ブログトップ
<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
6月の花嫁
そろそろ虫が出てくる季節なので先日大掃除をしたwebの坂梨です。
早いもので5月も今日でおしまいですね。明日から6月。梅雨が近づいていると思うと少し憂鬱です。
6月といえばジューンブライド。もともとは6月に結婚した花嫁は幸せになれるというヨーロッパからの伝承だそうです。プロポーズは多くの人にとって人生の節目となります。方法はもちろん人によって異なりますが、梅雨の憂鬱を吹き飛ばすような素敵なプロポーズをご紹介します。

■こちらはFacebookでも話題になっているプロポーズ動画です。
ミュージカルのように音楽に載せて進行していきます。
http://www.youtube.com/watch?v=5_v7QrIW0zY

■こちらは昨年話題になったショッピングモールでのプロポーズです。
http://www.youtube.com/watch?v=xzEkLz-_6fM


■最後に25件のプロポーズをまとめた動画です。最後のプロポーズがとてもロマンチックです。
http://www.youtube.com/watch?v=YKL4fgWW6Kk&feature=player_embedded

どの動画を見ていても、相手の記憶に残るようにアイディアを練り多くの方にご協力いただいて実施されています。
こういった動画を見ていると、とあるホテルでのサプライズを思い出します。左記の事例では常連のお客様に対して従業員がお祝いしたいと考え、他のお客様にご協力いただいて誕生日のお祝いしたとの事です。
全てのサービスがそういった事例に当てはまるわけではありませんが、大きな驚きや感動を作り出すことはサービスの一つの理想のように思えます。
顧客満足度を高める為にはいつもの作業に対して、その根底にある「誰に何をどう感じてもらいたいのか」について意識を持つことが重要なのではないかと感じさせられる出来事でした。
[PR]
by fit_business | 2012-05-31 10:31
がん健診
こんにちは、NEXT澤です

先日、区の無料がん検診に行ってきました。私の住む江戸川区は、がんで死ぬ方の割合が他の区よりも多いそうです。がん健診受診率はなんと10%以下!これも一つの原因なのかもしれないですね。まずは受診率を高めようと、いろいろと工夫をしているようでした。

ご存知の通り、日本人の死因のトップはがんです。親族を含め、がんに一生涯関わらない人というのはほんの少数。がんにもいろいろな種類がありますが、その予防にはやはり生活習慣の改善が必要です。がん検診に来た場所で、このような話を耳にすると食事・睡眠・運動の大切さを改めて感じます。

ただ、お医者さんの中には『現代の人は生活習慣を改善するなんて言ってもムリ。早期発見して、とっとと取っちゃえばいいんです』なんて言う人も。フィットネス業界に携わる者としては、なんだか複雑な気分になります。そんなことを言うお医者さんだけあって、ポッコリおなかでしたが・・・。一方、区長さんは生活習慣の改善を進めることで、医療費の軽減にも繋がると意気込んでいます。生活習慣の改善なんて言うと仰々しいですが、良い習慣を取り入れると考えれば楽にできそうです。身体にとって一日一善するだけ。そんな風に身体のことを考えるきっかけになっただけでも、がん検診にいって良かったと思います。みなさまも、ぜひ!
[PR]
by fit_business | 2012-05-28 11:51
話題になる
みなさまこんにちは。剱持です。

先日、オスカープロダクションから新たにデビューした「モデルガールズ」のお披露目記者会見に行ってきました。
彼女たちはセントラルスポーツ監修で、健康と美しいからだづくりのための体操「モデル体操」を広めていくそうです。そして、これはプログラムとしてセントラルスポーツで展開予定とのこと。

お披露目会ではセントラルスポーツ広報の方のお話もあり、モデル体操の実演もありました。
しかし、当日のインターネットニュースや翌日の新聞では、セントラルスポーツのことはほとんど触れられていませんでした。
プログラムとして展開することがわかれば、もしかしたらフィットネスクラブに興味をもつ人がいるかもしれないのに…と残念に思いました。
(もしかしたらセントラルさん他何かしら事情があったのかもしれませんが)
「フィットネスクラブ」というものがもっと注目を浴びていれば、当然話題になっていただろうことが、ほとんど取り上げられていないのです。

フィットネス人口を増やすためにも、まずはメディアの話題にのぼるようにすることも必要だと感じました。
[PR]
by fit_business | 2012-05-25 16:13
明確なコンセプトが生む決断力
いまだ衣変えしていない本庄です。

今頃ですが、アメリカ版ヴォーグ誌の編集長アナ・ウィンター氏を取材した
ドキュメンタリー映画「ファッションが教えてくれたこと」を見ました。

本人が「私の強みは決断力」という通り、スタッフが「素晴らしい写真が撮れた!」
と喜ぶ写真も一目見て「いらない」とバッサリ。
また、「このロケーションいいと思うんだけど」という提案にも
「ヴォーグに載せるには陰気すぎる」と却下。

