることを忘れず
人と人との思いの交換も意識しながら
気持ちを新たにしたい、
そう感じる出来事でした。

忙しいとつい目の前のことに
集中しがちです。
けれど、余裕を失わないよう、
日々思いを表現することを
疎かにせずにいたい、
そう考えるこの頃です。
[PR]
by fit_business | 2011-03-08 08:55 | 今日の編集部
顧客満足度
長友選手の「インテル」はパソコンの「インテル」だと今日まで勘違いしていましたNEXT澤です。

3月でやっと暖かくなると喜んでいましたが、今日は雪。
まだまだ寒い日は続きそうですね。
フィットネスクラブの顧客満足度を働いている方はどのように把握しているのでしょうか?集客数、継続率、利用率、いらっしゃっている方の表情・・・いろいろあると思います。例えば、競合クラブが新しくできた訳ではないのに急に退会者が増加した時は、きっと何かが悪いんだろう・・・と改善策を考えると思います。クレームが多発したときにも、問題があると分ります。退会もクレームも入会者も通常通り、継続率や利用率も変化がなければ、お客さまは満足しているのでしょうか?問題が潜んでいるけれど、数字や形に表れていない場合は沢山あると思います。

知り合いの方にこのようなフィットネスクラブの会員の方がいます。
その地域に他にフィットネスクラブがなく、行き場がないから通っている。ハード面はしょうがないとしても、スタッフの対応やソフト面では全く満足していない。何度もクラブ側に訴えかけても全く改善がない。同様意見を持つの会員さんは沢山いるので、本社に嘆願書を送ったが目を通して貰えたのかさえ不明。面倒なお客としてスタッフに扱われた人を何人も見ているのでもう意見を言う気にもならない。他の施設に行けば良いと思いますが、やはり「近い」ので、そこに通っているとのことです。中には足が悪い方など、物理的に他に通えない方もいらっしゃるそうです。近くに良いフィットネスクラブが出来るのを待つばかり。という状況です。
このようなフィットネスクラブは滅多にないと思いますが、実際にあるのも事実です。もしかしたら、どのフィットネスクラブにも何人かは満足はしていないけど通っている、という方がいるかもしれません。全員が満足することはすごく難しいことですが、せめて満足させようという姿勢だけでもみせて欲しいものです。
[PR]
by fit_business | 2011-03-07 09:48
ショップからのお願い
先日、自転車を買いました
WEB事業部の梅沢です。

関東に引越して、約8年ですが、今までに自転車を無くすこと5回。。。
今回の自転車は大切にしようと心に決め、週末はサイクリングに行ってきました。


NEXT3月号にて掲載致しておりますが、現在ショップでは読者モデルを探しています。

イタリアンウェアーや、それ以外のショップで扱う商品を着て下さるインストラクターさんを探しておりますので、しっかりトレーニングをしていて、フレッシュで可愛いい、(欲を言えば、さらに爽やかな)インストラクターさんがいらっしゃいましたら是非ご連絡、ご紹介下さい。

やはりインストラクターさん、トレーナーさんの身体作りは大切ですよね!
「さすがだな~」と思えた時に、説得力と、この人に聞いてみよう!!って気持ちになります。


私事ですが、先日Tフィットネスの担当のTさんに入会資料を送っていただきました。
(Tさんいつもありがとうございます。今月中には入会します!!)


暖かくなって、活動的になる時期。
私も、もっとフィットネスを楽しみたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2011-03-01 09:00 | ショップ日記