ブログトップ
<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
採用問題
ネクスト三方です。

2年間フィットネスジョブの営業や制作を担当して感じていたことを、先日掲載主のお客様がおっしゃっていました。

人件費をカットし過ぎると、利益は伸びにくい。思い切って言わせて頂けば、本当にその通りだと思っています。

なぜそう感じるか。

まず最近、求人掲載主の担当者さんは皆さん良い人が採用できない・定着しにくいとおっしゃっていて、求めている人材と違っていても人が足りず採用し、また辞めて採用しているサイクルが早まっているように思います。

その状況ですと、年間で求人にかける広告費も、繰り返し新人を育てる現場の負担も、社員の意欲と利益を削っていく一方で、負の連鎖から抜け出せない。

けれどシンプルに考えれば、利益を生み出し発展する為に人材の確保をするのであれば、給与・待遇を変えることが近道だと感じます。実際にそういった企業に応募が集中していますので。

業界全体が人材にかける費用を改革しなければフィットネス業界の未来は変わらないのではないでしょうか。もっと言えば、新卒や若い人材にとって目に見える形で魅力が無ければ、人材が確保できず、その先の利益増加という業界や個々の企業の発展も困難に思います。

色々と経験されている経営者の皆様へ失礼と承知で、媒体を運営していて思ったことを書かせていただきました。

個々の企業の採用問題の解決は簡単ではなくても、業界全体を見渡すと問題の根本はシンプルな気がします。
[PR]
by fit_business | 2011-10-29 16:42
現場の力
みなさまこんにちは。剱持です。
「Fitness Business」57号では、「Hit Item」で「シニアプログラム」、「Front Line」で「地域との共生」を特集します。

さて、先日「東京ガスホスピタリティフォーラム」に出席させていただきました。
「震災後の日本のゆくえ」というテーマで、慶應義塾大学大学院教授、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問の岸博幸氏のお話をうかがいました。

経済、社会についてマクロの視点からのお話が多かったのですが、「日本の本当の強みは現場の力だ」とおっしゃっていたのが印象的でした。

企業も国も、トップの力が弱いほど現場の力が発揮されるため、トップの力がなくても組織は機能するということです。
東日本大震災後の東北で、国の決断が遅かったのはいうまでもないことですが、それに比例する現場(警察、市役所などの地元職員、バス会社など)の行動の速さは目を見張るものがあったそうです。

仕事が進まないことをトップのせいにする、という言い訳は誰もが考えそうなことですが、だからこそ現場がリードして進めることも重要なのだと考えさせられました。
[PR]
by fit_business | 2011-10-25 12:11
仕事+仕事
やっと涼しくなり、秋の気配に喜んでいる本庄です。

先日、ハワイに住んでいる知り合いの方に久々に連絡をとってみました。

彼女はフランス人の夫をもちながら以前はアメリカに住み、留学生のケアを
する仕事をしていました。
しかし、夫の仕事の都合で約2年前にハワイへ引越し、単純な私は
「ハワイなんて羨ましいな~」と思っていました。

しかし、実際にはすごい日々を過ごしていたことがわかりました。
「アメリカで20年間続けていた大好きな仕事をやめ、
多くの仲間とも離れてハワイに来て、新しく始めた仕事がすごい辛くて
毎日泣いていた」とのこと。

今では少し慣れてきたそうですが、それでもやはり辛い。そこで
彼女が考えた対処法は、再び留学生のケアをする仕事を現在の仕事
に追加して始めることでした。

「やはり、好きなことができると、今の辛い仕事も前向きに
できるようになった。仕事量としてはすごい増えたけど、
精神の安定にはよい」とのことでした。

大抵の人は、仕事で辛いことがあれば、仕事以外の趣味などで気分を
変えようとすると思います。
しかし、彼女は辛い「仕事」を別の「仕事」でカバー。
彼女のパワフルさに感心しました。
これからも応援し続けたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2011-10-20 12:44
20代、40代
早いもので来春から娘は幼稚園のプレコース。スポーツ幼児園の説明会に行ったところ、毎日お弁当とのこと。これまで離乳食も食事も保育園にお願いしてきましたが、とうとう自分でやらねばとABCクッキングに入会しました。食べるのは簡単ですが、作ることの大変さを改めて実感して、気が遠くなってます。四十路の手習いで料理を始めます、岩井です。

