ブログトップ
<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
イノベーションを起こすのは誰だ!
 みなさん、こんにちは。編集長の古屋です。今日は、ランニングやサイクリングにうってつけの日ですね。5月の光に新緑が映え、身体にあたる風が爽快です。
 さて、 『ニューヨークタイムズ』紙などの報道によると、アメリカでは、フルサービスのクラブは、若年層を中心としたフィットネス志向の強い層から、どうやら「a bit flabby」とみられているようです。そういうクラブよりも、ターゲット層を絞って、HIIT系のスモールグループエクササイズなどの提供を通じて顧客の目的を実現しようとするマイクロジムに人気が出ています。とはいえ、フルサービスのクラブもクロスフィットやMMAを取り込んだり、スタジオを拡充したりするなどの工夫をして必死に対抗しようとしています。しかし、バジェットクラブなどの圧力もあって、思うように成長できていないのが現状です。日本でも中途半端な総合型クラブは、この先淘汰の方向へ進むのではないでしょうか。
 では、そういうクラブは、どんな方向へ舵を切ればいいのでしょうか?この問いに答えるため、私たちは、先日フィットネスビズ社と共催で、遠藤一佳氏を講師に、『「総合型クラブからジム・スタジオへのリノベーション手法」がすべてわかる!』というテーマの特別セミナーを開催しました。懇親会も含め、とても好評でしたので、東京以外でも開催することを考えています。総合クラブのリノベーションを検討している方には、参加をお勧めします。ぜひアメリカのマイクロジムのように、ターゲット、コンセプト、ポジショニングを明確にしたクラブとして再生させ新たな需要を創造してほしいと思います。
 既存店の再生でなく、新店でも構いませんが、とにかく次代のニーズを捉える新しいクラブの創造にチャレンジしてほしいのです。チャレンジすることが、一番の学びとなるはずです。たとえつまずいたとしても、その経験から得られることは多いはずです。それは、やった者の「特権」といえます。失敗と改善を繰り返し、粘り強く革新的な業態を創りあげることを目指してほしいと思います。少しばかり売り上げが上がらなくとも、ターゲットやコンセプト、ポジションを変えてしまうような変な取り組みをするのではなく、正攻法でフィットネスブームの火付け役になることを目指してほしいと思います。コンセプトとは、既知のものではなく、未知のものなのです。ぶれてはいけません。
 そろそろこの業界にも、イノベーションが必要です。あなたが、イノベーターになってください。
 
[PR]
by fit_business | 2013-04-25 13:44 | 今日の編集部
ブランド
スポーツが好きです。
バスケットが好きです。
ジブリが好きです。
千と千尋の神隠しが好きです。

どうも初めましてNEXT三羽です。
よろしくお願いします。

みなさんは「千と千尋の神隠し」を見たことがありますか?
この映画のテーマが、自分自身の「名前」に象徴される存在の重要性です。

少し違うかも知れませんが情報に溢れた現在の世の中では、
名前の持つ力、つまりブランドが特に大きいと思います。
例えば、インストラクターであれば、『ダイエット』といえば「○○さん」、
『体幹』といえば「○○さん」、『姿勢矯正』といえば「○○さん」。
多くの優秀なインストラクターは、このような名前を持っています。
インストラクターではなくともスポーツ選手も同様です。
『ゴジラ』松井、『バスケットの神様』ジョーダンなどなど。
企業でも上司でも友人でも自分自身でも、少なからず名前の力があります。
その名前の持つ力を大きくしていくことがブランドを高めることだと思います。

逆に考えるとこれからインストラクター・トレーナーになる方は、
自身が何ができて、これからどんな名前(ブランド)を目指しているか、
そしてそのために何をすべきかを明確にすることで
優秀なインストラクター・トレーナーになれるのではないでしょうか。

多くの方々にインストラクター・トレーナーの名前を知っていただくことで
一般の方が「風邪を引いたから内科に行こう。」といった感じで
「体幹を鍛えたいから○○さんのところに行こう。」となれば嬉しいです。
そうしてフィットネス業界が盛り上がっていければと思います。

これは私も例外ではありません。
将来的には名前の持つ存在力を大きくしていけるよう
これから頑張っていきたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2013-04-24 19:45 | 今日の編集部
より身近な存在へ
インターネットとか好きです。
でも、運動する方が好きです。
もっと言えば、水泳が一番大好きです。

みなさん、こんにちは。
前任の坂梨よりGYMCOの運営を引き継ぎました加藤です。
改めましてよろしくお願いいたします。

昨今ネットショッピングとかネット検索とかの
「IT」の重要性が増してきているのは周知の事実です。
そして、いろんなことがインターネットで出来る時代です。
でも、何でも出来るというのは間違っています。

例えば、「運動する」ということ。
健康のため、自己実現のため、理由は様々ですが、
我々は「運動する」ことを辞めてはいけませんし、
多くの方々が運動の必要性をどこかで感じていると思います。

