ブログトップ
<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
本の読み方
 みなさん、こんにちは。編集長の古屋です。今日は、私流の本の読み方をみなさんに披露したいと思います。
 人は何によって学ぶかというと、自身の経験を反省したり、自分以外の人から教えられて学ぶことがほとんどでしょう。でも、もっと手っ取り早い方法があります。本を読むことです。 
 では、忙しい中、どうやって効率的に本を読むかということになりますが、その前に押さえておきたいことがあります。なぜ本を読むかということです。それはきっとみなさんが、いい生き方をしたいからでしょう。その中には、もちろん自分の得意なこと、好きなことで、世の中の多くの人の幸せに貢献したいということも含まれるでしょう。そうした人生最大の目的の達成に、本を活かすことが大事になります。では、その目的の達成のために、仕事では今、何が一番の課題になってくるでしょうか?あるいは、プライベートでは今、何が一番の課題になってくるでしょうか?これら一番の課題になることを「イシュー」と呼ぶことにしましょう。まずこれをはっきりさせることが大事です。イシューがはっきりすると、それを解決するヒントが書いてありそうな本の見当をつけやすくなります(*とはいえ、たくさんの本を読んだり、書店などに出かけて本を探したりといった経験も大切になります)。そうしたら、まず最低5冊くらい、多ければ10冊くらい一気に買ってしまいましょう。新刊本でなくても構いません。アマゾンやブックオフを利用すれば、費用を節約できます。そして、イシューに対する答えを見つけるように、読んでいくのです。興味、関心のあることですから、かなりのスピードで読むことができます。イシューに対する危機意識、問題意識、解決意欲などが高ければ高いほど集中して早く、しかも深く読めるはずです。
 私が『フィットネスビジネス』の特集記事を書くときなどは、まず最初にこんなふうにして、ソリューションの方向性を探していきます。十分に問題意識と質問項目が整理できたら、ようやく業界の識者や実績をあげているプレイヤーの方々に取材します。特集のテーマに沿った関連本を相応に読んでいるので、取材時点で、原稿の構成や内容がおおよそ想像できます。そうして、最後に決定的なソリューションをまとめていくようにするです。プレイヤーの方なら、これは「アクションプラン」といえます。ここまでできて初めて、本を活かしたといえるのかもしれません。ただ実際の経営の局面では、さらにそのアクションプランを実行に移し、検証を繰り返して、成果を出すところまでしなければいけないことは、いうまでもないでしょう。
 ぜひみなさんも参考にしていただけたら嬉しいです。たとえば、「効果と効率を両立させるビジネスモデル」、「事業再生」などといったイシューを設定して、本をまとめ買いして一気に解決策の方向性を探ってみるといったことにチャレンジしてみるといいかもしれません。
[PR]
by fit_business | 2013-05-27 21:22 | 今日の編集部
良い仕事
こんにちは、NEXT編集部 三羽です。

みなさん仕事は様々だとは思いますが良い仕事をしていますか?

一概に良い仕事と言われても難しいですよね。
良い仕事とは何なのか。
インストラクターの方であれば、多くの顧客に正確に教えられたこと。
トレーナーの方であれば、しっかり顧客の目的を達成できたこと。
色々なことが考えられます。

私の中で良い仕事は+αができた時だと考えています。
そう考えるとインストラクターは、正確に教えられて当たり前。
トレーナーであれば、顧客の目的を達成できて当たり前。
そこに+αができた時こそ、良い仕事だと考えています。
それはどんなに小さなことでも良いんです。

以前、お客様先に急遽訪問したことがありますが、
そんな中でも机を拭いて迎えてくださり、様々な気遣いが見られ
大変心地良かったのを覚えています。
そんなことと思われるかもしれませんが、みなさんはお客様が来た時
机はキレイになってますか?床は?

