ブログトップ
自分を変えて、仕事を天職に!
 みなさん、こんにちは。編集長の古屋です。

 自分のしている仕事について、みなさんはどう考えていますか?天職だなと思っているでしょうか?
 
 よく言われることに、あまり稼ぎはよくないけれど好きな仕事(ライフワーク)をするか、あまり好きではないけれど食べるためにそこそこ稼げる仕事(ライスワーク)をするかという選択があります。でも、これはどちらかを選ばなければならないというものではありませんね。好きで稼げて生活することも仕事をすることも楽しい、それによって多くの人が幸せになり自分も幸せ感を抱けるという状態をつくりだすことは、できますよね。これが、天職に就いているという状態ではないでしょうか。そして、みんながそういう状態になれたら、これは理想的ですね。
 
 天職が先のようなものなら、少なくとも僕は間違いなく天職に就いているといえます。また、当社の社員もそうであるか、そこを目指しているかどちらかであると確信します。
 
 ただ経済界全般を見渡すと、必ずしも天職に就いていると感じている人や天職に就こうと目指している人は、意外に少ないような気もします。こうした人のなかには、当初はそこを目指していたけれど、どこかで諦めてしまったという人もいるのではないでしょうか。こういう人たちに、とても腑に落ちるアドバイスをしてくれる方がいます。
 
 以前、といってももう10年以上も前に取材でお世話になった榎本英剛さんが、最近、『本当の仕事』(日本能率協会マネジメントセンター刊)という本を上梓され、このなかで、そのことについて、わかりやすく述べています。
 
 詳しくは、本書を一読いただきたいのですが、榎本さんは、こう言っています。
 
 「天職は探しても見つからない。それは自分でつくるものだから」。
 
 これはすごい努力が必要だとか、すごい才能が必要とか、今の会社を辞めなくてはいけないといったような覚悟が必要なわけではありません。榎本さんは、本書のなかで、こう語っています。
 
 「世の中のほとんどの人が、生き生きと仕事をするためのカギは『どんな仕事をするか』や『その仕事をどうやってやるか』といった仕事の"目に見える"部分にあると思っています。しかし、残念ながら、そこには探している答えはありません。生き生きと仕事をするための本当のカギは、実は仕事の"目に見えない"部分、すなわち『仕事をどうとらえるか』や『なぜ仕事をするのか』といったことにあるのです。もしかしたら、たまたま自分の仕事が見つけられ、しばらくの間、生き生きと仕事をすることは可能かもしれません。ただ、仕事を"目に見える"部分だけでとらえている限り、経済環境の変化や組織の体制変更、人事上の問題など、自分ではどうにもできない外部要因によって、その仕事がいとも簡単に奪われてしまう可能性があります。一方、仕事の"目に見えない"部分としかっりと向き合い、『仕事をどうとらえるか』や『なぜ仕事をするのか』について自分なりの答えを見出した人は、いかなる外部環境の変化に遭遇しても、そう簡単に翻弄されることはなくなります」。
 
 要は、自分の考え方次第なわけです。夢やビジョン、志をもち、仲間と共有し、それらに合わすように自分の考え方を変え、仕事を昇華させていくことによって、今自分のしている仕事を天職へと変えていくことができるということでしょう。
 
 よく言われるように、過去と他人は、変えることができません。変えられるのは、未来と自分です。自分<仕事と考えるのではなく、自分>仕事ととらえ、自らが変わることで、仕事を変え、業界を変え、日本を変え、世界を変えていきましょう。
[PR]
# by fit_business | 2014-12-20 17:45 | 今日の編集部
SPORTEC
NEXTの高山です。
更新が遅くなり申し訳ございません。

12月頭はSPORTECにブースを出展したり、
ルーキーコンテストを開催したりと、会社全体でばたばたしていましたが…

NEXTの紙面上でしか見ることのなかった全国のインストラクターさん
いつもお世話になっているお客様や取引先の方々

たくさんの方とお会いでき、とても貴重な3日間となりました。

入社して5か月が経ちましたが、
ブースに立つ私に「高山さん」と声をかけていただくことで
この会社の、フィットネス業界の、一員になれたんだなと実感しました。
今後もこういった直接お会いできる機会を、もっと大事にしていきたいです。

