ブログトップ
朝起きて、まだ今日(24日)の生活が始まっていないにも関わらず、明日(給料日)が待ち遠しくてたまらない菅沼です。
先週末にテレビで、太宰治の「人間失格」のイラストを人気漫画家が描いたため、 売り上げがのびているという話題を耳にしたとき、最近読んだ本と言えば実用書や参考書のようなものばかりで、久しぶりに太宰治や芥川龍之介のような文学書を読むのもいいかもと思い、小学生のとき以来の「走れメロス」を読むことに。
内容が難しい訳でも長い訳でもないので、ゆっくりと読んでも20分もかからずに読み終わる。

しかし、ひさしぶりに読んだ本に何か新しい発見をみつけられたり、懐かしい気持ちになれたり。やっぱり本はいつ読んでもすばらしいです。
[PR]
by fit_business | 2008-04-24 08:59 | ショップ日記