ブログトップ
<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
GYMCOに賭ける想い
 皆さん、こんにちは。編集長の古屋です。

 「GYMCO」という名のサイトを6月1日に正式にオープンします。これまでご利用いただいていました全国のフィットネスクラブを検索するサイトを、思い切ってリニューアルし、より機能を拡充することにしたのです。「GYMCO」は、文字通りジムを求める方、ジムが好きな方のコミュニティサイトを目指しています。これまでの機能に加え、クラブを利用した生活者がクラブについての感想を書き込める機能を追加しています。所謂クチコミ機能ですが、これはフィットネスクラブに興味をもった生活者の方々がより自分にあったクラブを納得感をもって選べるように配慮したものです。このほかにも、これからもっと生活者の方々がフィットネスクラブに入会しやすくなり、そしてさらにその先でより継続して利用したくなるような機能を追加しサイトを拡充し、使いやすく役に立つサイトにしていきます。つまり、(1)フィットネスクラブに興味をもった方々がフィットネスクラブにアクセスしやすくする機能(2)フィットネスクラブに入会した方々が、よりフィットネスライフ、クラブライフを楽しめるようにする機能の2点を強化していきたいと考えているのです。ここは基本的に私たちが最も大切にしたいコンセプトともいえる点ですから、拘り続け、より生活者の方々、入会者の方々が喜ぶサイトにしていきます。構想を現実のものとするためには、(1)フィットネスクラブを運営する方々から常に新鮮で正確な情報の提供をいただけるようにすること(2)同様にトレーナー・インストラクターの方々からも常に生活者の方々、クラブの会員さまに役に立つ情報の提供をいただけるようにすることが大切と考えています。私たちは関係者の方々とのリレーションシップを大切にし、皆さまとともに業界の発展、成長に寄与することを誓いますので、何卒ご協力をよろしくお願いします。そうした観点から言いますと、「GYMCO」は、私たちの資産というよりもフィットネス業界共有の資産と位置づけられると思います。ぜひご意見などがありましたらお気軽に編集部までお寄せください。皆さまとともに「GYMCO」を育てていきたいと思います。

 追伸 

 サイトのマネジメントは、編集部/デジタルコンテンツ部の長谷川りさが担当します。この部分のサービスは、これからどんどん拡充していきたいと考えていますから、長谷川をリーダーに人的資源なども増強しより積極的に取り組んでいきます。フィットネスが大好きで、システムにも強いという方を只今募集しています。私たちと想いが一緒で、ぜひともに取り組みたいという方の応募をお待ちしています。どうぞ宜しくお願いします。

 

 
[PR]
by fit_business | 2011-05-29 13:47 | 今日の編集部
誰かに支えられて頑張る・・
編集部に仲間入りさせて頂き2週間が経ちました新人長谷川です。
c0052138_9471119.jpg

前回のブログにコメントを下さった皆様
どうもありがとうございました。
とても励みになります(^^)/
皆様からのメッセージを心待ちに
これからも頑張ってまいりたいと思います。

突然花の写真を載せてみました。
WEBページが重くなると叱られないといいなと
           びくびくしている私はデジタルコンテンツ担当。・・・。

皆さんはどんな花がお好きですか?私が今一番好きな花は花びらの少し大きめなマーガレットです。この写真の花は知人と待ち合わせていた花屋さんで見つけました。都心だしこれから食事だというのに大きな鉢植えを何だかこの時は我慢できずに買いました。実はこの時の集まりの中に一緒にいた方が、将来的に目が見えなくなるかもしれないという状況にある事を昨日仕事帰りに聞きました。こんな時『自分に限って。仲間に限って。良い人なのになぜ試練を受けなければならない・・・』というように『どうして』と世の中を真っ直ぐに見れなくなってしまいそうになります。

でも本当に辛い状況になった時、初めて見えてくるのが目に見えている景色ではなく人の、自分の、心でもあるのだと私はいつも思います。今まで周りにいた人が本当の友人かどうかなど大切にするべき人やものを再認識できる機会。普通の生活の中ではなかなか気付く事の出来ない、お金で買えない、きっと人として生まれて一番大切なものに出逢えるんだとどうか前を向いて頑張っていって欲しいと思います。私もそうなのですが、健康維持や楽しみだけでなく、スポーツはメンタルを外から鍛えるという事でも有効です。仕事がフィットネス業界だからという事から離れても私の影響でフィットネスクラブに通うようになっていたその人へ本気でトレーニングを始める事を薦めた瞬間でした。

