ブログトップ
マスターマネジャーへの道
今回は札幌を堪能させていただきました、岩井です。

今日は今さわやかな札幌で熱く仕事をされている、3名のベテランマネジャー(セントラルスポーツの尾芝さん、ルネサンスの黒田さん、ティップネスの常友さん)の対談に同席させていただきました。お話を聞いていて、とても感じたのが、仕事の楽しさを感じられるようになるには、自分がお客様のほうを向いて仕事ができるようになるときなんだ、ということ。マネジャーというポジションは、本社や上司やオーナーさんなどなどの意向も汲まなければならない立場であり、もちろん店舗の利益を維持向上するという任務も担っていますが、それが先に立ってしまうときつく感じられてしまうんだなと感じました。尾芝さんも黒田さんも常友さんも、とても生き生きと、スタッフの方々と一緒にお客様と真正面を向いて仕事をされている姿がとても印象的でした。

今日お話を聞きながら、以前自分もスタッフとして現場に立っていた時のことを思い出し、胸が熱くなりました。今は編集という仕事に就いていますが、改めてこの仕事の素晴らしさや、この仕事に携わる方の素敵さを伝えたいと感じました。とてもいい座談会でした。9月号の本誌をどうぞお楽しみに。

↓座談会の後、黒田さんとっておきのお店「魚源」さんへ。編集部スタッフ一同、超感激。(今回は取材を兼ね、当社初の社員旅行デス)
【魚源】札幌市豊平区平岸2条12-4-3 Tel.011-841-4283
c0052138_175857.gif

c0052138_1754158.gif

↓二次会は黒田さん宅にて。スタッフの小池さんも加わってさらに熱いトークが繰り広げられました。
c0052138_1752280.gif

[PR]
by fit_business | 2006-08-03 00:40 | 今日の編集部