つまり、フィットネスの指導者であれば新たに知識を増やしたことを活かしたり、
お客様に家でのメニューを提案してみたり、
トレーニングする場所をホコリひとつない状態にしてみたり…
水を提供すること、電話にすぐにでること、必ず名前を呼ぶこと、
どれも+αだと思います。
簡単なことと思われるかもしれませんが、このような当たり前のことを続けることは大変なことです。
こうすれば良いと分かっていても日々の忙しさの中で忘れがちになります。

そんな+αを増やしていければ、良い仕事ができてくるのではないでしょうか。
仕事の終わりに是非、自分に良い仕事をしたか、聞いてみてください。

私自身は、まだまだ通常の仕事も精一杯の状態です。
しかし、常に意識して行っています、どんな+αを実施しようかを。
今後も良い仕事ができるように頑張っていきたいです。
[PR]
by fit_business | 2013-05-27 20:14
アマチュアリズム
全国のスポーツクラブ検索&クチコミサイト『GYMCO(ジムコ)』を
運営管理している加藤です。こんにちは。
ぜひブログを読まれる前に「GYMCO」で検索して、
ご自身の興味のあるクラブのクチコミを投稿して頂ければ嬉しいです。

さて、今日は「アマチュアリズム」について考えてみたいと思います。
「アマチュアリズム」と聞くと、
以前、勤めていた会社の尊敬する大先輩に言われたことを思い出します。

「我々はお客様にお金をいただいて指導をする『プロ』だ。
だから、プロフェショナルとして勉強しなさい。
でも、『アマチュアリズム』を決して忘れてはいけないよ。」

私が水泳インストラクターになりたての頃にいただいた言葉です。
『プロ』であることは、よく理解できました。
これはどの仕事においても同じではないでしょうか?

しかし、『アマチュアリズム』を忘れるな、ということが、
どうも腑に落ちないといいますか、理解し難いものでした。

『アマチュアリズム』を調べてみると、
アマチュアリズム(英語: amateurism)とは、オリンピック運動の
創始者であるピエール・ド・クーベルタンが、その運動の理念として
提唱した思想で、「オリンピックの出場者は、スポーツによる金銭的な
報酬を受けるべきではない」とする考え方。(ウィキペディアより抜粋)

とあります。

どうも『プロ』と『アマチュアリズム』は反意語の関係ではなさそうです。
また、私はオリンピック選手ではないですし、違った意味がありそうです。

今の私が考えるに、ここでいう『アマチュアリズム』は、
ボランティア精神に近いものではないかなと思っています。
我々は社会の一員として、金銭という対価をいただくためだけに
行動するのではなく、それ以外の価値のあるものを対価として
行動するということも大事だよ、ということでしょうか。
要するに、「金銭」だけでは、幸せにはなれないよーってことですかね。
少し綺麗事に聞こえますが、この考えにはとても共感できます。

価値の意味を考えることは非常に難しいです。
仕事=お給料
という考えも間違いではないでしょう。
しかしながら、
私自身は『アマチュアリズム』を大事にして、
これからの人生を価値あるものにしたいと思っています。

みなさんはどう思われますか?


加藤慶一
[PR]
by fit_business | 2013-05-22 13:19
NEXT資格・講座カタログ
こんにちは、NEXT澤です。

5/25発行のNEXTでは資格講座カタログが掲載されます。昨年はじめて掲載された同企画は、お客様や取材させていただいた方から『資格や講座がたくさん見やすく載っていて、すごく印象に残っています』という声をいただきました。今年も、昨年同様たくさんの講座をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

たくさんの情報を掲載することが読者の方のためになると考えますが、その一方で資格や講座を受けるだけにはしないで欲しいという想いもあります。たくさんセミナーを受講して、資格を取得して、多くの本を読んでも、それらを実践できなければまったく価値がありません。1冊でも、1講座でも本当に身になり、その人が何か少しでも変わることができて初めて価値があると言えるのではないでしょうか?やみくもに講座を受けて、講座を受けた自分に心酔し、成長した気持ちになって満足するのではなく、少しでも実践でき、その人が成長できる何かを身に付けていただきたいものです。
[PR]
by fit_business | 2013-05-21 16:12
グループエクササイズ
みなさまこんにちは。剱持です。
昨日、「フィットネスビジネス」66号が校了しました。
ご協力いただいた皆さま、ありがとうございます。

毎年5月発行号では「グループエクササイズ」を特集しています。
私が担当になって今年で4年目ですが、トレンドにはあまり大きな変化がないように感じます。ヨガ、ダンス系の人気は変わらず、エアロビクスは根強く一定の層から支持を得ているようです。