この映画を見ながら、彼女の強みは「決断力」というよりも、
「明確なコンセプトをもっている」ことなのではないかと感じました。

要するに、彼女のなかでの「ヴォーグというファッション雑誌とは」という
イメージがはっきりしている分、「この写真、出来がいいから使おうか」という
ことには決してならず、イメージに合わなければ却下するだけ。
だから決断が早いのです。

トップの決断は遅いよりも早いほうが、下で働くスタッフにとっても動きやすく、
よいはずです。しかし、ヴォーグ誌の場合、あまりに彼女の存在が大きくなってしまい、
ワンマン状態になってしまったために、せっかくの決断力がスタッフをかなり
振り回すかたちになっていたのは少し残念でした。
[PR]
by fit_business | 2012-05-24 18:23
10才のバースデイ
娘は2才4ヶ月のイヤイヤ期。かなり手がかかります。岩井です。

昨日5月22日は、会社の誕生日。登記が2002年なので、ちょうど10年。というわけで、ちょっと素敵なレストランで、会社のみんなと株式会社クラブビジネスジャパンの10才のお祝い会をしました。フェイスブックなどで多くの方々からお祝いのメッセージをいただき、ありがとうございます!!

人間で10才というと、もう自分のことはほぼ自分でできて、スキャモンの成長曲線から言うと、ゴールデンエイジのまっただ中。当社も10才を迎えた今、スタッフのみんなの発想と行動力が、会社の成長を支えてくれています。

この10年を振り返ると、会社の成長も人間の成長と似てるなぁと感じます。3年目くらいまでは特に大変だった記憶があります。何から何まで自分たちでやらねばならず、とにかく手がかかるし、すべてが不安定。今の娘の状況と全く一緒。思うようにならないことも多く、寝ないで面倒を見る日も少なくない。

そこから段々と、歩みが安定していって、もちろんすり傷やケガは絶えないものの、成長していけるようになり・・。

そう考えると、これからの10年は成人に向けて、社会の責任を担える強さをつけていく必要があると感じます。成人して本当の意味で社会の公器としての企業に育てられるように。改めて気を引き締めて臨みたいと思います。今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by fit_business | 2012-05-23 20:28 | 今日の編集部
フィットネスの世界へ
皆さま、はじめまして。
NEXT編集部新入社員の桑田です。
よろしくお願いいたします。

このブログを読んでいらっしゃる方々は、もちろん、
身体を動かすのが好きな方々が多いことと思います。

私も、もちろん好きです。
学生時代は少年野球とバスケットボールをしていました。
しかし! 社会人になってから、とたんに運動不足に……。

2年ほど前から、メタボ回避も目的に、少しずつ運動を再開しました。
最近はランニングに励んでおります。
今年中にハーフマラソン出場・完走することが目標です!

筋トレなども自宅でやっています。
ただやはり、より効果的なトレーニングを考えると、
個人の力には限界を感じます。

フィットネスクラブには豊富なマシンが揃い、
身体づくりに熟知したインストラクター/トレーナーの方々がいます。

さらに、フィットネスクラブという場には、老若男女さまざまな方が集まり、
身体を動かしています。
普段は出逢うことのない人々が同じ場所・空間で身体を動かしている――
その不思議な魅力のあるフィットネスクラブは、面白い場所だな、と思います。

また私自身、これまでサラリーマンとして仕事をしてきた生活の中で、
身体を動かすことの気持ちよさ、フィジカルによってメンタルが変化していく面白さを、あらためて実感しています。

個人的には、日々忙しく働く人々にこそ、身体を動かす楽しさ=フィットネス
の面白さに、もっと気がついてほしいですね。

みなさまのお役に立てるよう、頑張っていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by fit_business | 2012-05-22 15:41
スキヤキ
NEXTの長谷川です。

世界でヒットした坂本九の「上を向いて歩こう」の別名は「SUKIYAKI」。日本を代表する名曲です。しかしなぜ、スキヤキなのでしょうか。ご存知の方がいたら是非教えていただきたいです。

今日は世紀の天体ショー、金環日食が観測されました。観測された7時半頃は多くの方が空を見上げ、太陽の方を向いていた事でしょう。皆が一斉に太陽の行方を追う姿は季節を勘違いして咲いたヒマワリのようで、想像したら少し笑けてきました。

先述の歌謡曲をインターネットで調べてみたら、以下の記述がありました。
売り上げだけを見れば相当なものであったが、九の独特な歌い回しが耳に合わない当時の保守的な日本の歌謡界においては評価は高くなかった。日本レコード大賞にも選ばれていない。だが、この評価は世界での大成功により覆された。(Wikipedia−「上を向いて歩こう」)
価値あるものが、その価値を発揮出来ずに日常の中で流されていることがあります。NEXTにおいても流されそうになっている価値を再発見し、皆さまに伝える事が出来れば幸いです。NEXTの次号では新企画も用意しております。お手に届くまでもうしばらくお待ちください。
[PR]
by fit_business | 2012-05-21 09:00
ビジネスの原点
 昨日は、第2期中嶋経営塾(旧フィットネスビジネススクール)の最終講義日でした。これまで1年間をかけて12名の講師により、フィットネスビジネスに必要な知識、スキル、姿勢などを体系的に学んできたわけですが、最終日は、日本で「GOLD'S GYM」を立ち上げ、現在44店まで成長させてきているTHINKフィットネスの手塚栄司社長による「起業家精神と事業家の夢」と同社石渡元治取締役によるケーススタディでした。

