ブログトップ
2013年 02月 04日 ( 2 )
戦略と戦術の整合
 こんにちは。編集長の古屋です。先週は、久しぶりに九州に出張し、オープンしたばかりの「ルーマ・チャンティー」(福岡・博多)という、経営者にターゲットしたマイクロジムを訪問しました。パーソナルトレーニング(ジム・スタジオ)とアジアンスパを中心にした50坪弱ほどの施設ですが、瀟洒な空間で居心地がとてもよく、指導力、施術力、ホスピタリティのあるスタッフががんばっているため、きっと徐々にお客さまを増やしていくのではないかと確信しました。
 このジムを訪問したのち、陸路、別府へ向かい、全室オーシャンビューのホテルに泊まりました。このホテルは、知る人ぞ知るホテルで、「うみね」といいます。同ホテルも前出の「ルーマ・チャンティー」の関係会社が経営していて、コンセプトが似ています。瀟洒で、一部屋がゆったりと広く、各部屋に源泉掛け流しの温泉が備え付けられています。ホテルなどの情報をまとめたポータルサイトなどでも常に上位にランクされ、実際にいつも予約がいっぱいの人気ホテルです。実はこのホテル、現在の経営会社が買収して改装する前は、業績が右肩下がりだったようです。ところが、絶好のロケーションを評価した現在の経営会社が、2部屋を1部屋にし、アメニティを充実させ、さらに飲食などもオリジナリティを出すように工夫するなどして、少人数で訪れてリラックスしてすごせるラグジュアリーなホテルにリノベーションすることによって、業績を急回復させました。
 ここには、持てるソフトな資源を最大限に活かし、ターゲット・コンセプト・ポジションを明確にして、その他のホテルと明確に差別化する戦略があります。そして、素晴らしいスタッフによるホスピタリティもあります。つまり、戦略と整合する戦術があるのです。戦略と戦術の一気通貫の整合性は見事です。
 翻ってフィットネスクラブを見ると、セルフ業態に近いクラブにポジションしているのに利便性を追求しきれてなかったり過度な(無駄な)サービスをしていたり、ブティック業態に近いクラブなのにディスカウント(安売り)ばかりしていたり指導力が不足していたりと、チグハグが目につきます。
 類似するサービス業から柔軟に学ぶ必要性がまだまだありそうです。今度の週末には、自クラブと同じポジションをとる異業種の施設へ顧客として体験に行ってみてはいかがでしょうか?
[PR]
by fit_business | 2013-02-04 09:54 | 取材日記
体調の維持
 NEXT編集部の桑田です。先日、久しぶりに少し体調をくずしてしまいました。やはり日頃の運動によって身体の機能を健やかに保ち、強化することが本当に大切だなと実感しました。病気にかかっても、少しでも早く回復できるような身体でありたいと思います。フィットネスなどで日頃運動をされている方は、身体が悪くなった時も、運動をしない方よりも自然と早く回復しているのでしょう。それだけでもとても良いことだと思います。

 さて、1/25発行のNEXT71号には、トレーナーとインストラクターに向けたインタビュー記事が掲載されています。トレーナーに向けては、「手がつけられていないマーケットに注目」「フレームワークを持つ」、最新テクノロジーによるパフォーマンス分析でトレーニングを変える、ビジョンを持ったマイクロジム経営……等の記事を掲載しています。インストラクターに向けては、フィットネスクラブの外に軸足を置いた仕事の設計、仲間とプロジェクトを共有すること等によって活動の幅と可能性を広げる……といった内容です。また、2013年注目の新商品・新サービスも紹介しています。これからの活動のお役に立つことがあれば幸いです。
[PR]
by fit_business | 2013-02-04 08:55 | 今日の編集部