ブログトップ
第8回フィットネスビジネス勉強会
 皆さん、こんにちは。編集長の古屋です。

 昨日は、『フィットネスビジネス』誌を発行した翌月に、本誌の記事の中で特に注目度の高い人物をお招きして定期開催しているフィットネスビジネス勉強会の日でした。いつもどおりこれから業界を引っ張っていくだろう熱い若者たちが集まり、ともに夜遅くまで語り合いました。

 特別講演の講師を務めてくださったのは、TIPNESS MARUNOUCHI STYLEの支配人、山下朋恵さんです。山下さんは、開発プロジェクトからかかわり、調査・分析、コンセプトワークから提供サービスの構想、利用システムの構築、施設設計、要員計画、集客、運営、経営にいたるすべてのプロセスに携わってきました。プロジェクトを進めるにあたり、特に、顧客は誰か?その顧客が求めるベネフィットは?ということをつめて、独自のコンセプトとキーワードを抽出。様々なマーケティング要素を、そのコンセプトとキーワードに整合するようにまとめていきました。

 対象とする顧客に合った商品・サービスを構築すること、即ち一本筋の通ったマーケティングをすることは、とても重要なことで、どんなフィットネスクラブであれ、それぞれに求められることではないかと思いました。

 皆さまのクラブの対象顧客は誰ですか?その方々ー恐らく、今クラブに在籍しているボリューム層と同じ方々ーが満足する施策をとっていますか?マーケティング要素の1つひとつがターゲット、コンセプト、ポジショニングに整合していないと、そのビジネスモデルはフルに機能しないのではないでしょうか。大切なお客様が離れていってしまうのではないでしょうか?

 美しいマーケティング軸。その大切さについて、改めて思いを深めました。
[PR]
by fit_business | 2009-12-16 11:11 | セミナー・講演会レポ