そして、いくらITが進歩したところで、
運動しなくてよくなるかといえばそうではありませんよね。
「運動する」のは我々人間です。それは変わりません。

しかし、ITを一つのツールとして、手段として
「運動する」きっかけを与えてくれるものになる可能性はあると思います。
また、運動する便利な道具になると思います。
実際そういった商品は世に出てきていますよね。


「GYMCO」はその「運動をする」きっかけを
与えられるような存在になって欲しいし、
また、皆様のより身近な存在となるように昇華させていきます。
「GYMCO」を見てフィットネスクラブに入会しようと思ったとか、
運動する仲間が見つけられたとか、
そういった新時代のコミュニケーションツールに
なってくれると思っています。

皆さん一緒にフィットネス業界を盛り上げていきましょう!

加藤慶一
[PR]
by fit_business | 2013-04-24 15:46 | 今日の編集部
GYMCOを振り返り
こんにちはwebの坂梨です。この度ご縁がありCBJを退職することとなりました。振り返ってみるとこの約1年強の間にGYMCOご利用者数は10倍になり、業界初のサービスも誕生いたしました。一重にフィットネス業界、皆様のご協力の賜物だと思います。御礼申し上げます。
さてGYMCOに携わり、その裏側を見てきた者として思うことはその潜在的な需要に関する驚きであります。
GYMCOは大きな広告キャンペーンを行っておりません。サイトの最適化を行うことで潜在的なユーザにフックをした結果、現在の成長につながっています。サイトのスタートアップには繊細な時期があると思うのですが、その峠も越えて現在は安定成長の気流に乗っています。
要因はスポーツクラブ入会が決して「安い買い物」ではないためだと考えられます。一定の商品単価までは成約までのスピードが重要になるかと思いますが、それを超えると決済に直結する事はなかなか起こりませんので、認知経路の導線をいかに確保するかが一つの課題となるかと思います。GYMCOはそういった一般ユーザの需要に合致したのではないかと考えております。
私はこの導入期で離れることとなりますが、後任がよりGYMCOを成長させてフィットネス業界に貢献できるものと思います。
後任の加藤は次回のブログに登場しますので、是非ご期待ください。
それでは皆様ありがとうございました。
[PR]
by fit_business | 2013-04-23 12:36
チャンス
こんにちは、NEXTの澤です。
先日、おむつで有名なユニ・チャームの大人用紙おむつの国内売上高が子供用紙おむつを初めて逆転する見込みというニュースを目にしました。私が小さいころから、高齢化社会がやってくるとずっと言われてきましたが、ついに来た、というよりも真っ只中なんだなと実感しました。

10年くらい前は、団塊の世代が定年退職しフィットネス業界には大きなチャンスがやってくる!と言われていました。その後もメタボ検診や医療費問題など業界にとってはチャンスが溢れていたのではないでしょうか。そして、恐らく先進国では初めて、日本は人口減少を迎える国となりますが、それもチャンスと捉えることができると思います。ほかの国が未経験のことを最初に体験するのは、少し怖く感じる部分もありますが、そこからどう発展していくのかが日本の腕の見せ所だと思います。特に、フィットネス業界がこれからできることは、この先ほかの国が高齢化社会や人口減少を迎えた時に役に立つものになっていくのではないでしょうか?

チャンスを掴んで、きちんと実績にしていく。簡単なようで難しいですが、ひとつひとつのチャンスを無駄にしないように心掛けていきたいと思います。
[PR]
by fit_business | 2013-04-12 11:28
新鮮なもの
いまだに目の痒さに苦しんでいる本庄です。

先日、リニューアル後の伊勢丹に行ってきました。
著名なデザイナーの方がリニューアルに関わっているだけあって、
以前に比べて華やかに変わり、とても新鮮でした。

しかし、当然ながらどこに何が移動してしまったのか全くわかりません。
「昔ここにあったあのお店は…?」と、ウロウロ迷うことが多く、非常に疲れました。
店員の方に聞いても、どの方も「少々お待ちください」と、慌ててフロアガイドを
開いたりと、即答できる人がいません。それが疲れているところ、余計イライラさせます。
同様の文句を言っているお客さんをちらほらと見かけ、「きっといろいろな
クレームがきているんだろうな」と思いました。

しかし、冷静になってみると、人間は新しいもの、新鮮なものが好きなのに、
実際に変わると「前のほうがよかった」などと思ったり、本当にわがままだなと感じます。

そのうち現在の状況が普通に感じられるようになり、いつかはまたリニューアル
されると思います。明らかに以前よりレベルアップした内装をみながら、
ここからのリニューアルは一体どこを目指すのか、気になってしまいました。
[PR]
by fit_business | 2013-04-10 09:43
カタチにすることの重要性
またブログを止めてしまいました。大変申し訳ありません。岩井です。

