ブログトップ
朝の起き方
中島です。

私は、朝起きるのが苦手です。この寒い時期は特に、休みなどついお昼まで布団の中でごろごろしてしまいますが、それだと普通に起きている人と比べて、午前中の4,5時間を無駄に過ごしていることになります。また、やはり寝すぎると頭がぼーっとするし、何より一日が短いのでもったいない感じがします。それなら早く起きたほうがいいですね。

しかし、どうしたら起きられるものか。目覚ましが鳴っても止めてしまうし、目覚ましを遠くに置いても、音を止めたらまた布団に戻ってしまいます。電気やテレビを点けても、そのまま寝てしまいます。西郷隆盛は布団を蹴飛ばしその勢いで起きたといいますが、私は朝からそんなにテンションを上げられません。そうして自分に合った方法を模索した結果、最近は敷布団を少なくして固めにしています。そうすると寝心地が良くないので、いつまでも寝ていようという気持ちにあまりなりません。ただ、私は床でも寝られるのでこの方法が適していますが、それでは疲れがとれないという人もいるし、やはり起き方は人それぞれ合ったものを考えるべきなのだなと思いました。

 そうやって朝早く起きると、やはり一日が充実している気がします。もうすぐ春なので、これからはもうちょっと楽に早起きできるかなぁと思います。
[PR]
by fit_business | 2008-02-18 08:52 | 今日の編集部