ブログトップ
<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
売る力をつけよう!
 こんにちは。編集長の古屋です。
 世の中の会社というのは、たいてい(1)創って(2)作って(3)売るということをしています。フィットネスクラブなら、(1)戦略・ビジネスモデルを創って、(2)クラブを建設したうえで、そこで提供するプログラム・サービスを作り、(3)会員としてサービスを享受できる権利を売る、ということになるでしょう。
 (1)(2)が整ったら、(3)をすることが必要になります。ところが、才能や能力のあるなしにかかわらず、世の中には売ろうとする人と売ろうとしない人がいます。そして、その結果はご想像の通りです。売ろうとする人は好業績をあげ、会社の中で活き活きと働きます。売ろうとしない人は未達を続け会社にいずらくなります。その違いはどこにあるのでしょう。
 売ろうとする人、売れる人は、ほぼ次の3つのステップをぐるぐると繰り返して好循環に入っていくように思います。(1)商品・サービスに自信が持てるまで知ろうとし、積極的にその良さ・メリットを顧客に分かってもらい、買ってもらおうと努める。→(2)顧客をフォローしたりすることなどを通して顧客から学び、さらに売る力を高めていく。時に、商品・サービスを改良するアイディアまで会社にフィードバックするようになる→(3)より自信がが高まり、部下を育成することによって自らもさらなる気づきを得て、もっと売る力を高めるとともに、まわりの信頼を得ながら、会社や業界の中での存在感を高めていく。
 逆に、売ろうとしない人、売れない人は、ほぼ次の3つのステップをぐるぐると繰り返し悪循環に陥っていくのでしょう。(1)商品・サービスに自信を持てず、営業をすることから逃げ、行動しない→(2)生産性のないことをし始める→(3)業績があげられず、仲間や上司からも信頼されず、会社にいずらくなる。
 私たちは、もっと売る力をつけていかなくてはいけません。売る力をつけていかないことには、世の中に貢献して、自身を含めたまわりの人々の暮らしを豊かにしながら活き活きと生きていくことができにくくなるでしょう。売れない理由を他者に求めるのではなく、あくまで自分事として捉え、臨まないと、逃亡者、フリーライダー(タダ乗り社員)、ドリフター(成果を残せず絶えず転職を繰り返す人)のそしりは免れません。行動することが大事なのです。やろうと思ってやらないと、何も身につかず、ただ人生を浪費し、自分を含めたまわりの人々を不幸せにするだけということになりかねません。やるなら腹を決めて、前向きに取り組みましょう。「誰かがやらなければいけないのなら、俺がやる!」。そういう覚悟で、臨みましょう。
[PR]
by fit_business | 2013-11-15 10:44 | 今日の編集部
初めまして!とラグビーのお話。
11月1日に入社しました、阿部と申します。
NEXTを担当いたします。皆様よろしくお願いします。
ブログのテーマは自由!でも出来ればフィットネスに関わることを・・・。
とのことでしたので、今日は学生時代行っていたラグビーのお話です。

先日、ニュージーランド代表の「オ―ルブラックス」が26年ぶりに来日し、日本代表と試合を行いました。
普段、テレビやニュースでなかなか目にすることのできないラグビーですが、この日ばかりはチケットは完売(オークションで1枚5万円以上!)、テレビ中継、夜のニュースでは何回も試合結果が放映されていました。
ラグビーは、2019年に日本でワールドカップが開催されることが決まっています。
日本ラグビー協会は、ラグビーの普及活動に尽力していますが、まだまだ日本ではメジャースポーツとまではいきません。
ラグビーが母国のウェールズでは、自国の試合でない組み合わせでも競技場は満員。大観衆の中で試合が行われます。
観戦している人は、ビッグプレーにはスタンドオーベーションで応え、試合が終われば(ノーサイド)近場のPUBに流れ込み、楽しくお酒を飲みます。
さて、6年後の日本ワールドカップではどうなるでしょうか。
日本代表以外の試合は空席だらけ、テレビ放送も夜のニュースで結果だけ・・・なんて事にならないことを願っています。
[PR]
by fit_business | 2013-11-13 18:07
「稼ぐ力」と「徳」を比例させる
ある友人のフェイスブックで話題になっていたので、今日はこれについて書いてみます。岩井です。

会社をしていると、どうしても「生産性」が課題になり、「稼ぐ力」をいかに高めるかに目が行きがち。往々にして、それを優先するがあまりに、心をなくしたり、塞いでしまうことにも迫られる昨今です。

アメリカでは特に、それがあまり問題視されていないというか、そういう裏側もあって、成功っていうのはそのうえに成り立つもの、という何となくあきらめるような印象も受けて、そのスタンスに疑問を感じます。というのも、封切されたばかりの映画「スティーブ・ジョブズ」も、以前話題になったフェイスブックのマーク・ザッカーバーグを描いた「ソーシャルネットワーク」も、企業価値を高めるために裏切りとか不義理とかが渦巻く、そういう印象が残る映画。

一方、日本で近年経営者として尊敬されている人の本には「徳」を大切にすることが描かれている気がします。お世話になった人や、仲間を大事にしたり、直接的にはお金にならないことや、見えないところでいいことをすることの大切さが成功を支えるという考え方。

日本に育ったからかもしれないですが、その成功のしかたとして、「徳」があるほうが美しいし、そうありたいと感じます。おそらく米国の成功者だって、「徳」があるから大きな成功を収められているはずと思うのですが。スティーブ・ジョブズだって、あれだけ顧客視点やユーザビリティ、世界をいい方向に変えることにこだわって、すぐにお金にならないことで大切と思うことを信じて投資を続けてカタチにした。そのカッコ良さを描いて貰いたかった。

「徳」は表に出ないし、お金にもならない。でもだからこそ美しいし、カッコいいし、そういう経営者や会社が生み出す商品が人を惹きつける。それでももちろん「稼ぐ力」は今の世の中で生きていくうえでとても大切で、稼ぐための戦略や表現力を備えることも大切。両方を比例させて伸ばしていきたいものです。
[PR]
by fit_business | 2013-11-04 03:00 | 今日の編集部