ブログトップ
<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
そう回答するメリットは?
こんにちは。本庄です。

さまざまなところで行われていた夏のセールもほぼ終わりました。
皆さんは、セール前の時期にお店を見ていて「これ欲しいけど、セールになるのかな?」と気にしたことはないでしょうか。そんなとき、スタッフの方に聞くと、ほぼ決まって「私たちもまだどの商品がなるのか、わからないんです」と言われます。本当なのかもしれませんが、セール開始2日前に訊いたときにそう答えられたときは、さすがに疑ってしまいました。

おそらく、できるだけ定価で買ってほしいお店側の考えかもしれませんが、それが伝わってしまうこと事態、消費者の印象を悪くします。さらに「セールになるかもしれないから買わないでおこう」と考える方も多いはずで、上記のように答えるのが本当にお店にとっていいんだろうか?と感じてしまいます。

そのようななか、「今出ているものは全部セールにならない商品です」ときっぱりと宣言しているお店がありました。そこにいるお客さんは安心して買い物を楽しんでいる様子であり、私もかなり好印象を抱きました。
きっとスタッフの方にとっても、先ほどのような質問にあいまいな答えをする必要がなく、接客しやすいのではないかと思います。お店側のいろいろな事情もあるかと思いますが、消費者が悩むことなく、快適に買い物できるように今一度、対応を考えていただければと思います。
[PR]
by fit_business | 2014-07-28 17:15
ワークライフミックス
独身時代はワークワークバランス、子どもが生まれて思い切りワークライフミックスになってます。岩井です。

以前はとにかく仕事が忙しくて、プライベートの時間をとることさえ考えたことがなく、「ワークライフバランス」どころか、様々な業務をいかに同時並行で遂行していくかという「ワークワークバランス」をとるのに精いっぱいでした。

娘との生活が始まり、娘との時間が果たしてとれるのかと当初は想像もできませんでしたが、まさに「ワークライフミックス」で、仕事と育児・家事が絶妙に入り混じる生活を送っています。

毎年この時期に組んでいる月刊NEXTの子ども特集も、気づくと娘の成長段階に同期した内容になっていて、今年は、4歳頃から小学校低学年にフォーカス。これまでゴールデンエイジと言われる小学校高学年が最も運動能力を高められると注目されてきましたが、実は低学年が重要!ということがトレーニング・フィットネスの専門家が提唱しはじめていて、さっそく娘の育児計画にも反映しつつあります。(詳しくは、2014年7月25日発行号の月刊NEXTご参照ください!)

イタリアのルチア・ロンツーリ議員が娘のヴィットリアちゃんを連れて議会に参加しているシーンを最近よく目にしますが、そういう仕事の仕方が普通になっていくと待機児童や少子化問題も改善されるのではと思います。まずは社会や会社が、自由な働き方を受け入れることが必要。フィットネス業界は幸いにも、フリーで働いている人が多いこともあり、こうした働き方への理解も得られやすいと感じます。

女性が第一線で働きながら、結婚や出産といったライフイベントを楽しめる環境に、日本ももっともっと近づくといいなと思います。
[PR]
by fit_business | 2014-07-10 14:32 | 今日の編集部
サッカーW杯とリレーションシップマーケティング
 こんにちは。編集長の古屋です。
 サッカーW杯をみていて、リレーションシップマーケティングは現代サッカーに通ずる要素を備えているなと思いました。リレーションシップマーケティングのゴールは、持続的に業界水準以上の利益をあげることであり、それを実現するために優良顧客(ボールを保持している敵)にフォーカスして全員が協力して個客ごとにふさわしい商品•サービスを提案しロイヤルティを高めるとともに顧客生涯価値を高めていく(ボール保持者にプレッシャーをかけボールを奪ってすぐに攻めに転じゴールを狙うことを繰り返し、ゴールを積み上げていく)ことにあるように思います。現代サッカーでは、選手個々にはポリバレントな能力が求められ、チームには全員が連動して攻撃と守備をすることが求められますが、ここもリレーションシップマーケティングに欠かせないキーポイントかと思います。現代サッカーのイメージを組織で共有することによって、リレーションシップマーケティングの組織習熟度を高めることができるかもしれません。そういう視点でもW杯をみると、さらにおもしろさが増すことでしょう。
[PR]
by fit_business | 2014-07-07 08:57 | 今日の編集部
「接客・応対」で感じたこと
はじめまして、6月よりWEB関連の企画編集担当をすることに
なりました、金澤です。よろしくお願いいたします。

スポーツに親しんで30年。
スポーツ業界に12年ほど身を置き、多種多様な仕事に取り組んで
まいりましたが、今回の任務はWEB関連の企画です。

まず最初の取り組みとして立ち上げたのが、
こちらのfacebookページです!
↓↓↓
★「Fitness Press」(フィットネスプレス)
https://www.facebook.com/pages/Fitness-Press/336726319813907

フィットネス・スポーツ・ヘルスケア業界の最新ビジネス情報や
キャリアアップに結びつく情報などを集めて、毎日更新していきます。
クラブ経営に関わる皆さま、インストラクター・トレーナーの皆さま、
健康産業に関わるすべての方に活用いただければと思います。


さて、話は長くなってしまいますが、最近の話題に戻ります。
ここ数年、フィットネスクラブやジムに行っていなかったので
まずは現場を知ることからと思い、先週、仕事上がりに自宅近所の
とあるスポーツクラブに体験入会にいってきました。
受付での「接客&応対」というのは、その「クラブ(企業)の顔」で
重要なことの一つだと思います。
受付で申込書を書いてくださいといわれ、名前の欄から記入していると、
おもむろに「先に料金を支払っていただけますか?」と言われて、
面食らいました。
まだ19時だったのですが、早くレジを閉めたいのでしょうか?
口頭でクラブ内の施設説明をしながら、見られていないからいいと
思ったのか、デスクの下で靴下を直す・・・など、その印象は決して
良くありませんでした。
指導内容にしても、対価(実際にそのプログラムを受けたときに支払う金額の)
に見合ったサービスなのだろうか?と疑問すら感じてしまいました。
その前に体験させていただいた、パーソナルトレーニングのジムが、
受付からトレーニング内容、トレーナーさんの応対も入り口から最後まで
とても良かったので、歴然とした違いを感じました。
もちろん、個性は違って当然だとは思いますが。

・・・・・といいつつ私自身を振り返って、ご来社いただいているお客様への
ご挨拶はどうなのか。というと、きちんと出来ていないかもしれません。

まずは自分自身、姿勢を正し、ご挨拶は目を合わせて気持ちよく行いたいと思います!
[PR]
by fit_business | 2014-07-04 18:05