ここのところ、米国の視察に行ったり、本の制作に携わったり、サービス業の発展について考えたり、日々の仕事の中でも、カタチにすることの重要性を痛感します。

米国は当然ながら様々な人種の人がいるからこそか、フィットネス分野だけ見ても、分かりずらいことをカタチにしたり、ビジネスパッケージにして展開するのが、とても早いと感じます。先日の視察でも、「ファンクショナルトレーニング」という分かりずらい概念を、それぞれの切り口からカタチにしていち早く市場に提案することが始まっていました。ファンクショナルムーブメントのプレコリオや、チェーン店がすでに複数出てきています。

本の制作は、人の想いや人生といった複雑で長い期間のことを、一つのストーリーにまとめあげることで、多くの人に気づきや学びを与えることができます。

サービス業の発展を考えるときも、特に日本の暗黙知の中で育ってきたことを形式知化して共有していくことで益々大きな可能性があるとされています。

想いや考えをカタチにして共有することで、前進できることがたくさん。それに日々丁寧に取り組もうと改めて感じる今日この頃です。
[PR]
by fit_business | 2013-04-09 03:32 | 今日の編集部
ポジショニングの大切さ
  みなさん、こんにちは。編集長の古屋です。

  当社にも新入社員として2人が入社してくれましたが、昨日からみなさんの会社にも新入社員が入社され、会社全体がフレッシュな雰囲気に包まれているのではないでしょうか。桜の花の咲くシーズンというのは、気持ちも新たになり、やる気がみなぎってきて、いいですね。

  さて、先週は、IHRSAコンベンションに行っていました。そこでは、たくさんの業界の仲間たちと触れ合うことができました。ツアーで一緒に学んだ日本のフィットネスビジネスに携わる関係者との交流を深めたことはもちろん、アメリカの先進的なフィットネスクラブを経営する人々、イギリスやイタリア、ニュージーランドなど世界各地で活躍する旧知の業界関係者、それにコンベンションの基調講演のスピーカーを務めてくださった方々、我々日本人向けに特別セミナーを提供してくださった講師の方々、さらにはモーニングワークアウトを提供してくださったプログラム製作会社の方々など、実に多くの方々と交流でき、そこからとても多くのことを学びました。

 これからこのフィットネス業界の中で、活躍していくだろう新入社員の方々を含めて、業界関係者の方々に一言大事なことをお伝えしたいと思います。それは、自らを業界を中心になって動かしているだろう人々で形成するネットワークの中心に置くように努めるといいということです。といっても、実際にいきなり中心にポジションをとることは難しいと思いますが、自らも力をつける中で徐々にそのネットワークの中心に近づいて行けるように努めていくことは大切です。周りに成功している人がいると、自らも成功する確率が高まります。逆にいえば、孤立してネットワークの周縁にいる人はそれだけ成功しにくくなるということです。

 というのも、IHRSAコンベンションの基調講演の一つでネットワークが及ぼす影響について研究しているニコラス・クリスタキス氏がそんな話をしていたのです。根拠についての詳しい説明は、ここでは割愛しますが、同氏は、実証的な研究を進める中で、「ネットワーク内では不幸な人は不幸な人同士で、幸福な人は幸福な人同士で群れをつくっている」ということと「不幸な人はネットワークの周縁に位置する」ということを掴みました(*より詳しく知りたい方は、You TubeのTEDでの講演や同氏の著書をご参照ください)。

 これからの時代は、情報格差はもっと薄れていくことでしょうが、より重要な情報(というより知恵)というのは中心部の人々の中にいるほうが掴みやすいでしょうし、何かをしようとしたときにリアルな関係性がより重要になってくることは間違いないでしょう。

 成功者のネットワークの中心に身を置き、周縁の声(弱い関係性)もネットなどを通じて得られるようなポジションこそ、これからのビジネス人生を成功に導くカギになるのかもしれません。自らの実力を継続して高めることに努めるとともに、よりよいポジションをとることの大切さも、覚えておいてください。
[PR]
by fit_business | 2013-04-02 09:00 | 今日の編集部
チームとは
週末は真冬並みの寒さでしたね。
南国育ちの私にはとても耐えられませんでした。
風邪ひかないように気をつけたい、、、
といつでも思っているNEXT加藤です。

先日、以前勤めていたフィットネスクラブの
ある先輩インストラターの送別会に参加してきました。
懐かしい雰囲気を感じるとともに、
なぜかとても良い雰囲気(文章ではあまり上手く伝えられませんが…)で、
社員、業務委託、アルバイト、私みたいな元社員という色々な
バックボーンがある人たちが集まっているのにも関わらず、
すごく一体感を感じることができました。

社会人なると、学生の時にような部活的な雰囲気も少ないし、
様々な利害関係が発生するのか、ドライな関係が多くなります。
それを否定するわけではありませんが、
私自身はもっとウェットな関係を構築できるようにしたいなと
改めて思いました。

これからも色々な人とのつながりを大切にしたいですね。

加藤慶一
[PR]
by fit_business | 2013-04-01 10:48 | 今日の編集部