編集部にはセンスのいいスタッフDJが何名かいるのですが今朝のセレクトは、個人的に非常に感慨深い思い出が駆け巡る懐かしい音楽が流れています。オフィスは時々音楽が流れているお洒落な感じです(笑)。私もそんな思い出だったり、好きな曲だったり、何より今は慣れない仕事で気持ちが早速折れてしまいそうですが、編集部の可愛く明るく楽しく優しいスタッフに毎日助けられています。必ず誰かが優しい声をかけてくれるスタッフの中に残っていけるようになりたいと思い何とか続いています。ご迷惑をおかけしている皆様申し訳ございません。もう少しの間だけ温かく見守って下さると幸いです。毎日のようにつらい出来事が沢山あります。きっと私が自分が乗り越えられるレベルでしか試練は来ないのだと思って、チャレンジスピリットで乗り越えて行きたいと思います。皆さんと一緒に。皆さんもこんな私でも頑張っている事を思い出して。今日は長く書いてしまいまして失礼しました。編集部/デジタルコンテンツ開発部 新人 長谷川でした。
[PR]
by fit_business | 2011-05-27 10:59 | 今日の編集部
事実を受け入れること
こんにちは、NEXT澤です。

昨日の夜テレビをぼーっと見ていたら、ADHD(注意欠如・多動性障害)とアスペルガー症候群の女性についての放送をしていました。
彼女は32才まで自分自身の障がいを知らなかったそうです。他人の感情を読み取れなかったり、片付けが出来なかったり、集中力がないために両親や先生には怒られてしまう様子は見ていてとても悲しいものでした。

私自身、子どもの水泳指導をしていたときにそういう子も何人も見てきました。難しいのは、障がいなのか、個性なのか、親のしつけの問題なのかわからないこと。叱って教えれば治るのか、そもそもその子には出来ないことなのかがわからないと、指導する側もどうしていいのか悩んでしまいます。
保護者の方から脳に障がいがあるので・・・と仰っていただくこともありましたが、中にはいつも怒ってばかりで「どうしてうちの子は言うことを聞かないんだろう」と悩み、母親が鬱病になってしまったことでお子さんのADHDが発覚した方もいらっしゃいました。

昨日のテレビ番組の女性は、32才の時に初めて専門医に診てもらい脳の障がいと診断されます。その時に、出来ないのは自分の努力が足りないせいではなく脳のせいとわかり、そこから彼女自身が大きく変わっていきました。受け入れたくない事実もたくさんありますが、ありのままの事実を受け入れることで人は大きく前進するのだなと感じました。何事も事実から目をそらさずに、すべて受け入れた上で最善の道を考えていきたいものです。
[PR]
by fit_business | 2011-05-26 13:46
Favorite things
ジャックスパロウに恋しちゃいました。
WEB事業部の梅沢です。

3D技術の更なる発展を切望します。



先日、衣替えをしていた時のこと。
自分の引き出しにお気に入りが増えたなと実感しました。

数年前から、お気に入りを買うことを心掛けてきたのが少しづつ形になってきました。

お得な物を買うとか、ブランド物を買うとか、セールに行くとかをやめて、
1000円でも10000円でも、自分の気に入ったものを買うようにしました。

気に入っていると、洗濯にも保管にも気を使うようになりますし、
1年で捨てないで、3年、5年と、長く着れます。


その成果か、最近、服や物を買うことが格段減っていることに気がつきました。


下北で買った古着のワンピース、
地元岡山、KAPITALのジーンズ、
韓国で買った透明のマグカップでお茶を飲むと、味も格別。

お気に入りが自分の周りに増えたことで、自分の心のゆとりも出来た気がします。


QOLの向上。

テーマですね。



ショップでも、お気に入りのウェアに出会っていただけるよう、
新しい商品を提案していきたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2011-05-24 10:11 | ショップ日記
閉店前の出来事
つい先日、docomoからソフトバンクへ乗り換え、
操作がわからず悪戦苦闘。NEXT担当の三方です。

ところで、携帯電話を変えた際に、電話帳を移すためにソフトバンクショップに行きました。21時を回っていた為か、広い店内は空いていて多数の店員さんが暇している様子。わたしはハイテクマシンに案内されたのですが、使い方がわからずマニュアルを読むが…うまくいかないこと約5分。その間、付近の店員さんはひたすら掃除中。ついに自力は諦め伺うと快く教えて下さりましたが、暫くしてまた苦戦…。しかし、店員さんは離れて掃除。彼女にはそのつもりがなくても、早く帰りたい様子に見えてしまいました。そしてなぜだか、フィットネスクラブを思い出し、似ているな…と。