2015年はもっとたくさんの人にお会いする機会を自分から作っていきたいと思います。
寒い日が続くので、みなさんどうぞご自愛ください。。
[PR]
# by fit_business | 2014-12-12 20:12 | 今日の編集部
手帳
更新が遅くなってしまい申し訳ございません。
NEXT澤です。

今年も残すところ、あと1ヶ月半。
毎年毎年、1年が過ぎるのが早くなっていると実感します。
NEXTの過去の原稿を探していても、1年前だと思っていた記事が3年前なんてことも…。3年以上前のことは、いつのことかもわからなくなってしまっています。

先日、手帳売り場を見ていたところ色々な手帳がある事に驚きました。
一日1ページの手帳や、やりたいことを実現するための手帳、家族の予定と分けて分けて書ける主婦向けの手帳、営業マン向けの売上達成のための手帳までどんどん新しい物ができているようでした。
手帳はスケジュール管理のための道具ではなく、何かの目標を達成するための道具なのだなと感じました。

そうはいっても、PCとスマホでカレンダーを同期して家族と共有しているので、
紙の手帳は必要かな…と感じていると、紙の手帳に書いた内容をスマホで撮影し、カレンダーに同期できるというものまで。何でもかゆいところに手が届く便利な時代なのだなと感心してしまいました。

結局、買うつもりもなかったのに最終的には何度も挫折しているバーチカルを購入してしまいました。決め手は、手帳に記入例が載っていてこれならできそう、と思ったこと。計画的に物事を進めて行き、目標が達成できるよう自己管理のために使っていきたいと思います。
[PR]
# by fit_business | 2014-11-18 12:20
体調チェック
ずいぶん更新が遅くなってしまい申し訳ありません。本庄です。

私の家族や親戚は一般的にいう元気なシニアばかりで、
頻繁に旅行や登山、ウォーキングイベントなどに参加しています。
それらの感想で、以前は「60~70代の方でも本当に元気な人ばかり!」と
刺激をもらっていたようですが、最近は途中で参加をリタイアした方の話が毎回
ちらほらと出るようになりました。

例えば登山ツアーでは、「ヒマラヤに登った」など経験も豊かで日ごろから
きちんとトレーニングもしているという方でさえ、途中から皆から遅れ始め、最終的には足が動かなくなる。
そんな場合はガイドさんの指示のもと、山小屋で待機して十分休んでから下山、などとなるようですが、聞くと、実は「直前に少し体調を崩していた」などであることが多いようです。

きっとご本人は、過去の経験と日ごろの(トレーニング)実績から自信をもって参加されたのでしょう。実際、特に運動をしていない同年代の方より、その方は何倍も体力があるはずです。しかし、体調を崩してからの回復には、やはり年齢相応に時間が必要なのかもしれません。元気なシニアほど、その部分を過信してしまうようです。

イベントを主催する側は、昨日今日の元気だけでなく、もう少しさかのぼっての
体調チェックがシニアの方には大切かもしれません。
[PR]
# by fit_business | 2014-10-09 19:37
メディアとしての変化対応
ここのところ、新メディアとして注目されるキュレーションサービスの研究をはじめて、頭が混乱しつつも、少しずつ努力の方向性が見えてきた岩井です。

キュレーションサービスとは、ウェブ上のコンテンツを特定のテーマに沿って集めることで新たな価値を生み出すサービスで、新たなメディアとしてここ数年先行メディアが急速に成長しています。これによって、これまでのメディアのビジネスモデルが大きく変化しようとしています。

メディアといえば、4大マスメディアとして、新聞、雑誌、テレビ、ラジオがあり、どれもビジネスモデルはターゲットに合わせて有益なコンテンツを発信側が提供して、その視聴者に情報を提供したい企業から広告を貰うという広告モデルがほとんどでした。