ここのところ、若手の方々の成長に目を見張ります。以前、パーソナルトレーナーに言われた言葉を改めて思い出しました。「20代は気をつければ変わっていけるけど、30代は頑張らないと変われないんですね。それで、40代は『そーとー』努力しないと変われないんです。智子さんは40代ですね。そーとー努力してくださいね」と。かなりグサッと来ましたが、この言葉で覚悟が決まって、準備してた以上の気合を入れてトレーニングに励んだ記憶があります。

特にフィットネス業界でも、20代の方々の活躍がすごい。フィットネスクラブ運営企業の若手経営幹部の方も、パーソナルトレーナーやグループインストラクターの方々も、当社のみんなも、どんどん成果を出して業界にいい影響を与え始めていて、その成長を感じるたびに羨ましく感じると同時に、とても嬉しく思います。

フィットネス業界で働くことを決めてから、将来性のある若い方々に、この業界で働いて、力を発揮してほしいと常々思ってきました。これからもこの仕事の価値を信じて、存分に力を発揮しながら成長できる業界でいられるよう、私も力を尽くしたいと思います。今リーダーとして経営や運営を担っている40代の方々。そーとー頑張りましょう!
[PR]
by fit_business | 2011-10-18 06:10 | 今日の編集部
指定管理施設を含めたドミナント戦略
 こんにちは。編集長の古屋です。昨日は、2ヶ月に1回定期開催している「フィットネスビジネス勉強会」の日でした。メイン講師は、住友不動産エスフォルタの山崎隆司部長。テーマは、「指定管理と直営店で地域ドミナントを狙う、これからの民間クラブ新戦略ー実践的ノウハウを全公開、指定管理はこう獲れ!」。いつものようにアナウンサーばりの活舌で、提案書づくりやプレゼンテーションのポイントをわかりやすく説明してくださいました。さらに、懇親会、2次会とおつきあいいただき、コンペでの裏話やエピソードなどもお聞かせいただきました。今回の勉強会で話された具体的な内容については、只今『フィットネスビジネス』誌にも連載していただいていますので、今後の同誌をご参照ください。たぶんこちらも「ノウハウ全公開」でご執筆いただけることでしょう。

 さて、個人的には、一定エリアにおいて、ナンバー1クラブになることを目指す”地縁企業”は、そのエリアにある総合体育館やプールなどの指定管理者になることを目指すとよいと思います。さらに、そのエリアに住む生活者の異なるニーズを満たす複数の業態のスポーツ・フィットネス施設(直営店)をつくり、文字通りドミナント展開を推進して、地域の生活者の健康づくりに貢献していくとよいと思うのです。できることなら、地域活性化や地域再開発、街づくりなどの委員にもなり、そのエリアで、スポーツや健康にかかわる何かの課題や案件などがでたときに、一番に連絡・相談がくるような存在になるとよいでしょう。直営店にも必ずよい影響を与えてくれます。こうした方向性に舵をきろうとする企業は既に各エリアにいくつかづつ存在していますが、まだその数は少ないですし、実力も定まってはいません。ですが、今後各エリアで必ず強い”地縁企業”が1社だけ生き残る時代になることが予想されますから、今からビジョンをもち、戦略を決めて、具体的な取り組みをしていくことが大切になるのではないでしょうか。手遅れにならないうち取り掛かることをお勧めします。ただし、直営店の経営もままならないという企業は、当然のことながら、その再構築が先となります。

 *次回のフィットネスビジネス勉強会は、12月14日(水)午後1時10分~品川保健センターにて開催予定です。
[PR]
by fit_business | 2011-10-13 09:46 | セミナー・講演会レポ
GYMCO新サービスのご案内
連休明けで頭がスッキリしないWEB開発部の坂梨です。
皆さんは連休をいかが過ごされましたか?