閉店一時間前にクラブを利用すると、必ず掃除をするスタッフに遭遇しますが、他の時間と比べて気配りが無いような気もして…サービスが薄く感じてしまいます。シフトや営業の関係もあると思いますが、一日の終わりにすっきりしに行ったお客さんからすればとても残念な出来事。

皆さんのクラブでは、閉店前のサービスはいかがでしょうか。退会理由には書かれないことでも、要因になっているかもしれませんので是非チェックを。
[PR]
by fit_business | 2011-05-20 08:54
自ら動く
みなさまこんにちは。剱持です。

突然ですが、「棚からぼたもち」とは「思いがけない幸運がめぐってくることのたとえ」。
小学生ですら知っていることでしょう。

しかし、棚から落ちてくるぼたもちを手に入れるためには、実はそれなりに努力が必要です。
こまめに棚の上をのぞく、棚の下を常にうろうろしている・・・など。

チャンスを掴むには、本当にただただぼーっとしているだけでは降ってこない。できるだけ、チャンスが掴めそうな場所にいる。
自ら動かなければ、棚にあるぼたもちすら手に入らない。

この話をしてくださったのは、小学館の文芸編集長を務める菅原朝也さんという方です。
いい作家さんは待っていても見つからないし、ぼーっとしていては新たなアイデアは浮かんでこない。いいものを書いてくれる人を待っているだけではベストセラーは生み出せない。
他人から見たら一見何もせずに手に入れたように見えても、実際に幸運を手にしている人はそのための努力をしている。


考えてみれば当たり前のことですが、このような解釈もあるのだ、と目から鱗でした。
チャンスを掴むために、常に積極的で、全力でいなくてはいけないのだとあらためて思いました。
[PR]
by fit_business | 2011-05-16 11:50
歯科医院の戦い
先週末は体調を崩し、せっかく晴天の日曜も
寝て終えてしまった本庄です。

…そんなところで、本日は病院(歯科ですが)の話をひとつ。

歯科医院が毎年増え続けているという話は皆さんも
聞いたことがあるかと思います。

私の家の近所にも、3軒ほどあります。
一番新しいところは、(なぜか)ハワイの雰囲気を
全面に押し出し、内装もアロハ系、そのチラシなどは
パッと見ただけでは、「ハワイアンショップ?」という
ようなものでした。

駅に近いこともあり、それなりに人は入っているようですが、
私はまだ通ったことがないので、本当のところは
わかりません。

また、知り合いが勤めている別の歯科医院は、
一見多くの患者さんもいて順調に運営しているようですが、
その院長にはまだ幼い4人の子供がおり、開業資金だって
かかっている。患者さん集めに必死で、彼女も
チラシ配りなどにしょっちゅう駆り出されるそうです。

さらに別の歯医者は、地道に長年運営していましたが、
院長が長期入院してしまい、再開は厳しいのではないか…
という噂。

“患者集め”と考えると少し違和感はありますが、やはり積極的に
チラシ配りや他との違いをアピールした歯科医院が成功するのか、
派手なことはせず、地道に運営する歯科医院が成功するのか。
これからもチェックしていきたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2011-05-12 09:30
初めまして。
初めまして。
この4月後半に編集部に仲間入りさせて頂きました長谷川と申します。

初めてづくしの仕事。
幾つになっても慣れない仕事は覚えるまで大変ですね。
でも編集部の職場はとても明るく楽しい方ばかりで安心です。
これまでに経験した事のない職場の雰囲気。
編集業務&フィットネス業界に来たんだなぁと実感する今日この頃です。

最近、未経験職種にチャレンジをする私の姿を見た人から
ミスチャレンジスピリットというニックネーム?を頂きました(笑)。
私に似合わないその名前に大変恐縮しました。
私にはただただ叶えたい夢がたった一つあっただけ・・・。

でもそのニックネームに騙されて(笑)みようかと思いました。
チャレンジする事を恐れず頑張っていきたいと今は思っています。
そんな私を見て「自分も頑張ってみよう」
と思ってくれる人が出てきたら嬉しいなと思います。
そしたらその人にこのニックネームをバトンタッチして(笑)。

今はまだ毎日ついていく事でいっぱいです。

社会人としては短くもなく新人として甘えている場合でもない私。
社内ではまだ迷惑をかけてばかり。
一日も早くスタッフの一員になりたいと思っています。


何よりブログをご覧頂いている皆様に一刻も早く
楽しく素敵な情報がお届けできるように頑張ってまいりたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by fit_business | 2011-05-06 10:03 | 今日の編集部