ここにITメディアが誕生したことで、情報発信の構造もビジネスモデルも大きく変わりつつあります。
まず情報発信の構造が、ある特定の人が情報をまとめて編集して発信してきたスタイルから、発信元が、コンテンツ作成者直になってきていることがあります。ライターの方々が書く記事や、一般の方が書くブログなどまで、コンテンツがそのまま広く発信されるようになり、またこれまで広告主だった企業が、自社メディアを持ち直接マーケティングする動きも出てきています。

これによって、広告モデルも2段階で変わってきています。1段階目は、成果報酬モデルが増えたこと。ITの広告は、ページビューや、実際にクリックされた数、実際に契約に至った数などで課金されるようになり、以前の4大メディアに比べて、投資対効果がシビアに判断されるようになりました。さらに、2段階目の変化として、バナー広告や記事広告も含め、ウェブ上ではユーザーの情報への目的意識がとても高いので、”広告”と思われるだけで、反応や評判が下がり、これからは広告もコンテンツとして価値が出せるビジネスモデルが必要になると言えます。

ということで、旧来からのメディアは、まず自社が持つコンテンツをまずウェブ化してコンテンツごとにマーケティングすること、さらに自社コンテンツに関わらず、広くウェブ上のコンテンツを編集して発信することで、新たな価値をつくることに迫られていると感じます。つまり既存メディアとそのビジネスモデルからの脱却が必要です。

当社も雑誌からスタートした”オールドメディア”の一員。ウェブ媒体の開発にも取り組んできましたが、さらにドラスティックな改革が必要です。フィットネス業界の総合メディアとしては、こうしたメディアの変革に対応しつつ、フィットネスの有益なコンテンツをさらに広く社会の方々に活用いただけるように体制を整えていきたいと思います。
[PR]
# by fit_business | 2014-09-01 16:52 | 今日の編集部
利益を追求するだけの経営者は失格である
皆さん、こんにちは。編集長の古屋です。

業界や社会から距離をおき、ひたすら短期的な益出しにこだわる経営者がいます。そういう経営者は、滅多にマスコミやメディアなどに登場しないこともあり、あまり知られていないかもしれません。こういう経営者を、私は尊敬することができません。

本業を通じて利益を得ようとすること自体は悪いことではありませんが、自社がお世話になっている業界や社会に対して広報活動をしたり、業界団体等に加入して業界や社会をよくする活動をしたりすることなどを通じてそれらの健全な発展に貢献していこうとすることは本来義務ではないでしょうか。なぜなら、そういう業界や社会の中で利益を得ることができているわけだから。自社だけがただひっそりと業界や社会の片隅で利益を得ていればいいという考えの経営者は、姑息であり、社会的良心が欠如していると思います。そういう経営者の考えに納得がいかないのにいつまでも従業員をしているスタッフにも問題があると感じます。業界や社会に対して紳士(フェア)であろうという精神や哲学がない経営者は、必ず後悔する時が来ると思います。

経営者は、短期的な益出しにのみこだわるのではなく、人間愛、業界愛、社会愛を持って広報活動や業界活動にも積極的に取り組んで欲しいと思います。それが共生、共創の時代に特に大切にしなければいけないルールだと思うのです。
[PR]
# by fit_business | 2014-08-27 00:05 | 今日の編集部
同い年の活躍
こんにちは。
7月からNEXT編集部に入りました、高山です。
ラグビーと野球が大好きな24歳です。

ラグビーは先週トップリーグが開幕しました!
秩父宮ラグビー場での開幕戦は、昨年の決勝カードと同じパナソニック対東芝。
私は見に行けなかったのですが、twitterで速報を追っていました。
試合は東芝が勝利!
その日一番活躍した選手に贈られる賞・MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)は、SH小川選手。
小川選手は私と同い年で、日本大ラグビー部時代からその活躍を見てきた選手なんです。

話変わって24日のプロ野球・ヤクルト対横浜戦。
私は小さいころからヤクルトファンなのですが、
この日は「和製ライアン」こと小川投手が投げてチームも勝利!
こちらの小川選手も同い年で、創価大野球部時代からその活躍を見てきた選手なんです。

しかも、両選手とも私の母校と対戦経験があり、勝手に親近感を感じて応援しています。
W小川選手、これからも頑張ってください!


