ブログトップ
2008年 04月 15日 ( 1 )
風呂まわりの充実
 こんにちは。編集長の古屋です。

 先日、横浜・元町中華街にあるヘルスウェル株式会社に行きました。ここは、「スパラーザ」を開発・販売している会社です。既にご存知の方も多いかと思いますが、スパラーザとは、温泉水と海洋深層水をナノスチーム化した低温サウナです。低温ですが、温泉効果で、すぐに発汗します。これを同社のショールームで初体験しました。社長の保(たもつ)さんに製品の特徴やこれを活用したマーケティングなどについて詳しくお聞きしました。温泉の素材を変えたり、アロマを使うことによって、毎日全国のいろいろな温泉を楽しむことができます。これは、いいですよ。設置も簡単にできますし、そんなに価格も高くありません。既存の乾式サウナに組み込むことも可能ですし、男性用には温度を少し高めることもできます。前田鉄工所の炭酸風呂用のボイラーもそうですが、それほど高い価格でなくて、お客さまが魅力を感じ、満足する風呂まわりのアイテムというのは、これからもマグネットととしてますます求められていくのではないでしょうか。『フィットネスビジネス』の第33号の中でも書きましたが、インターネットの調査で女性に訊いた「フィットネスクラブを選ぶ時に重視したいサービスランキング」では第一位が「お風呂の充実」でした。先のヘルスウェルさんのショールームでは、シャワーに軟水を使うことまでしていました。新規店の開発や既存店のリノベーションをお考えの方は、風呂まわりの充実についてもう一度よく検討されることをお勧めします。
[PR]
by fit_business | 2008-04-15 10:35 | 取材日記