各クラブさま、また各プログラム提供企業さまは、「グループエクササイズ」で定着率が上がるといういいます。実際の感触として、それがみえるのでしょう。
ただ、一度立ち返っていただきたいのは「本当にグループエクササイズ(スタジオプログラム)が定着につながっているのか」ということです。
定着している方は同じ時間帯にクラブいらっしゃり、同じプログラムに参加しているので目立つのだと思います。しかし、フィットネス初心者が数回参加したからといって本当に長く続いているのでっしょうか。所謂「常連さん」がいるから、そのように感じるのではないでしょうか。

もちろん、グループエクササイズがフィトネスクラブに通うお客さまにとって魅力的な商品であることは間違いないと思います。ただ、定着のためには、そこに頼るだけでない何かが必要なのではないでしょうか。
[PR]
by fit_business | 2013-05-15 11:02
事故を防ぐために
今日も日差しが強いですね。本庄です。

GWが終わりました。毎年GW中にはいろいろな事故が起きますが、
「今年は中高年の山での事故が多かった」というニュースがありました。
もちろん、高齢化社会を迎えて、山を訪れる50代、60代の方の数自体が増加
していることもあると思います。しかし、なかには体力的なものが原因の場合も
あるのではないでしょうか。

登山ツアーをメインで企画するある会社では、一定の年齢に達した方には
チラシなどを送ることをストップし、販促活動を止めるそうです。
それまで受け取っていた方は寂しさや、怒りを感じる方もいるでしょうが、
会社としてはやはり安全を保証しにくくなるためです。

山ではこれまでも中高年の方が巻き込まれた大きな事故が起きているため、
ツアー会社も慎重になってきています。50代以上の会員が増えている
フィットネスクラブも例外ではないと思います。

これからの時代は、登山やスポーツなど、怪我の危険性のあるツアー、
イベントなどについては、相手によっては販促活動を控える、または止めてしまう
ことを考えるのも大切かもしれません。
[PR]
by fit_business | 2013-05-09 09:33
『サービス革新』、7月新創刊!
ゴールデンウィークは保育園がすべてお休みで、仕事をしたい気持ちをぐっとこらえて久々に母業に専念しています、岩井です。(と言いながら、娘の昼寝の時間をぬって、やっぱり仕事)

来る7月、当社としては4誌めとなる定期刊行物『サービス革新』を創刊します。
フィットネスビジネス誌の創刊が2002年、NEXTとLIVEの創刊が2006年。こうみると約5年ごとのチャレンジ。その時その時で、「いまこそ、こういう情報があったら」と媒体を立ち上げてきましたが、今回もまさにそんな感じです。

今、日本のサービス産業には、千載一遇のチャンスが到来していると言われます。

それは一つには、アセアンを中心とした新興国の経済成長が著しく、世界的に新たな市場として注目される中、日本は立地的にも近くに位置していることが挙げられます。生活文化や慣習でも共通している点も多く、世界の先進国の中でも、新興国でより価値の共創がしやすいと考えられています。

もう一つは、日本の経済成長のためにもサービス産業の発展が、国や社会からも期待されていて、国の政策としても、今後サービス産業の発展をバックアップする動きが積極化していることがあります。これまで日本を支えてきた大手製造業から、これから日本を支えるの中小サービス事業者の支援へ。実際に既に日本のGDPの7割はサービス産業が占めていて、今後の経済成長はこの分野の成長なくしては考えにくい状況があります。

このように外部環境はどんどん整いつつありますが、一方日本の中小・サービス事業者にとっては、チャンスがあると言われても、どこから手をつけていいかわからないし、言葉の壁もあるし、リスクもあるし・・・。という状況ではないでしょうか。そこで、“紙媒体”という情報信頼性の高さを活かして、確かな情報を編集して出版することに意義があるのではと感じています。

フィットネスビジネスの前身誌、『クラブマネジメント』のころも、同じような状況でした。フィットネス産業・健康産業が注目されている中、経営情報が整備されていないことで、大きな投資がムダになっていたケースが多くありました。そこで働く人の努力もムダになっていた。その後、先駆者たちが確かな情報を共有してくださり、経営情報が整備される中で、より高い確率で成功クラブが生まれ、やりがいを持って働き続けられる人も増えてきました。

当社にとっては、フィットネス分野からサービス分野へと、大きなチャレンジとなりますが、日本のサービス事業者も、日本国内から世界へと大きなチャレンジが期待されています。一緒にチャレンジしながら、日本のサービス産業の成長に少しでも寄与できる媒体に育てていければと思います。
[PR]
by fit_business | 2013-05-05 17:50 | 今日の編集部