さて弊社では様々なWEBサービスを展開しております。
業界最大級「Fitness Online」をはじめ、「LIVE」「NEXT」「Fitness Business」の電子書籍展開。
WEBによる求人サービス「Fitness Job」やフィットネスECサイト「フィットネス市場」など。そういった様々なサービスを繋げるハブとして「GYMCO」のサービス拡充を進行しています。10月1日のリニューアルオープンから始まり、これから先もどんどんサービスを導入しています。

今月拡充したサービスは
・特集の強化
・「教えて!GYMCO」
・「あなたはどっち」
・「Piku Up!ジムコ」
・GYMCOからの電子書籍閲覧
・FitnessTVとの連動
・クラブ情報ページへのクラブブログの表示
・クラブのホットニュースをツイートし、それを「Fitness Online」で表示 などなど。
その他ページをフィットネスらしく元気に明るくリニューアル致しました。

特集ページではより皆様に楽しんでいただけるように、「教えて!GYMCO」は一般の方の疑問とインストラクター・トレーナーの方のアピールが満たされるようにとの思いで作られております。是非疑問や専門的な知識などを共有していただければ幸いです。
「あなたはどっち」は2つの商品を比べ、一般の方に感想を伺う企画です。「我こそは」と思われる企業様おられましたら、是非出展下さい!
「Piku Up!ジムコ」はGYMCOが選ぶ注目人物をご紹介します。自分をアピールしたい方からのご連絡もお待ちしています。
クラブ情報ページへのブログの表示は、一般のお客様から「クラブにはどんな人がいるんだろう」というご意見を多数頂戴しましたので新たに追加表示する事となりました。クラブのホットニュースのツイートはクラブ情報をより多くの方に伝えるための新サービスです。

フィットネス業界がもっと元気になるように、一般の方が知りたいと思っていること、クラブ運営の方やインストラクター・トレーナーの方の想いが伝わるようにGYMCOが橋渡しとなって皆様の利益に貢献できれば幸いです。
是非GYMCOをご利用頂き、交流を深めて下さい!
[PR]
by fit_business | 2011-10-11 17:23 | 今日の編集部
脂肪税
本日営業に伺った会社の担当者の方が10年くらい前の知り合いでした。世の中は狭いものとつくづく感じておりますNEXT澤です。

先日ニュースでデンマークの脂肪税のことが取り上げられていました。他にもハンガリーのポテトチップス税やフランスのソーダ税など話題になっております。お菓子と炭酸ジュース大好きの私には耳の痛い話題ですが、税収増とともに国民の健康に一役買えるのならばいいですよね。

ただ脂肪税がかかったことで脂肪の多い食品を避けるのかは疑問ですが。食べすぎで肥満の方は、すでにそれなりのお金をかけて太ってらっしゃるわけですし…。増えた税金分を気にして我慢する方なら、そもそも肥満になるほど太っていないような気も。肥満は病気にもつながりやすいので、保険料のことも考えると理にかなっているのかもしれません。

国民の健康を考えるのなら、健康になることは税金が安いなんてシステムもいいかと思います。そうしたらフィットネスクラブに通う人が増えるかもしれませんね。
[PR]
by fit_business | 2011-10-07 19:24
短くて長い2年間?
こんばんは、NEXT編集部の三方です。
私事ながら、10月1日で弊社に入って2年が経ちました。
本当に早くて、でも思い返せば長い2年間だったように思います。
矛盾してますが。

入社した当初はほぼ新卒で、電話を取るのにも緊張し、
最初の1ヶ月は半分寝ながら朝食を食べて必死で出社していました(笑)
初めて求人広告を担当させて頂いたお客様のことは今でも鮮明に覚えています。
あれから2年、良い意味でも悪い意味でも随分と変化しました。

がむしゃらにやってみた時期もあれば、参ってしまってぐったりしていた時期もあり(笑)先輩の皆さまもそうだったのでしょうか? それでも、一緒に働く仲間に救われたり、お客様に助けて頂いたりしながらやってこられました。お客様に助けて頂くなんて、本当に恵まれていたと思います。お会いした方や担当させて頂いたお客様皆さまに心から感謝しております。

このブログをご覧いただいている皆さまは、この業界で長く働かれている方がほとんどかと思いますので、2年なんてまだまだまだまだ!と言われてしまいそうですが、個人的な区切りでしたのでついつい回想ブログとなりました・・。どうぞお許しください。

業界の先輩方にお世話になりながら、また今月もNEXTが発行できることに感謝しながら、前進したいと思います。因みに、11月号は【社会貢献&復興支援フィットネスができること】ですので、どうぞお楽しみに!…して頂けましたら幸いです。

改めまして、今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by fit_business | 2011-10-05 20:23 | 今日の編集部