 手塚社長は、自分を含め周りの人々が「あればいいな」と思うことで、自分が好きで得意な「新しいこと」、それでいて「人々に役立ち、人々が求め、人々と支え合える」ことをビジネスにするといいと語っていました。特にビジネスを継続して成り立たせるには、「人を支え、人から支えられる」関係、「人と人との信頼関係」が大切だと言われました。私も当社を起業してまだ10年と若輩ながら、企業の存続、成長にはこの人と人との「信頼」が大切だと感じています。それは形式的、表面的なことだけではできません。志やビジョン、利他の精神、真心、それに実行力や行動力といったものを伴わなければつくりあげることができないでしょう。ビジネスをする以上、利害関係者すべての人々との信頼関係を丁寧に築きあげながら、新しい価値を継続して提供していくことが大切になりますし、逆に新しい価値を継続して提供しながら長きにわたり信頼関係を築けそうもないと思うようならそのビジネスはしてはいけないということでしょう。

 起業家とは会社を出て独立する者という意味ではなく、企業内企業家も含め、起業家精神やベンチャースピリッツを持った者のことを言います。念のため。

 追伸

 7月から第3期中嶋経営塾がスタートします。フィットネスビジネスを一生涯のビジネスにしたいと望む方々のお申し込みを歓迎します。お問い合わせ・お申し込みは、フィットネスビジネス編集部までお気軽にどうぞ。
 
[PR]
by fit_business | 2012-05-18 10:35 | 今日の編集部
気になるニュース201205
5月に入り、温かいというよりもむしろ暑く感じるweb坂梨です。
さて弊社では誌面媒体を中心に経営や求人などのフィットネス関連の情報を発信しております。

経営情報に関連して、フィットネス限定のニュースというわけではありませんが、ショックなニュースがあったのでご紹介させていただきます。
東京労働局:事業所定期監督、71%で法令違反−−11年分 /東京

労働基準法違反などがあったのは8659件のうち71・0%だそうです。
別のニュースでは「解雇予告手当を支払いさえすれば解雇できる」と誤解している経営者も多いということなので、もしかしたらそういった認識の甘さが現状に繋がっている一因なのかもしれません。

その他の例として違反の認識がないというケースも。
「退職で損害」と訴えられた会社員 逆に会社を訴えて1100万円

こちらは2011年、退職を申し出ると、会社から「損害賠償請求するぞ」と脅され、退職したら本当に約2000万円の賠償請求訴訟を起こされた会社員がいたということで話題になりました。結果、会社の請求はすべて棄却。1日の労働時間を8時間とみなし、残業代を支給しなかったとし、会社に未払い分1136万円を男性に支払うよう命じる判決を言い渡したそうです。
この方の場合は裁量労働制対象外の営業・プログラミング業務や本人の裁量でないノルマなどがあったと指摘されたとのことです。

労働者はあくまで契約条件にも基き労働力提供の対価として報酬を受け取っているわけですが、指揮命令権が左記に付随してくるので誤認が生まれやすいのかもしれません。指揮命令権の行使は業務の効率上必要なことでもありますが、得てして強い「力」を持ってしまうと本来とは別の使い方をしてしまう人間が出てきてしまうものなのかもしれません。双方にとって建設的な関係構築は高い意識と大きな労力を必要とするのだと感じさせるニュースでした。
[PR]
by fit_business | 2012-05-17 09:43
健康とは
GWは遊びすぎて疲れてしまったNEXT澤です。

子どもの頃は、遊んでも遊んでも疲れなかったものです。年齢とともに体力は低下すると言いますが、そもそもその体力とは何なのでしょう?筋力なのか、持久力なのか、瞬発力なのか・・・。

今日お話を伺ったトレーナーさんは、『健康な身体のためにトレーニングが必要なのはアスリートだけでなく、ふつうの人も同じ。自分の好きなことをするにも、必要とされている人のためにも健康でいなければいけない。』と仰っていて確かに!と思いました。そもそも健康とは何なのかも考え出すときりがありませんが、定義はきっと人それぞれでも、何かを実現させるためにまずは健康であることが必要と言うことは誰にでも言えることです。

身体を壊しているトレーナーさんやインストラクターさんのお話をよく伺います。健康を提供するフィットネス業界の人たちこそ、健康でいて欲しいと心より思いました。
[PR]
by fit_business | 2012-05-08 20:22