同い年というだけでなんだか応援したい気持ちになり、活躍すると「私も頑張ろう!」という気持ちになります。
不思議ですが、誰にでもそういった経験はあるのではないでしょうか?
有名なところだと、「松坂世代」とか。
ちなみに私は女子フィギュアの浅田真央選手も同い年なので、
勝手に「真央ちゃん世代」と名乗って(?)います。

活躍する舞台は規模もレベルも違いますが、
たくさんのパワーを与えてくれる同い年の方々に刺激を受けながら、今日も一日頑張ります!!
[PR]
# by fit_business | 2014-08-25 10:50
心に残るサービス
NEXTの阿部です。
休日に、近所の市民プールへ行ってきました。
夏限定の野外プールで、2時間150円と格安で利用できます。
しかも、50メートルプール、25メートルプール、子供用に広い遊び場があり、かなり充実の設備!
普段はスポーツクラブのプールで泳いでいるので、野外で泳ぐのは新鮮です。
何気なく一番端のレーンを泳いでいたのですが、プール監視をしている若い男性が監視をしながらも年配の女性に泳ぎ方のコツを一言二言アドバイスされていました。
もちろん、誰かと話している間に業務が疎かになってはいけませんが、タイミングを見計らって声掛けする姿はきっとマニュアルを超えたサービスだったのでしょう。
良い設備や環境は大切ですが、このような人から人への思い遣りや気遣いが利用者にとって一番心に残るサービスになるのだと思います。
[PR]
# by fit_business | 2014-08-22 12:36
野球
こんにちは、NEXTの澤です。

暑い日が続いていますが、もう少しで9月。
今年の夏もあっという間に終わってしまいそうです。
夏らしいことが今年はあまりできなかったのですが、
先日、巨人・阪神戦を見に行ってきました。

とても蒸し暑い日だったのですが、
ドームの中は日に焼けることもなく、
蒸し暑いなんて事もなく快適。
そもそも野球場に屋根を付けようと思った人の
発想がすごいなと感心してしまいました。

その日の試合で、阿部 慎之助選手が1塁を守っていました。
私は野球をよく知らないので、こんなことがよくあるのか分かりませんが、
てっきりキャッチャーはキャッチャーしかやらないと
思っていたのでとてもびっくりしました。
一緒に行った方の話だと、一塁を守るようになって、
バッティングの調子も上がってきたとのこと。

ポジションを変えてみると、行き詰っていても
新しい何かが見えることがあるのかもしれません。
そんな気分転換は仕事にも応用できそうだなと感じた一日でした。
[PR]
# by fit_business | 2014-08-19 18:21
ありがた迷惑なサービス
みなさまこんにちは。剱持です。

先日、あるテレビ番組で「ありがた迷惑なサービス」という特集がされていました。
そこでは、「アパレル店での声かけ」「買い物後のお見送り」「タクシーでの雑談」「美容院での雑談」「コンビニで袋の小分け」「居酒屋の掛け声」「会計時、おつりを渡す際に手を添える」「タクシーで道の確認」などが上位に挙がっていました。

なかでも、「アパレル店での声かけ」「タクシーでの雑談」「美容院での雑談」はこの数年で迷惑だと感じる人が増えている項目だということです。つまり、必要以上のコミュニケーションを避けたいと思っている人が多いということです。
スポーツクラブについてはここでは挙がっていませんでしたが、私の個人的な意見をいえば、正直「そんなハイテンションで挨拶されても…」と思うことはあります。

いずれのサービスも、店員さん(または企業)はお客さまのためによかれと思って提供しているのだと思います。もちろん、雑談やコミュニケーションを喜んでいる人もいることでしょう。しかし、必ずしも喜ばれているわけではない。提供側にとっては難しいことですが、よく観察していればある程度察知できるのではないでしょうか。
「皆が喜ぶだろう」とマニュアル通りの接客をするのではなく、お客さま個々が求めていることを想像して、それぞれに合った対応をすることがベストなのだと思います。
[PR]
# by fit_business | 2014-08-05 11:15